Hatena::ブログ(Diary)

青空が落ちてくる。

2018年02月15日(木) 混ぜご飯

彼女の思い出、彼女を知ったのは、中学二年の時だった。同じクラスだった。

彼女は、わたしに「つき合え」と言った初めての人だった。わたしの答えは即答だった。「いやだ。」

(つづく)その寂しさとは、どういうものなんだろう。

彼女はクラスで目立つ存在ではあった。ほかの子のいじめの問題に口を出す。先生に、目つきが悪くなるから眼鏡をかけろと怒られる。「かわいいの顔が台無しだ」という、先生の一言が微笑ましかった。

それでも、わたしとは距離があったように思う。小学校は違うし、うちも、たぶん学校を挟んで向こう側だった。学校以外で見かけることはなかった。

わたしは、彼女が好きだったのかもしれない。というか、わたしと彼女は似ていたのかもしれない。わたしは気づかなかったけど、彼女はわたしをみつけた。いまのわたしは彼女を否定しない。それでも、あの頃のわたしは、彼女を受け入れられるほど、大人じゃなかった。わたしはただ、無邪気な子供だった。


f:id:kuzuu:20180215213045j:image


ちはやふる(37) (BE LOVE KC)

ちはやふる(37) (BE LOVE KC)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証