Hatena::ブログ(Diary)

メモ

2010-12-03 メンズ・レギンス

近くのビルでやってた下着のバーゲン

防寒用のタイツでも買うべと眺め、

ジャンル名なのか商品名なのか、


  メンズ・レギンス


に一瞬ドキッとする。

一瞬はドキッとしたものの、

意外だったのが、男が身につけるものとして


  レギンス


の名前にほとんど抵抗を感じなかったことだ。


  メンズ・スパッツ


これも抵抗なく買えるだろう。

レギンスもスパッツも音がシュッとしてるのが大きいかな。

(メンズ・レオタードは「えお」のあたりがキビしいでしょう)


やまと言葉をヒイキにしているおいらだけど、


  ももひき とか さるまた とかの語感は


なんかそれが包み隠しているものの

体温を感じさせて楽しくない。


  ステテコ なら


シャレでカラっと履いてるぜっと言えるか。

裾までの長い肌着の言いかたで、おらの、抵抗を感じない順をつけるなら。


  タイツ>レギンス>スパッツ>ズボン下>>>>>>ももひき


です。

なにを発表してるんだか。

タイツ、は“tight”だし、

全身タイツなんて言葉も流通し、もはやノンセクシュアルな感じ。


メンズ・レギンス。

裾のところのプリントとか妙にチャーミングで、

買う。履く。光線の加減でてろんと光って、うげげと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuwak/20101203