アルコネ

2005-07-10 (Sun)

[]コミックバトン!

サイトのメモで書いたのを保存のためこちらへ。(というか、本来こちらでやるべきもんだろ)

くずは 2005/7/10 (Sun.) 15:48:36

わー、書いてみるもんですね。ホントに廻ってきた。

コミックバトン!

水樹ing、廻してくれてありがとーっ!

そんでもって私が廻したミュージカルバトンを回答してくださった方々、ありがとうございますー。

皆さんの好きな音楽の傾向を知ることが出来て嬉しいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

回答。くずは 2005/7/10 (Sun.) 18:51:45

コミックバトンについて【http://d.hatena.ne.jp/keyword/Comic%20Baton


1.本棚に入ってる漫画単行本の冊数

Total volume of comic on my Bookshelf

本棚に収納されているのは約400冊

床に積み上げられてるのは約100冊

売りに出すためダンボールに収納、および廊下に放置されているのが約200冊

700冊ですか・・・・・・ひぃー


2.今面白い漫画

Comic thought to be interesting now

1.『おおきく振りかぶってひぐちアサ

腐女子的にももちろん萌えるけど、純粋に野球マンガとしてもすっごく面白い。むしろ最近はフツーに対戦しているのを楽しんでるよ、私。雑誌でチェックしてるので、毎月ドキドキハラハラしながら読んでる。

2.『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所西義之

雑誌で第14条見てちょっと気になったから1巻買って、本格的にチェックし始めた。んで、こないだ発売された2巻収録の第9条のムヒョとロージーのやりとりを見て完璧に落ちた(嗤)

何コレ、この二人の関係たまんねーよ!

普通な(笑)見方をするなら、ムヒョの冷徹なところが好きです。というか、「魔」が付くとはいえ、実際、法律相談にいちいち感情を使っていたら禿げるか気が狂います。ムヒョのあの姿勢が正しい法律家としてのあり方だと思います。だからこそロージーみたいな子が必要になってくるんですよ。

・・・・・・マンガ(仮想現実)に現実重ねても仕方ないんだけどさ。

ところで、このマンガ、ムヒョが回を増すごとにかわいくなっていってますね(笑) 髪の毛の描き方のせいか?

3.『トッキュー!!久保ミツロウ小森陽一

メグルくんが好きです(ムヒョといい、傾向がバレバレだな/嗤)

萌えマンガかと思わせといて、レスキューシーンや、メグルと兵悟の考え方の違い等で、普段考えるのを放棄してるような重い話題をズバンと切り込んできて、いろいろ考えさせられる。

おおきく振りかぶって (3)

おおきく振りかぶって (3)

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 (1) (ジャンプ・コミックス)

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 (1) (ジャンプ・コミックス)

トッキュー!!(7) (講談社コミックス)

トッキュー!!(7) (講談社コミックス)


3.最後に買った漫画

The last comic I bought

7/6に『RED 18』村枝賢一

最終章を目前に掲載誌『アッパーズ』が休刊して、続きを書き下ろして単行本に纏めてくれるのをいつものごとくひたすら待ち続けるつもりでしたが、どうやらヤングマガジンの方で隔週連載しているみたいです。18巻買って初めて知りました。完璧なチェック漏れでした。私としたことが・・・・・・ちぃ

てか、村枝先生、REDは18巻で完結するはずだったんじゃ・・・・・(それは言っちゃいけない!)

ちなみにワタクシ、待つのは得意です。というか、耐性がつきました(喜んでいいことなのか・・・_| ̄|○)一番長かったのは小説ですが『真・運命のタロット』シリーズ(皆川ゆかで5年以上でしょうか。いや、いまだ現在進行形の氷室冴子先生『銀の海 金の大地』なんて素敵にジャパネスクかもしれない・・・・・・・こちらはもうほとんど諦めていますが(苦笑)

Red 18 (アッパーズKC)

Red 18 (アッパーズKC)


4.よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画

Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me

1.『蛍火の杜へ』緑川ゆき

この人の作品は短編の方が好き。その中でもこの作品は最高。雑誌掲載のときに立ち読みして、外だということ忘れて思わず泣きそうになった。

2.『MIND ASSASSIN』かずはじめ

くずはの好きな要素をこれでもかと詰め込んだ作品。

いろいろ影響されてます。

3.『ARIA』天野こずえ

なんでもない日常をキラキラの宝物にしてしまえる灯里の考え方を見習いたいなぁと思う。天野こずえ氏の画風も好き。

4.『天然素材でいこう。』麻生みこと

3人の女子高生のそれぞれの恋愛模様、で纏められない(笑) 相関図書いたらすごいことなりそう・・・・・・

「フツー」といいつつ、実はいちばん芯の、というかアクの強い二美と、それに振り回され続けた「スーパーな男」高雄氏、そして二人の脇をちょろちょろするナルさんと千津の微妙な関係が好きでした。あと、三千院と理々子の関係も好き。むしろこっちが本命。

この作品にも影響受けてるのが多い。

5.『NATURAL』成田美名子

この人の「学生」を主人公にしたマンガはどれも傑作だと思います。その中でこの作品を選んだのは、単に西門が好きだから(嗤)


うーん、少女マンガ、というか、花ゆめに偏るなー(笑)

蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)

蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)

MIND ASSASSIN 1 (ジャンプコミックス)

MIND ASSASSIN 1 (ジャンプコミックス)

ARIA 2 (BLADE COMICS)

ARIA 2 (BLADE COMICS)

天然素材でいこう。 第10巻 (花とゆめCOMICS)

天然素材でいこう。 第10巻 (花とゆめCOMICS)

Natural (8) (花とゆめCOMICS)

Natural (8) (花とゆめCOMICS)


5.バトンを渡す5名

Five people to whom I'm passing the baton

今回は廻さないでおきます。

ここで打ち止め〜。


最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

Connection: close