めぐりあいクロニクル

2016-07-16

2016年上半期ニコマス20選

基本レギュレーション
・対象は2016年下半期(1月1日〜6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログもしくはマイリストにて公開
・1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)

その他細かいことはコチラを参照して下さい。

気づけばプラチナスターズ発売までもうあとわずか。
そして20選の締切まではさらにすぐそこ…。
というわけで、サクッといきましょうか、はい。

【第16回MMD杯本選】ハルカ三世OP2015(毒島真琴/ワルサーP(38) さん)


リピート回数は今期一番かもしれないハイクオリティOP再現。
ハルカ三世シリーズは毎回楽しませてもらってたので、ようやく選出できた…というかむしろ今まで選んで無かったのか感もありますね。
このシリーズは春香さんにとって、守るべきヒロインポジションが千早で、
一緒にバカやる戦友ポジションが真と雪歩ってのが、
弓削Pの青雲シリーズとかで大好きだった人間関係模様にしっくりハマる感じがあって気に入ってます。
f:id:kurumizaka:20160714140446j:image:w360
特にルパン春香と次元真の悪友感は絶妙に画になってて楽しい。

【LTH合作告知】真壁瑞希、しりをとる【2/27開催】(シラスP)


f:id:kurumizaka:20160714141804j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714140948j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714140539j:image:w360
ミリオンのカード名及びイラストを、
捻った弄り方で楽しませてきたかと思えば、
気の抜けたダジャレで笑わせてきたり、
油断したところに不意打ちで気合の入った真っ当に可愛い絵投げてきたり、
変幻自在でツッコミが追いつかない怒涛の一コマ漫画集。
ネタの数がホントものすごいので、とても4分ちょいの動画とは思えない圧倒的充実感がありますね。
カラーでちょっと目立つ仕様のユニット名イラストがちゃんとCDの発売順(レジェンドデイズ〜洗い部)になってるとことか、LTH合作宣伝としての要素もきちんと含んでて良い。
あらゆるイラスト世界に乱入していく真壁瑞樹さんの無表情ボケもいい味出してました。

【合作】智絵里 『Interstellar Flight』 PV(あとりえP mknP ぺけ丸P)


f:id:kurumizaka:20160714142549j:image:w360
こういう最初の、大きな一歩を踏み出すお話…みたいなの好きなんですが、
今この手の話が効果的に機能するのは、まだ初々しさの残る新世代アイドルならではの特権だなあと。
f:id:kurumizaka:20160714142507j:image:w360
それを導く先達アイドルとしての春香たちとの絡め方もなかなかドラマチック。
合作メンバーの中でも、特にあとりえPなんかはシンデレラG4U登場時から765とデレを組み合わせた動画を模索していただけあって、流石にいろんなアイデア詰まってて面白いですね。
f:id:kurumizaka:20160714142805j:image:w360
デレステだけじゃなく、なかなかお目にかかれないG4Uを有効活用してくれてるのはポイント高い。

関裕美、夢の続き(しんこんP)


f:id:kurumizaka:20160714143816j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714143756j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714143841j:image:w360
一人のアイドルの始まり、苦難、ステージデビュー、そして成功と一連の過程を描く王道PVとして元々非常によく出来た動画なんですが、
そこに、シンデレラガールズ総選挙応援動画」的な意味合いを持たせたことで、よりドラマ性を感じられる魅力的な動画になったなあと。
個人的な意見として、シンデレラガールズというコンテンツは、公式作品内で繰り広げられるどんな創作ストーリーよりも、
誰がどんな経緯で人気を集めて、損選挙〇位になって、ボイスがついて、CDが発売されて……みたいな、作中外のメタ的なノンフィクションドラマが魅力的だと思っていますからね。
一方で、投票のシステム上運営の「この子を推したい」意図が露骨に見えて、それが結果にも反映されちゃう辺りがやや残念なポイントでもあるんですが、
この動画は、そういった動きとはまだ無縁の関裕美ちゃんが主役だった分、
彼女が小さな栄光を掴みとろうとする物語に、素直に感じ入ることが出来たように思います。
何より、実際に総選挙で関ちゃんが大躍進するという結果をもってして、この動画もより強いドラマ性を帯びて傑作度高まったんじゃないかなあと。
もちろん、この動画自体がその結果に寄与した部分も少なからずあるんでしょうけど…w

君よ不幸せであれ -白菊ほたる-(卍P)


もう一本、衝撃的だったデレステのストーリーものPV
f:id:kurumizaka:20160714143433j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714143309j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714143453j:image:w360
こっちは対照的にオリジナルの脚本で、しかも邪道な感じですね。
絶妙な選曲とか、それに合わせた演出とかもお見事ですけど、
何よりこういう視点で作ろうと閃いた着眼点と、それによってアイドルの新しい可能性を見せてくれたことが素晴らしいなと。

私にとって765ASのアイドルたちが唯一無二の絶対的なキャラクターである最大の原因が、
全盛期のニコマスであらゆる角度から掘り下げられる彼女たちの無数のドラマを見て、それらの積み上げで自分の中のキャラクター像を作り上げてきたからなんですよね。
だから、こういう新しい視点での物語が見られる度に、新しいアイドル達もどんどん魅力的なキャラへと昇華されていくと思うのです。
とはいえ実際はキャラクターの数の多さとか、公式コンテンツが既に充実しすぎてることとかもあってなかなか難しいだろうけど、
だからこそ、こういう動画のありがたみが余計に胸に染みるというものです。

でしてデシテでしテデしてデシてでシテでしてー(アルトP)


f:id:kurumizaka:20160716003557p:image:w360
あんまりこの子のネタに詳しくなかったもので、
サムネ見かけたときに「あれ、この子もう声ついてたんだったっけ」と思いながら開いたら、
BGMだけが流れる動画とコメントの内容で全てを察して笑いました。こういうノリ好き。
めでたく実際に声がついたことで、遠慮なく愉快な笑い話として語れるようになって何よりです。

アニデレステ動画(とくにないですさん)


ニコマスでは始めて見かける作者さんでしたが、別のジャンルでかなり数字持ってる人らしく納得のクオリティでした、テンポよくメリハリ効いてて快適に見れますね。
f:id:kurumizaka:20160714144020j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714144136j:image:w360
ブチギレ小日向さんと執拗な横ステップ弄りがお気に入りです。
デレアニの終盤ストーリーはこのくらいカジュアルにネタにされるのが良い感じに思えてくる。

【手書き】シンデレラぷちシアター part2【デレマス】(ねこ号さん)


今期スタートの大ブレイクシリーズ。
台風の中未央がピザ配達に来るくだりが好きなので、あえて1話ではなくこちらをセレクト。
f:id:kurumizaka:20160715163616j:image:w360
このシリーズはとにかく、卯月の"課金させたいキャラ"がメガヒットだったなあと。作品の面白さの大半をこのキャラ付けが占めていると言っても過言じゃないくらい。
ノベマス春香さんの芸人体質が滲み出る腹黒キャラとはまた違う、
卯月ならではの素材の良さが上手く活きてるんじゃないかなーと。敬語とか満点笑顔とか。
f:id:kurumizaka:20160715163724j:image:w360
良識がありつつ、愛ゆえになんだかんだ卯月に甘いという凛のキャラも、相方として上手く卯月の良さを引き立ててるような。

「Q×Q」 運命の出会いを信じてる?(シーバスP)


デレステMADアイドルたちに初々しさや新鮮さといった武器があるなら、
765ASのアイドルたちには、重ねてきた歴史による思い出ボムという武器があるわけです。
f:id:kurumizaka:20160714142102j:image:w360
プラチナスターズというまた新しい世界線が発表された状況だからこそ、よりこういうのが沁みてくる。
シーバスPの芸風は時が経てば経つほどどんどんその強みを増していきますね。その分作るのもより大変になりそうだけど…w
あとはやっぱりこの曲は反則的だなあと。
過去の名作がフラッシュバックするってのもそうだけど、歌詞とアイマスとのリンクが絶妙すぎてねえ。

アイドルマスターPixiv投稿数ランキング【五十音別】(びるどさん)


f:id:kurumizaka:20160522213827j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160522214447j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160522214502j:image:w360
ドラマ性溢れる並びでランキングフェチの心を揺さぶった良企画。
↓のエントリーを読んで共感を覚えてくれた人は私と握手を交わしましょう! たぶん大抵は「何言ってんだこいつ…」ってなると思うけど。

この動画について言及したエントリー
美しい並びのランキング、という一つの芸術品


【手描き漫画】【アイマス×ポケモン】目指せ!ポケモンM@STER【後編】(そーろーP)


f:id:kurumizaka:20160621222012j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160621222018j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160621225232j:image:w360
再生数的にもう配慮することもないかなーと思うので、堂々とスクショでネタバレ。むしろこれで765ASだけだと興味ないって層が釣れるかもしれませんし…w
我らが春香さんを主人公に、アニポケ一話を踏襲した物語でポケモン世代直撃だった前編の時点で20選確定な感じでしたが、
やっぱり後編の次世代主人公展開が待望すぎてテンション上がりまくったので、こっちをチョイス。
こういう765ASとミリオンの熱い二世代物語をもっとたくさん見たいですね。

この動画について言及したエントリー
特別なドラマ性がのっかるアイマス×ポケモンの二世代物語


サクセス アイドルプロデュース編【第八次ウソm@s】(むらたんP)


ウソm@s動画はどっちかというと、単品で盛り上がるところまで見せてくれるダイジェスト形式の方が好みなんですが、
まさにその理想通り、お手本のような作りの一品。
f:id:kurumizaka:20160714144924j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714145026j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160714145214j:image:w360
ミリオンアイドルの個性を活かしつつ、
パワプロサクセスの"らしさ"溢れるイベントの数々で楽しませて、最後は感動のエンディング。
ボリューム配分のバランスが実にいい感じで、25分でちょうど一つの物語を見終えたような充実感がありました。

パワプロ2013】アイドル240人のペナントレースアイドルマスター】(胡桃坂)


f:id:kurumizaka:20160716213053j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160716213238j:image:w360
f:id:kurumizaka:20160716213203j:image:w360
自選ですね、はい。
この何番煎じやねん…みたいな題材でこんだけ伸びるとは思わなかったし、シリーズ続けることになるとは完全に嬉しい誤算でした。
自分の趣味をぶちこみまくった動画なのでもちろん自分にとってはめちゃくちゃ楽しい動画だし、
それを周りにも楽しんでもらえるってのは凄く嬉しいことですね。
プラチナスターズ発売までになんとか三話間に合わせられるように頑張ります…。

この動画について言及したエントリー
「アイドル240人のペナントレース」制作あとがき
「アイドル240人のペナントレース」設定メモ書き

以上が今期の20…もとい13選になります。マイリスはこちら↓

今期はデレミリの動画の比率が高くなって、一方で765ASの動画はかつてないほど少なくなりました。
世代アイドルの魅力を広げてくれる動画が増えてきたことを喜ぶ一方で、ちょっと寂しい気持ちもありますね。
これまで続けてきた20選まとめ動画における765アイドルの登場数チェック企画を15下半期でやめちゃったのも、
彼女たちメインの動画が少なくなって企画が成立しなさそうになってきたからですし。(15上で春香の首位陥落が見れて満足したってのもあるけど)
まあ2モデルで6年も戦い続けてきたからこそだし、そこは下半期のプラチナスターズ効果に期待ってとこですね。
でもPSは2でいう竜宮とかフェスとかみたいなドラマ的な刺激は薄そうなので、
ストーリーもの好きとしては、どっちかというとそーろーPの動画みたいなミリオンアイドルとの交わりによって生まれるドラマの方に期待感寄せてたり…。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kurumizaka/20160716/1468674147