くうざん本を見る このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権七十年反対 私はEDGE

2007-11-11

[]題名

アタシと私 (幻冬舎文庫)

アタシと私 (幻冬舎文庫)


題名が似ていて、著者の属性もちょっと似ている。

下の方は、「"アタシ"という女と、"私"という男、二人の織りなすラブ・ストーリー」だそうだが、上の方は、「ボクとオレ」の二面である。こちらに書いてあるように「地方語」としての「僕」を咎められた主人公は、のちに、「貴様・俺」を使っている。

[……]今まで生死を共にしてきた自信を持って俺も死ぬが、貴様達の生命も申受ける」

 申受けるとなると時代劇の台詞になるけれども、この際は時代劇的にいかないと気分が出ない。(p234)

地の文では「僕」だ。

「俺に生命をあずけるものは前に出ろ」とどなったら全員が一歩前に出て来た。無言のまま僕の顔をにらんでいた。(p235)

こちらを拝読して思い出しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuzan/20071111/1194757575
最近書いたコメント