くうざん本を見る このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権七十年反対 私はEDGE

2005-11-26

子どもドコモ

昨日書いた「キッズケータイ」だが、「子どもドコモ」という案もあり得る。「子どもドコモドコモの内」と唱えるのだ。また、「子どもドコモ子ども何処」という回文にもできる。GPS機能で子どもが搜せるというわけである。


SKinsui's blog*からトラックバックをいただいたので、「トラバ返し」!

はてなへのトラックバックは、リンクさえ張れば、固定URLトラックバックURLが同じなので便利ですね。時々送れないときがあるので、再送することもありますが。

タモリジャズメン用語と言えば、『ブリタモリ』(昭和57 講談社 ISBN:4061413635)に「さかさまバンド用語」として解説が見えます。森田がなぜリタモにならなかったのだろうと思っていたのですが*1

単純にタリモと変化していないところに注意してほしい。タリモよりタモリの方が“面白く”感じられるからだ。
との説明があります。この「面白さ」を探求したくなるのが、言語学者のサガですね。用例を集めないといけないのですが。

SKinsui's blogでご紹介の、窪薗晴夫 (2002) 『新語はこうして作られる』(岩波書店ISBN:4000068210)は、そういえば持っていました。

*1:ピヤノがヤノピ、狂いがルイク、薬がスリク、子どもがドモコ、黒いがロイク……と、促音撥音長音を含まない三モーラ語は、231の順になっているものが多いように思えます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuzan/20051126/1132935516
最近書いたコメント