Hatena::ブログ(Diary)

kutusitadaijiの日記

2011-03-09

トンキョンkarasuと日本レコード大賞

トンキョンkarasu 大好きなカラスの画像です。17
トンキョンkarasu









トンキョンkarasu 「日本レコード大賞

対象年度に発売されたすべての邦楽シングルCDの中で「作曲、編曲、作詩を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な『作品』」、「優れた歌唱によって活かされた『作品』」、「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映・代表したと認められた『作品』」、以上3点に該当する『1作品』に贈る。審査対象は、「優秀作品賞」に選ばれた作品とする。

「最優秀歌唱賞」

対象年度内の作品を最も的確に表現し、さらに高めた『歌手』に贈る。審査対象は「金賞」に選ばれた作品の歌手としていたが、第50回(2008年)からは11月下旬から12月上旬にかけて行われる選考委員会で決定されることになった。

「優秀作品賞」

大衆の強い支持を得て作品としても芸術性・独創性に優れ、その年度を反映したと認められた『作品』に贈る。「金賞」や「ゴールド・ディスク賞」という名称が使われていた時期もあったが、第50回(2008年)からは「優秀作品賞」に変更された。

「最優秀新人賞

新人賞」の中から最も優秀と認められた『歌手』に贈る。

新人賞

対象年度内に於いてデビュー(初めて芸能活動として歌う)し大衆に支持され、将来性を認められた『歌手』に贈る。

2011-03-08

トンキョンkarasuとパリ

トンキョンkarasuの画像です13
トンキョンkarasu









トンキョンkarasu パリ(Paris巴里)は、フランス首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。

パリ市内の人口は約219万人。都市圏人口は約1184万人であり、世界屈指のメガシティである[1]。

2010年、アメリカ外交専門誌フォーリンポリシーにより、ニューヨークロンドン東京に次ぐ世界第4位のグローバル都市に選ばれている[2]。

2011-03-06

織田軍主力

こうして足利義昭を第15代将軍として擁立した信長は、和泉一国の恩賞だけを賜り尾張へ帰国(この時、信長は義昭から管領斯波家家督継承もしくは管領代・副将軍の地位等を勧められたが、桐紋と斯波家並の礼遇だけを賜り遠慮したとされる)。

永禄12年(1569年)1月、信長率いる織田軍主力が美濃国に帰還した隙を突いて、三好三人衆斎藤龍興ら浪人衆が共謀し、足利義昭御所である六条本圀寺を攻撃した(六条合戦)。しかし、信長豪雪の中をわずか2日で援軍に駆けつけるという機動力を見せたといわれている[16]。

もっとも、浅井長政池田勝正の援軍と明智光秀の奮戦により、三好・斎藤軍は信長の到着を待たず敗退していた。

1月10日には三好軍と共同して決起した高槻城の入江春景を攻めた。春景は降伏したが、信長は再度の離反を許さず、処刑し、和田惟政高槻に入城させ、摂津国を守護池田勝正を筆頭とし伊丹氏と惟政の3人に統治させた(摂津三守護)。同日、信長は堺に2万貫の矢銭と服属を要求する。これに対して堺の会合衆は三好三人衆を頼りに抵抗するが、三人衆が織田軍に敗退すると支払いを余儀なくされた。

2011-03-01

トンキョンkarasuと京都タワー

トンキョンkarasuは必ず生き返る14
トンキョンkarasu









トンキョンkarasu アジア諸国をみると、韓国第二次世界大戦後に福音派のリバイバル運動でキリスト教徒の数が急増し、仏教徒25%に対して、プロテスタント20%・カトリック7.4%となっている[5]。フィリピンは、カトリック83%、それ以外のキリスト教10%、イスラム教5%となっている[6]。その一方で、ベトナム仏教徒が80%[7]であり、中国は公式統計は不詳だが無宗教が多数派とみられ、それ以外では歴史的にも道教仏教が主であってキリスト教の信徒数は極めて少ないと推定される。また、中央アジアでは正教会西アジアでは東方諸教会の信徒が少ない割合で存在している。韓国フィリピン東ティモールを除けばアジア諸国では、仏教道教ヒンドゥー教イスラム教のいずれかの信徒が多数派を構成していて、キリスト教の信徒は少数派である。

2011-02-28

トンキョンkarasuと洋楽

トンキョンkarasu 早くでてきてほしいです15
トンキョンkarasu









トンキョンkarasu 一方、中期に差し掛かる辺りから「イエスタデイ」、「エリナー・リグビー」、「シーズ・リーヴィング・ホーム」でのストリングス、「フォー・ノー・ワン」でのホルンなどといったクラシック音楽で用いられてきた楽器を演奏する曲がリリースされた。また、ジョン作の「ノルウェーの森」で初めてジョージがシタールを導入したことにはじまり、「ラヴ・ユー・トゥ」、「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」、「ジ・インナー・ライト」などの主としてジョージ作の曲で際立っていたインド音楽に使われる楽器の演奏を、サウンドに融合する形で組み込んだ(ジョージについては直接インド音楽を導入した作品が目立ったが、それらは、後にサイケ色が強まる形で、「ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン」などといった、ラーガ・ロックへと、レノンマッカートニーの手で昇華されていくこととなる。