kuwachannの日記 - 食道癌治療・回復の記録

2010-07-20 逆流、誤嚥

[][][][] 21:18

食道摘出から数えてもそろそろ4年。摘出に付随する症状は全て体験したと思っていたのだが、2日前の明け方に、胃液の逆流、誤嚥の体験をしてしまった。先日ゆうさんのブログに「私は誤嚥はないです」と書き込みをしたばかりだったのに。


酸度の高い胃酸が喉元に広がって来たかとおもったら気管に入った。形容できない苦しさだ。その後は当然の体の生理として酷い咳がつづき、空気が混じって泡状になった胃酸が出て来る。胃酸が出てしまわないと誤嚥性の肺炎になってしまうから体の防衛機能が頑張っているのだ。咳が収まっても胸のあたりにはまだ酸が停滞していて気持ちが悪い。しばらくはカウチで休んだ後ベッドに入り直した。


翌日は1日中、気分がすぐれなかった。胃酸が残っているのか何も食べる気がしない。軽い朝食だけにとどめておいたら,夕方ひどくお腹が空いたので、サンドイッチ半分(日本サイズにすると1個強)を食べた。当然今度はダンピング


時々ブログを読ませて頂いている方は、殆ど毎日この逆流と誤嚥に悩まされてらっしゃる。同じ摘出でも癌が気管付近だったので、誤嚥の可能性が高くなるのだ。平穏な睡眠もないわけで、とても御気の毒だ。


ところで食道癌の治療を受けている小澤征爾氏の公演中止が続いている。早期発見ということだったから内視鏡を使った治療だったことを祈っている。摘出手術後の回復の度合いは患者の年齢を大きく反映する。30歳の患者は30歳の身体にもどるけど、75歳の体は75歳の身体にしか戻らないからだ。

ゆうゆう 2010/07/25 20:15 Kuwachann様 今晩は!
誤嚥、胃酸逆流の具合、最近はいかかですか?
私は、症状が出る前、何となく胃液の臭いがしてくるんです。いやな臭いです。胃酸防止剤はパリエット錠を飲むのですが、やはり、夜中に急に咳が出るんです。どうしても夕食に油分の多いものを摂ると、消化が悪いのでしょうか。だから、あまりフライ系とかは摂らないようにしていますよ。
日本、東京は、相変らず、最高気温、日中・摂氏35度超の日々が続いていますよ。
でも、休日はテニスやっています。ほとんど、毎週3時間、午前〜午後にかけて行っています。
スポーツドリンクも1L以上飲んじゃいます。
終わった後、ちょっと、1缶アルコール飲んじゃうですけど、、、よくないのはわかっていますが、、
当方、一方的なご連絡でした。
では、どうぞ、ご無理をせずに、お過ごし下さい。

Kunkun74Kunkun74 2010/07/26 17:50 こんにちわ。はじめてコメントさせていただきます。
Kuwachann様のブログを今日みつけて、朝からずっと読んでました。母が食道癌で食道を摘出し、あさって退院します。私は、今海外におり遠くから祈るばかりの毎日でしたが、ひと安心です。ハーゲンダーツのアイスを日本でも食べているようで 万国共通なのですね。
私も妊娠しているときは、こちら(香港)の医者には、
アイスクリームならハーゲンダーツだけOKと言われていました。。。笑  
母もかなり食いしん坊なので、何を食べるのかなあと
心配してます。固いもの、辛いもの、そして早食いと3拍子 食道に悪い食べ方をしていた人です。。。笑
Kuwachann様は、何を食べるのがすきですか?
お盆に日本に帰るので、その際 何か作ってあげようと思ってます。

kuwachann-2_0kuwachann-2_0 2010/07/27 14:24 ゆうさん、こんにちは!
あれ以来逆流はありませんが、未だに咳き込みがあり痰が出ます。逆流、誤嚥の経験は1度だけですが、そういえば「なんか変だな」と思ってからしばらくしてから誤嚥になりました。今は頭をできるだけ高くして寝ています(先日の宿ではピローを三つもらいました。)

スポーツドリンク1L!!どうやったらそんなに飲めるのでしょう。私は朝のコーヒーのマグカップ1杯がやっとです。放射線、化学療法をやっているせいでしょうか?そして揚げ物は殆ど食べません。揚げ物はすぐお腹を壊すのでフィッシュ&チップスさえも用心して食べないようにしています。ゆうさん、すごいです。

ところで運動はいいですね。私も今回車のない島に行き、登山靴を履いて歩き回り、足が棒みたいになりました。すっかり疲れきった夜の睡眠はいいですね。

検査の結果のいいことを祈っています。

kuwachann-2_0kuwachann-2_0 2010/07/27 14:37 kunkun74さま、はじめまして。お母様、摘出手術大変だったことでしょう。経腸チューブは入れていらっしゃいますか。最初の1、2か月はこれがあると体重が減らないので体力が落ちませんけれど。

たぶん回復の一番の条件は「食いしん坊」であるか、どうかだと思います。美味しいものが好きなこと、食への好奇心があること、とっても大事なことです。

お母様、日本に住んでいらっしゃいますから食は大丈夫!日本にはお豆腐や、茶碗蒸しなど、喉ごしのいいものが沢山あります。

退院をして最初の数ヶ月助かったのが10穀米のお粥でした。友人が日本からレトルトを送ってくれましたが、とても助かりました。

お盆ですと、あと2週間ぐらいですね。まだ沢山食べるのが怖い時期です。お母様のご所望なさる柔らかいものを作ってさしあげてください。

Kunkun74Kunkun74 2010/07/31 18:45 Kuwachannさま、こんにちわ。
母も退院してもう4日たち、お粥、豆腐、しらすなどを食べ、昨日は、ミネストローネがいいと話しで聞いたので薦めてみたところ、父がキャンベルのスープを買ってきて食べたそうです。笑 食欲は、あるそうなのですが、寝ているベッドが以前のにもどったため (ヘルニア用の固めのベッド)、肩こり、背中のこりがひどく、
食欲がいまいちのようです。ビーフシチューもいいとどなたかのブログに書いてあったので、帰国の際 作ってあげようと思ってます。Kuwachannさまは、体調いかがですか?

kuwachann-2_0kuwachann-2_0 2010/07/31 22:48 kunkun74さま、お母様、もうそんなに召し上がれる!日本は入院期間が米国より長いからでしょうか。素晴らしくいいニュースです。私の場合は11日で退院となったため、退院後最初の1週間は固形物は禁止されていました。

退院後頻繁に作ったのはお魚のスープ(野菜入り)でした。嚥下機能がなくなった食道にはお握りが食べやすいです。ぬるっとした食感の里芋や西洋梨も食べやすいです。アボガドも今季節ですし、喉越しがいいし、栄養もいっぱいです。お好きだったらの話ですが。

このブログでも何回も書きましたけれど、私はベッドの頭部の足を高くして、ベッド自体に傾斜をつけています。このお陰で逆流、誤嚥が未然に防げます。また背中がまっすぐなので腰や首にストレスがかかりません。ベッド自体を傾斜させて、その上に少し柔らかな薄いマットレスを敷いたらどうでしょう?帰国の際、色々可能性をさぐってみられたらいいかと思います。

私はとっても元気で真っ黒に日焼けしています。id:kuwachann-2_0に最近のノー天気な生活を記しています。

2008-07-11 絵の具について

[][][][][] 02:54

食道を摘出してから1年10ヶ月。幸運なことに胃液の逆流で悩むことはあまりなかった。多分ベッドの頭にブロックを入れてベッド自体を30度ぐらい傾けて寝ていること、就寝2時間前の飲食をかなり真剣に避けているおかげかもしれない。

夕べだって就寝前に食べた覚えはない。それなのに今朝は苦い胃液、胆汁を口中一杯に感じて目が覚めた。吐き気もするので吐いてみるとかなりの量の胃液と一緒に茶色の小片がひとかけら。何だろう。おかげで午前中あんまり気分が良くなかった。

一応自分の記録のために新しく「逆流」のカテゴリーをつくってみることにした。エントリーがこれ一つだけであることを祈る。

夕方、夫におつきあいしてダンキンドーナッツの「お砂糖、ミルク入りコーヒー」とドーナッツ少々を食べた。1時間ぐらいしたら吐き気とともに気分が悪くなった。ダンピング症候群だ。「ダンキンドーナッツコーヒーは飲まないぞ。ドーナッツも食べないぞ」と誓うのは何度目だろう。。。

mamamama 2008/07/13 22:10 1つ目。私は全く門外漢ですが、夫が「水彩画を描くのならマット(不透明)ではなく透明水彩の方が高価だが発色がよい」と言っています。「日本ではホルベインでも出しているが、ガランダッシュかウィンザーニュートンがいいのではないか。」ですって。
2つ目。コーヒーは逆流を起こしやすいですよと医師に言われたことがあります。それでもコーヒーは飲みたいので、午前中だけにしているんですよ。ドーナッツのような甘くてしかも油ものは要注意ですよね。どうぞおだいじに。

IrisIris 2008/07/13 22:59 アートのセンスは全くないのですが、植物画をやっています。植物の構造に忠実に描いているだけです(観察眼を養うという目的もあります)。サークル活動みたいなものです。水彩絵の具はウィンザー&ニュートンで、パレットに先生(ボランティア)が5−6mm 絞り出して下さるのを使っています。植物画ではほんの少ししか消費しないので、「初めはこれで良いでしょう」というお言葉に甘えてそうしていますが、すでにパレットには30数種の色が並んでいます。なかなか練習日にも通えなくて、ちっとも上達せず、自分では写真(山野草を中心に撮っています)の方が上手いと思っています。

kuwachannkuwachann 2008/07/16 03:32 mamaさん、Irisさんレス有り難うございました。やっぱり水彩はグローバルスタンダードなのですね。固形パレットであれだけの色をつくれるサクラがチューブをだしていないのは残念でたまりません。ビジネスになるかならないかの決断なのでしょうけど。

安いのですが、サクラの肌色や黄土色(土から製造するらしいのですが)はなかなかいい反応をしてくれます。これからは色を選んで使うことにしましょう。


水彩の植物画は全く独立したジャンルですよね。辛抱強く乾くまで待って上塗りをして行く。いい加減な私にはとうてい無理だけど、あの静謐な世界、好きです。

かあおかあお 2010/02/11 19:58 昨年末身に余るお褒めを頂きながら、申し訳なく思います。
術後の様子とか身体についての考え方、これから新しく赤ちゃんみたいに作り変えると考える。
何もかも同感、同感です。
まだ少ししか読ませてもらっていませんが同志に出会えた感じです。

kuwachannkuwachann 2010/02/12 12:47 かあおさま、

書き込み有難うございます。教養あふれるバランスのとれた文章、探究心、いつも感動しながら読ませて頂いています。かあお様の文章を読むと自分の日本語の劣化を嫌でもかんじてしまいます。

最近、仕事や趣味、日本への帰省準備で忙しく、書き込みはしておりませんがいつも読ませていただいております。

先日の御孫さんが可愛くてたまらない文章、またしばらく前の「夕暮れのさびしさ」、気持ちがとても分かるような気がしました。

雄三さんのサイトには若い人から、お年を召した方まで、治療の上手く行っている方から、再発してしまう方まで様々にいらっしゃいます。若い方は若くもどり、ある程度の年齢のものはある程度にしかもどらない。当然のことですが生の不思議を感じています。