Hatena::ブログ(Diary)

青空が落ちてくる。

2018年12月31日(月) そば

忘却のサチコ、俊吾さん、それは彼女の想いが実体化した妖怪のようなもではないだろうか。

f:id:kuzuu:20181231224639j:image

2018年12月30日(日) 静岡おでん

直情的に惹かれ気持ちは上がるけれど、長くはつきあえないような、それは一時的な、そんな予感、


f:id:kuzuu:20181230203010j:image

2018年12月29日(土) チャルメラ

政府の進めるキャシュレス推進とは別の話、クレジットカードはいくつか持っていて、使い分けている。メインとサブみたいな、どこでも使うのと、使う店が決まっているもの。メインを切り替えるのは意外と難しい。何度か試してみたけれど、使い勝手とか、どっちがお得とか考えだすと、結局元に戻ってきてしまうみたいな。

わたしにとっては、携帯電話を変える方がよっぽど簡単だった。


f:id:kuzuu:20181229155003j:image

スターウォーズ、最後のジェダイを観た。跡を継ぐのは、チューバッカ、C3POR2D2なのか、

2018年12月28日(金) しゃぶしゃぶ

f:id:kuzuu:20181228130959j:image

f:id:kuzuu:20181228131010j:image

2018年12月27日(木) salad

今月いっぱいで、はてはブログへ引っ越し予定です。


f:id:kuzuu:20181227223451j:image

2018年12月26日(水) 三浦大根

f:id:kuzuu:20181226215740j:image


相変わらず、食べ物しか出てこないよ、このサイト、
ミラーレスとか別に言わなくてもいいのに、恥ずかしいのか、後ろめたいのかはわからない。Z6、Z7って、D5よりいいカメラができたって、そう言えばいい、

機動力も、描写力も遥かに、Nikon1でできなかったこと、すべて、マウントも変えて詰め込んだ。プロ仕様にも耐えれるように、F、Dに次ぐZ、もう後がないと思ったけど、アルファベットは行ったり来たりしている。いつか戻ってくるかも、


2018年12月25日(火) merrychristmas!

f:id:kuzuu:20181223204918j:image


f:id:kuzuu:20181225220946j:image

2018年12月24日(月) ほうとう

f:id:kuzuu:20181224162022j:image


風が強く吹いている [DVD]

風が強く吹いている [DVD]

リーガルVのポチが、カケルだった。一度観ているはずなのにずいぶん忘れてしまっていた。今また、この物語のアニメをやっている。アニメと実写だけれど、連続ドラマと映画で、見比べる楽しみがある。

2018年12月23日(日) devil fish

f:id:kuzuu:20181223134044j:image

f:id:kuzuu:20181223155525j:image


山菜そば

f:id:kuzuu:20181223165927j:image

2018年12月22日(土) ドリア

f:id:kuzuu:20181222213455j:image

f:id:kuzuu:20181222221959j:image

2018年12月21日(金) cod

f:id:kuzuu:20181221224440j:image

2018年12月20日(木) チゲ鍋うどん

いたいけな瞳 (4) (小学館文庫)

いたいけな瞳 (4) (小学館文庫)

また思った。カラーページはカラーで再現してもらえないだろうか。値段が上がるのはわかってるから、カバーの絵を見るように、それぞれの話の扉を見たいんだ。


f:id:kuzuu:20181220232021j:image

2018年12月19日(水) チゲ鍋

写真ならそれなりに撮っておいてやるよって、そんなこと、言えたころもあったけど、今は違う。誰でも撮れるから。どう撮るかは別にして、

どうして撮るかも、何故ね。


かつて、フレディーを失ったクイーンは、ポール・ロジャースをボーカルに迎えてツアーを行った。悪くはないと思いつつ、嫌いなボーカルではない。それでも、はまらないジグソーパズルに無理やり押し込んでいるような違和感があった。お前はフリーだろ、バットカンパニーだろう、泥臭いんだろう。フレディーはキュートで、おしゃれなんだ。たとえ、オーディエンスがそう思わなかったとしても。

今思えば、ローリングストーンズ『スティルライフ』のステージのミック・ジャガーはダサかった。フレディーよりはるかに、

わたし達は君を愛していたけれど、世界は君を愛してくれてはいなかった。現実がそれを証明している。その様を見ているような気がする。

君は滑稽な道化でしかなかったのかもしれない。それでも、そんな君を愛している人々はいる。解ってくれるよね。


f:id:kuzuu:20181219215535j:image

2018年12月18日(火) チゲ鍋

フレディーの亡霊が世の中を惑わしている。映画、ボヘミアンラプソディー、わたしの知らないところで、何かが起こっている。それを感じた、戸惑いだった。

フレディーはわたしとともにあった。それを誰かが奪っていったようにしか思えなかった。


f:id:kuzuu:20181218232845j:image