Hatena::ブログ(Diary)

はてこはだいたい家にいる

2010-04-17

SFで考える「ポルノで強姦を楽しむ」ということ

「結局被害者はいるのか、いないのか、ハッキリしろ。シュレーディンガーの猫かよ!」と混乱してきたみなさん、こんにちは。小娘からババアへ、大人の階段を登るシンデレラはてこです。少女だったといつの日か、思うときがくるのさ。

今日はみなさんの優れた解答力ではてこにタイトルを教えてほしいSF小説がありますので、どうぞよろしくお願いします。

 

物語は近未来。核戦争だか環境破壊だかで人間は地上に住めなくなり、長い間地下生活を送っています。食べ物や飲み物はなんとアンドロイドの排泄物。地上に住む人間そっくりの有機アンドロイドたちが人間用に食べ物を消化し、それに特殊な光線を当てるとあら不思議。光線は人の視覚嗅覚に錯覚を起こさせ、アンドロイドのゲロは牛乳に見えたり、アンドロイドの下から出たカレーインドカレーに見えたりする仕組みです。

 

このライトは万能で、服に当てれば服のデザインも手触りもすっかり変わります。お金持ちはこのライトのチャンネルを豊富に持っているので、数分の間にめまぐるしくファッションショーをすることも可能。子どもたちの授業を受け持つ教師はこのライトで厳格な顔を保っています。

 

人間とアンドロイドたちの間に一つの神話があります。空から船が降りてくる。そして地上は一変する。人間の間には幻視によって記憶にない銃の作り方を解き明かしてしまう中年男や、夢で未来を見る少年が現れます。彼らが見る過去と未来の正体は何なのか。そしてアンドロイドと人は地球でいかにして共存するのか。作者はたしか神林長平です。

 

さて、今日のお話はここから。

アンドロイドたちは特に差別している自覚はないのですが、ごくふつうに地下で暮らす人間を見下しています。だってあの人たち、地上に出てこられないんでしょ? あたしたちの排泄物で暮らしているのよね、やだーキモーイという感じ。

  

そんなアンドロイドに超ムカつく人間の若者たちは、ちょいちょい地上に出かけて、平和に暮らすアンドロイドを拉致ってレイプして壊しています。つまり殺しているわけですね。

 

ところが相手はアンドロイド、そして話はサイエンス・フィクション。この拉致ってレイプのやり方も手が込んでいます。

まず疑うことを知らないいたいけなアンドロイドの少女を口車にのせて拉致る。そして少女の意識を、シャッターだかなんだかいう名前の特殊な機械で乗っとる。乗っとる側の人間は少女に意識を飛ばしている間、放心状態になります。

 

少女の意識は人間と入れ替わり、乗り移った人間は思うさま少女の体でレイプされることを味わいます。どんなに傷つけられても自分の体は無傷ですから、文字通り死ぬまでマゾヒズムを味わい、同時にサディズムも満たすことが出来ると言う一石二鳥。加えて放心状態になっている人間の体を使って、手があいている仲間は人形相手にするようにセックスすることも出来るので一石三鳥。たいへんお得な仕様です。

 

強姦し、切り刻み、再起不能になったら意識を元に戻します。少女の意識は二度と戻りません。思うさまレイプと殺人を楽しんだ人間と、好きなだけレイプされた人間は、次の獲物を探します。アンドロイドを殺すのはもちろん違法。しかし若者たちは「アンドロイドは人間ではない。殺人ではないので問題ない」と考えています。ムカつくアンドロイドめ、ざまあみろ。ああ、すてきなレイプだった。思い出すだけで、あたしグッときちゃう。

 

この場合、被害者は存在するでしょうか? だとすれば誰が被害者だと思いますか?

このレイピストたちを人間に対する暴力の罪で裁くことはできません。しかし、このアンドロイドの少女は、間違いなく被害者です。少女を乗っとった女は被害者ではなく、少女を犯した男たちと違う立場でレイプに加担しています。

 

少女を襲った人間たちは物を壊したかったのではありません。自分たちを見下す階級に復讐するため、人間そっくりの生身の体をもつ少女を、人間にとって恐ろしくて屈辱的な方法で残忍に苦しめることを楽しんだのです。まるでポルノというフィクションを通して人を強姦し、暴力を振るうことを楽しむように。 

少女の体を乗っとった女は、少女にとっての悲劇を、個人的な“レイプ体験”という悦楽として楽しんでいます。現実の犯罪を反映したポルノを通して、強姦を楽しむように。

  

現実の犯罪を反映したポルノの背後には、現実の被害者が存在しています。

彼らは犯された日の悪夢を抱えながら、あなたと同じように書店やビデオショップへ行き、インターネットを使い、あなたと同じように「レイプを楽しむ」という言葉を、どこかで目にしているのです。

 

だからね。

「妄想は頭の中で」「トイレのドアは閉めて」って、はてちゃんは思うんだよ。

 

ええっと、次は「肩車と愛の営みの話」をするつもり。

 

ググる  真鍮の鳥籠

eyhfeyhf 2010/04/18 16:48 被害者は存在しない、これはSF小説
するなら、コナン作者は大量殺人者よ
「レイプを楽しむ」という言葉はふつう目にしない、エロサイトでもみるの?。
現実の犯罪を反映したポルノなんて、ある?

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/18 22:24 >eyhf
 
>現実の犯罪を反映したポルノ
まるきり反映しないポルノを作るのはそうとう難しいと思うわよ。
「ペケガネをモズコロしてガマベグする」
みたいな。斬新だけど。

salubrisalubri 2010/04/19 02:37 はてこさん、こんばんは。

>現実の犯罪を反映したポルノの背後には、現実の被害者が存在

私はこういうことなんじゃないかって思いました。つまり、

強姦ネタのポルノは、現実の犯罪を反映しています。
現実で被害を受けた人たちの体験や、それを物語ったものから、「使える」ところを拾っているからです。
強姦ネタのポルノは、現実の犯罪を反映していません。
現実の犯罪被害から「使えない」ところを落とし、興奮するため都合のいい妄想を混ぜ込むからです。「官能的に装飾」も、それに含まれると思います。

被害を受けた人・支援したい人、真剣に知りたい人向けの本にも、現実を元にした被害体験例が載っています。あれで興奮できる人もいると思いますが、「116人の〜」よりずっと少ないでしょうね。

宣伝のようで申し訳ありませんが、「妄想は頭の中で」が実現してなくてきつかった話を以前書きました。
http://d.hatena.ne.jp/salubri/20100328/1269770918
ご覧いただけたら嬉しいです。

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/19 07:31 >salubriさん
おはようございます!
 
AVの強姦モノはキツいから見ない、見るけど現実の強姦動画はキツいから見ない、見るけど自分で強姦はしない、という人がいますね。火をよく通して味も濃いめが好きな人、生が好きな人と、強姦好きもいろいろです。ビーフエキス程度でいい人もいるよね。
 
今回と、先日トラックバックしていただいたsalubriさんのエントリー、とても興味深く読ませていただきました。
もっと大勢の人に読まれるといいなと思っています。
 
じゃあね!

heribe-maruoheribe-maruo 2010/04/19 17:40 日本SFは食わず嫌いでしたが、読んでみようと思います。
作者はともかく、コナンは大量の殺人を引き起こしてますね。
彼が登場すると、必ず事件が……。
「ペケガネをモズコロしてガマベグする」はハナモゲラ語?

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/19 19:00 heribe-maruoさん
どう考えてもあのちびっ子探偵たちの精神は尋常じゃない…。

えとさえとさ 2010/04/20 09:06 現実の犯罪を反映したという根拠はどこにあるんですか
あなたみたいな人が居るからドラマも一々フィクションですって断りを入れてるんでしょ
文句があるなら作った会社に言えばいい
まあスルーされると思うけど

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/20 10:50 >えとささん
あなたがどんな暴言を吐かれても「フィクションです」って言われればすべて許せるとしたら、それはたいした心の広さだと思うわ。

q-gaidenq-gaiden 2010/04/20 12:06 正直「自分のようなものがコメントしていいものだろうか?」と思いますが、承認するまで非公開との事で、せっかくなので書き込ませて頂きます(←チキン)。

個人のブログがこのような事態になってしまう事に、甚だ遺憾の意を表します。何故彼らは討論掲示板に行くなり、ブログで自分の意見を表明するなりしないのか?ここまでおかしな人達を見ると、そりゃおかしな条例で締め付けなきゃいかんかもなー、という気がしてきます。

自分はロリコンなのですが、正直児童ポルノは絶滅してもいいと思ってるので、非実在ナンチャラは「表現の自由以前に、こんな条例が通ったら色々大変だろ!?ていうかこんなお粗末な内容の案件を都議会に提出しちゃう人が知事やってる時点で危険だろ!?」的な切り口を心がけているのですが。
なんか反対派も騒ぎすぎて論点がずれてきている感が。
お前らは何がしたいんだと。
規制推進派の議員さん達と同じレベルの極論持ち出したり、賛成派の人間を説得しようという姿勢が微塵も見えなかったり。

その辺から自省を促していかないとダメなのか、そんな事してたら6月の採決過ぎちゃうんじゃないか、と。

真面目に考えてる反対派は多いのに、こう、台無しになっちゃうならもう諦めちゃおうかなと。
ちょっと思います。

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/20 22:23 >q-gaidenさん
これでロリコンのイメージが暴落すると、平和を愛して静かに暮らすロリコンのみなさんがほんとうに迷惑するだろう、と常々思います。
騒いでいる人の中にも、子どもに手をだす人の中にも、真性の小児性愛者はかなり少ないだろうと思うんだよね。
 
宿命から逃れようのないロリコンのみなさんは、スカトロさんたちみたいにひっそり暮らしているんじゃないかな。

makimaki 2010/04/21 13:10 微妙だなぁ。
アンドロイドの少女は、意識を乗っ取られた時点でそれ以降の苦痛を味合わない。
それを抱えて生きていくわけでもなく、そのまま目覚めない。
自分が何をされたのか、それさえも知らずに済んでいる。
拉致して殺すという行為は悪だが、意識を乗っ取られた時点でアンドロイドの少女は死んでいる。
問題点がぼやけている。

この場合の例示としては、アンドロイドの少女も同時に意識体として存在し、襲われる恐怖を感じているほうが良いだろう。
その上で、別の意識が感じている悦楽も共有させられることによる屈辱も味わっている。
かつ、「それらアンドロイド少女の抱いた感情」をこそ楽しむ人間達を描写すれば、ポルノ表現を楽しむ人間を仮託するのにちょうどいい人間像になる。

ただし、多くの人が言っているのは、そのアンドロイド少女は創作上の都合で用意されたセクサロイドなのだよ、ってことなんだけれどね。
事実、実在の人間が関わらないポルノ作品というのは、だからこその創作物。
この場合問われるべきは、都合の良いセクサロイドが登場する創作物の是非だと思う。
セクサロイドに、想像で「自立した擬似人格」を与えて被害を問うのは、それこそファンタジーじゃないかと思うのだけれど。

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/21 22:26 >makiさん
あなたは苦しくなければ意志に反して殺されても構わないの?
でも、あなたがもっとぴったりな例をご自分のブログや増田で書くことができたらきっと素敵だわ。

malarkmalark 2010/04/22 23:21 私はmakiさんじゃないですが、殺されても構いませんよ。「じわじわとなぶり殺し」は勘弁ですが、短時間なら苦しくても構いません。
 ということで「死はちょっと特別」という人も(少なくとも私が)いるので、レイプの話にはレイプで返されるのがよろしいかと思います。

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/23 00:06 >malarkさん
図書館で借りてきて御覧なさい。

eyhfeyhf 2010/04/24 15:23 意志に反して、もなにもアンドロイドは意志がない

kutabirehatekokutabirehateko 2010/04/24 18:01 >eyhfさん
来てはダメよと言ったのにやって来るあなたを、大目にみるのはいけないことね。でもあなたのコメントはどれも短くて簡潔で、そこはとても高く評価せざるを得ないのよね。自分語りを我慢できない人が横行する中で、いまどき珍しいわ。
 
あなたにとって図書館はとてもハードルが高いかもしれないのが残念だわ。原作の145頁で登場人物が何をしているか、確認できたらねえ。