Hatena::ブログ(Diary)

kyのブログ RSSフィード

2060-01-01

このページについて


いつまでたっても文章が上手くなりません。読みにくいのはお許しください。
(数学、将棋、金融工学、法律税務あたりは、前提となる知識の説明を省いてます)

https://twitter.com/ky1ky1
何かありましたら、ツイッターで@飛ばしてください

メモ帳
http://d.hatena.ne.jp/ky1ky1+zk/
ハーレー
http://d.hatena.ne.jp/ky1ky1+harley/
オーディオ
http://d.hatena.ne.jp/ky1ky1+data/20090501/1241103600

2016-01-22

セーフティ共済の手続きは大変でした




中小企業の節税といえば小規模企業共済とセーフティ共済は必須ですが、
小規模企業共済は個人が契約者だったせいもあり、すぐに申し込めたのですが、法人が契約者であるセーフティ共済は大変でした。
引越ししたら、法人の銀行口座は近所の支店にすぐ作りましょう。


支店の概念がなく、16時まで窓口があいていて、ネットバンク利用料がゼロのゆうちょ銀行の法人口座はとても便利ですが、残念ながらセーフティ共済は扱ってません。

--------------------

法人口座をもっていたのは、
M銀行A支店
K信金C支店

近所に支店があるのは
M銀行B支店
K信金D支店

12月X日
K信金D支店に14:55に滑り込み、セーフティ共済を申し込むも、口座のある支店でないと手続きできないとのこと。


M銀行A支店に電話で質問、申込はどの支店でも可とのこと。(意図が伝わっていなかったのか、回答は間違いだった)

12月Y日
M銀行B支店に14:55に滑り込み、申し込むも、口座がないと手続きできないとのこと。M銀行内に複数の銀行口座は持てず(ホントか?)、口座開設は、A支店の口座を解約してから審査とのこと。法人の口座引落はM銀行A支店に集中させているので、諦める。

12月Z日
K信金D支店に14:55に滑り込み、口座開設を申し込むが、最初に法人の事務所に訪問しないと開設できないとのこと。

12月P日
K信金D支店来訪。口座開設手続き

12月Q日
K信金D支店に14:55に滑り込み、通帳受取。口座開設完了。
セーフティ共済申し込むも、ここで、口座開設から1年経過していないと申し込みできないとの条件が発覚。

1月R日
14時過ぎに外出、電車でM銀行A支店へ。14:50滑り込み。
何度かやりとりのあと、納税証明書がが必要といわれて焦る。

赤字申告なので、法人税(国税)はゼロで法人住民税7万円の領収書の添付で足りると思ったが、
必要書類−納税証明書(その1)or 法人税の領収書
法人税(国税)の領収書がないとダメとの一点張り。
中小機構とやりとりしてもらい、待つこと1時間。やっと申込書が受理された。

2014-07-29

TASAKI株取引の課徴金納付命令の勧告について


http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2014/2014/20140729-1.htm

「直近約定値より高値の買い注文」かつ「複数回」は、たまにみかける課徴金勧告だ。
私は、特別気配を回避するような連続注文はアウトという理解をしている。以下は自説を含む

--------------------------------
例えば株価800円のA社を分析し、割安と判断して1000円まで1万株を買おうと思ったとする。
このときに、1万株を成行で買うとか、1万株1000円の指値買い注文は全く問題ない。注文が単一であれば問題ない。
板が薄ければ更新値幅は15円なので815円で特別買い気配になり、3分毎に15円ずつ気配が上がっていく。

しかし、特別気配になると注目を集め、自分以外の買いを誘発して買えなくなってしまうかもれない。15円上までのオファーを断続的に買っていけば、一瞬で株価は1万株集まるか1000円まで上がっていく。(売りが途中で出ないと連続約定気配の規制で停滞するが、ここでは除く)

それほど悪質な取引とは思わないが、現値と離れた価格で取引をしようとした場合にすぐに約定させず市場参加者の注目を集め、公正な価格形成を促すのが取引所の意思であり、特別気配制度はそのためにある。

ただ、インサイダー取引と違ってこれは程度問題であって、800円のときに830円まで2回に分けて買ったぐらいは課徴金勧告の対象にはならないだろう。


本件は、より多くの株数を買うためでなく、会社内部の人間が取引所の上場制度の問題で株価を上げることだけが目的だったのて、程度問題でなく勧告ありきで一番目立つ2日間を探したのだろう。2012年12月13日、14日はそれほど露骨な動きをしていなかったが、吊り上げても売り抜けてるわけではないので対象日を慎重に探したというところか。14日以後も下に買い板を入れるぐらいのことはやっていただろうが、高値売り抜けではいので実際に約定した取引を探したのだろう。
http://www.tasaki.co.jp/corporate/ir/pdf/2013/whats135.pdf
東証一部からの降格を避けるべく、2012年末の時価総額維持のために吊り上げた。自社の時価総額に発行会社が間接的にでも関与したのは明らかに問題だ。
報道を見る限りは幹部社員による「自社株」ではなく「自社の株」の取引だろう。自社株で株価維持したららさらに議論の余地なくアウト。

-------------------
程度問題でいっても、こういう露骨な見せ板&連続買い上がりは、発注元が海外であろうとも取り締まってほしいものだ
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65795044.html

2014-06-12

読響定期演奏会 ヴェルディ「レクイエム」

パオロ・カリニャーニ指揮・読売日本交響楽団

先月末のコンサートの入口で配られるチラシをぺらぺらと眺めて興味を持ったのが読響のヴェルディ・レクイエム。定期演奏会は地味で、余計なアンコールも殆どの場合は無く、自腹で来る固定ファンが多く浮ついていないのがいい。

ヤフオクでチェックしたら1階3列目センターブロックが出品されていたので、早速購入。

----------------------

会場のアナウンスに驚いた。ブラボーのフライングは、するな、と
プログラムにもちゃんと注意書きがある
ブラボー屋はほんとウザいので、これはいい。

写真搬影・録画・録音はご遠慮ください。

携帯電話の電源をお切りください。
時計のアラームや鈴のついたキーホルダーなどは、
音が出ないようご注意ください。

演奏中にプログラムをご覧になる際には、
ページをめくる音にご注意ください。
チラシの入った袋などは膝上に乗せず、
足元に置いておくことをお勧めします。

”咳エチケット”にご協力ください。
ハンカチで口元を押さえるなど、
周囲へのご配慮をお願いいたします。

「ブラボー」や拍手は、タクトが降ろされてから。
滴えゆく余韻は生演奏の醍醐味です。
その貴重な瞬間を、ぜひご堪能ください。


終演後、静寂が数十秒。長すぎるという意見もあるが、こういうのもいい。

演奏は、、、会場の雰囲気がよく、緊張感があってよかった。
誰が聞いてもわかるぐらいテノールが酷いというレベルを超えて酷かったが。

http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-1932.html

http://blog.goo.ne.jp/akicicci/e/653ed6b0683119f1499527274c6e02ce

http://blogs.yahoo.co.jp/shimabunbun6944/33222689.html

http://fatale.honeyee.com/blog/hodashima/archives/2014/06/13/post-245.html

https://twitter.com/mikum/status/477060477340508160

http://ameblo.jp/pianissimo-pianississimo/entry-11877039370.html

-----------------

http://yomikyo.or.jp/2013/12/538.php

http://yomikyo.or.jp/2014/06/post-415.php

2014-06-04

[][][]躍進するタイヨウ・ファンド


ローランドとローランドDGのディールは見事というほかない
http://kabu.nsjournal.jp/kobetsu/19269.html

GPIFの資金が入って、イケイケモードだ。
http://www.gpif.go.jp/topics/2014/pdf/gpifs_selection.pdf

2014-04-30

[][]サイバーエージェント2Q決算

まあ順当な決算だが、注目したのが質疑応答
サイバーエージェント2Q決算

http://www.cyberagent.co.jp/ir/finance/results/
http://pdf.cyberagent.co.jp/C4751/YWWN/PfH3/Dccv.pdf

Q9 Q18
市場全体が伸びたので業績も伸びました、この事業は参入障壁があります、と素敵な回答。
Ameba事業がほんとに収益化したか怪しいところもあるが、CAには本業に期待しているので全体としてはプラスの印象。

2013-12-25

「かぐや姫の物語」と「アナの雪の女王」にみる現代のヒロイン映画


この解説以上は蛇足。



かぐや姫の物語
Download
http://podcastjapan.info/?p=157


アナの雪の女王
Download



これまでのお姫様映画の典型である王子様とキスして終わりという典型的な価値観の反対にあるのが両作。
お歯黒を嫌ったり女性を下にみる貴族を嫌悪したり、フェミニズム的な感性、同調圧力の拒否が溢れている。

2013-09-30

[]風立ちぬ


私にとって宮崎作品のベストの1つだし、今年観た映画でもNo1クラス。しかし、なんだかよく分からなかったという人が多いのもよく分かる。評価が分かれる理由は二人の専門家の映画評論で述べ尽くされている

宇多丸 2013年8月17日放送
Download

町山智浩 2013年8月20日放送
http://matome.naver.jp/odai/2137713216734546901
Download

史実をベースとしている話は、背景を観客に説明せずにいきなり語りだせる。
SFはタイムマシンが使えるとかこの映画の中だけの理屈、リアリティラインを説明する必要があり、飛躍した設定がない現実的な話でも、背景が茫洋としているゆえに人間関係や登場人物の思考や前提について最初に観客に提示しなければならない。説明する時間も必要だし、その部分を上手く処理しないと感情移入が難しくなってしまう。

史実物は説明を省くので、ある人には説明不足となり感情移入もできず訳分からなくなるが、知識があれば余分なプロセスをカットして最初から物語の世界に没入できる。

ファンタジーは全ての観客が何も知らないので作品の中で説明があり、好き嫌いは別として同じように作品世界に入っていくことになる。

関東大震災や第二次世界大戦の歴史と当事の日本を取り巻く環境や日本人の意識、非勢だった日本の中で零戦が優れた戦闘機であったことは必須の前提知識だが、軽井沢で登場する外人がゾルゲみたいだな、と思えるぐらいは必要かもしれない。

この映画ではもう一つハードルがある
町山評にあるように、風立ちぬは宮崎駿の妄想を映像化したもので、男の子が手間隙をかけている「ごっこ遊び」だ。
前提知識があっても男の子的感覚がなければ、のれないだろう。。

これまでは「天空の城ラピュタ」がベストだった。風立ちぬはそれを超える感動があったが、イチから説明が必要なラピュタと舞台を史実から拝借している風立ちぬを同列に評価はできないし、比べるべきものではないかもしれない。

堀越二郎は妄想ばかりしていて、めぞん一刻を思い出した。日本のアニメが底流にもっているパターンなのだろう。

2013-07-22

2013-07-16

[]シャルレへの提案

三尊氏の行動力はすごい。イベント系を注視する投資家は必読のブログ。
http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/65861879.html

シャルレは2008年9月にMBOを画策し、混乱の末に失敗した。

2013-07-05

ペプチドリームのIR

むちゃくちゃなIR。
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65753008.html
平幹事が辞退したり、大手がみずほしかいない銘柄は注意が必要ということ。

金融業界とは違う常識で動いているのかもしれないが、どうもこの研究開発の実務と関係ない社長が上場を急いだような気がする。
http://anond.hatelabo.jp/20130628094223
http://anond.hatelabo.jp/20130703112907

知らない人を見た目でいうのもなんだが、おくすりを世の中に出すより上場果実を欲しそうな雰囲気
http://www.youtube.com/watch?v=MfSvpri5krI
こういう研究の部外者を役員に入れるのは、専門バカの集団に常識を教えるのが役目なはずだが。

2013-06-30

[]投資で一番大事なこと


達人も最初は失敗すると聞くと安心する。
http://paris-texas.seesaa.net/article/360329824.html
http://kabu.nsjournal.jp/rensai/6151.html

お二方の郵政相場が私のアベノミクス相場。1年前の自分に聞かせたい。
ただ、途中で気付くことができた。この半年はかなりの後悔が残るが、信じられないぐらいの結果も残せた。

一つの考え方に固執せず、そこから抜け出すのは本当に難しい。
抜け出すのは難しいから、最初に何を吸収するかが大事。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110807

時代は変わる
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130318

2013-06-23

「小塚拓矢」情熱大陸

http://blog.ap.teacup.com/bouken/458.html
これがネット。

テレビ取材の勝手な演出への反論はよくあるが、全国ネットの人気番組に噛み付くのが気持ちいい。
しかし、「ひと呼んで “怪魚ハンター”」とブログトップに書きながら、「怪魚ハンター、とは自称してない」と、こちらにも問題はありそうだ。

2013-06-20

[]「日本の血脈」石井妙子


超おすすめ。
文藝春秋に連載されていたものをPDF化はしているが、kindle版でないかな。

日本の血脈 (文春文庫)
石井 妙子
文藝春秋 (2013-06-07)
売り上げランキング: 28,085

2013-06-11

[]「私の履歴書」篠原欣子

NHKかテレビ東京だったか忘れたが、経済番組の生放送でのやり取りが強烈に印象に残っている。

いわゆる「正社員」以外の処遇について、アルバイトは年金や健康保険がないから、というテーマで
「派遣社員も年金はないから・・・」と発言し、お付きの人が慌てて訂正するという一幕があった。
派遣社員は派遣先からみればテンポラリーのスタッフだが、派遣元の「正社員」であり一定時間以上働いていれば派遣元会社の年金も健康保険もある。
一般の人が知らないならともかく、人材派遣会社の経営者でこれはびっくり。

今月の「私の履歴書」は篠原欣子。期待通り、常人からかけ離れたエピソード満載だ。

困難にぶち当たると、ひたすら愚直に行動する。ただ、突破したあとは何と戦っていたのかも忘れてしまうような人なのだろう。そのくらいのほうが障壁への破壊力が増す
私は篠原氏とは正反対で、書類仕事や規則の確認が得意で、まず出来ない理由を列挙してしまうような人間だ。
人間には個人差があり、起業にも向いている人、向いていない人がいる。それぞれの得意分野で生きればいい。

6月8日朝刊
 こうして会社の上司や同僚から「幸せになれよ」「おめでとう」と祝福されながら、東洋電業を退社した。2度目の寿退社だった。
(中略)
 ふと考えた。私は婚姻届に判子を押していない。いや見てもいない。式を挙げて一緒に暮らすようになれば、それで夫婦になるのだと思っていた。無知といえば無知。でも家族や親戚を大勢招いて式を挙げていながら籍を入れない方がおかしくはないのか。
(中略)
 挙式の前に彼から聞いた話、彼が兄に言っていたこと、それから最近の彼の言動をつなぎ合わせると、あることが浮かんできた。
 彼には奥さんがいる。心は離れているし彼は離婚したがっているのに、奥さんが離婚に応じない。いずれ離婚が成立したら私を籍に入れるつもりで同居を始めた。
(中略)
 彼が留守のすきに大井町まで出かけ、不動産業者に紹介された3畳1間のアパートを借りた。次に彼が遠出するとわかっていた日を指定して運送業者の車を手配した。
 その日、家の裏口に止まったライトバンに少しばかりの荷物を積んで、手紙も置かずに家を出た。



6月11日朝刊
 そんな私の中に衝動が生まれてきた。留学したい。外国で暮らしたい。
(中略)
 そのころ海外渡航は自由化されていたものの1ドル=360円の固定相場で、外国に行くことなど、将来を嘱望されたエリートの卵か金持ちでもなければ考えもしないことだった。しかし私は無謀とも高望みとも思わず、ただ留学したかった。
(中略)
 往復の航空運賃は46万円で大卒の初任給が3万円といわれていたから、その1年3カ月分。外貨の持ち出し上限が700ドル、つまり25万円だった。自分の蓄えに、母が私のためにためてくれていたお金を足しても余裕はない。
(中略)
 1969年5月、私は羽田の東京国際空港から日航機に乗った。
(中略)
 だが英語を学ぼうとして入った語学学校はドイツ語専門だった。日本をたつとき「行けば何とかなる」と思っていたが、何ともならない。

2013-06-07

[]星野リゾートREIT上場

以前から噂になっていた星野リゾートが上場申請を通した。
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65750458.html

REITの公募なのである程度の情報公開がされる。2012年11月期の星野リゾートグループは、総資産281億、有利子負債169億。拡大を続けており、いくらでもお金があれば欲しいだろう。景気に左右される事業で、知名度のわりに銀行の融資姿勢は慎重なはずだ。

REITは単純に不動産を持って賃料を得るという債券と比較される商品だが、星野リゾートは星野社長の手腕で収益をあげているものであり、安定した賃

料収入をあてにするREITとは趣が違う。
本来であれば星野リゾート自身が株式公開をして調達すべきだが、超過収益を分配しなければならず、なにより経営の自由度が下がる。
REITで資金調達、賃料のみを払うというやり方は星野リゾート側にとってはこれ以上ない調達方法だ。とりあえず72億円の借り入れを予定しているが、銀行もREITへなら優先劣後構造(REITの投資家が劣後)がありいくらでも低利で貸せるようになる。WIN-WINだ。投資家を除いては。

2013-05-28

[]日銀レポート

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51858705.html
日銀レポートが金利リスクの定量的な記載をやめたのが興味深い。レポートの担当者は大変だ。

金利が1%pt 上昇する場合を想定した金利リスク量(100bpv)のTier I 資本に対する比率をみると、大手行では概ね横ばい圏内で推移しているものの、地域銀行と信用金庫では引き続き増加している

グラフは残しているが、本文から定量的な記述がなくなっている。よく見つけたなあ。

国内基準行では、有価証券の評価損が自己資本比率に勘案されない扱いが恒久化されることになるため、金利上昇による債券評価損は原則として自己資本比率に影響しない。

こういうめちゃくちゃなやり方ってなんとかできないか。危なくなったら規制を緩める裁量行政だ。

ただし、有価証券の時価が著しく下落し回復の見込みのない場合は、損益計算書で損失として計上され、自己資本比率を引き下げる方向に作用する。

減損処理をした場合のみ、ということ。強制評価減は価値が半分、10年の金利が1%が8%になると半分になる。それまでは少なくとも(国内基準の銀行規制上の)自己資本比率には出てこない。もちろん「その他有価証券」の金額は上場している銀行は四半期毎に開示はされるが。

2013-05-23

[]はずれ馬券の経費性


有る程度予想されていたとはいえ、すごい判決。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000022-mai-soci
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1762391.html
ネット投票ではずれ馬券を本人が買ったことを確認できることが大きいのだろう。

http://d.hatena.ne.jp/ky1ky1/20130115/s1
http://d.hatena.ne.jp/ky1ky1/20121201/b1

2013-05-21

乙武洋匡氏とイタリア料理店


http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65747814.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1761879.html
どのような状況だかよく分からなかったが、

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65748153.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1762196.html
http://ototake.com/mail/307/
なるほど。店主は来店した障碍者が乙武氏と認識していなかったか。有名人かどうかというのもあるが、成人男性の体重を2階まで運ぶというのも現実的ではないだろう。
それに乙武氏の騎士道精神が加わった。ただ、綺麗に和解しないのがいい。

2013-05-20

[]『われ敗れたり』米長邦雄

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130518
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130520
この本はとっても面白いのだが、ちきりんのような影響力のある将棋愛好家でない人が紹介したことで広まるだろう。

ちきりん氏も将棋(界)にはそれなりに触れておられるようだ。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20120727

2013-05-19

情熱大陸、林修

http://www.mbs.jp/jounetsu/2013/05_19.shtml
いやー、何事にも超理論的だが話術もある。CMでブレイクしたが、それとは関係なく凄い人だ。私が最も知り合いになりたいタイプ。

2013-05-18

[]投資の神様

凄い、とはこういう人を言う(日付注目)
http://paris-texas.seesaa.net/article/354553236.html

NTTの好決算と野村証券株、そしてこの昨日の株価
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MMX3HH07SXKX01.html

2013-05-17

スマレジ

今日のWBS。飲食店のPOSシステムをiPad、iPodなどで構築するのは凄い進化だ。
従来はベンダーにソフトもハードも依存しなければならず機動性もコストも勝負にならないだろう。
http://smaregi.jp/
http://smaregi.jp/news/press/2013051779.php

これはどうなるか。ポテンシャルはあるが、企業がつぶれそうになったときに資金繰りに使うリスクは馬鹿にできない。
http://coiney.com/
ただ、末端の社員と客がグルになって横領するリスクがないのはいい。顧客が使ったカード会社から会社にダイレクトに入金されるからだ。

飲食店の原価率

今日のWBSからもう一件。
梅田駅改札すぐのジューススタンドの行列。今は違うが、原価率5割で始めたそうだ。
つぼ八の創業者で、会社を追い出された石井誠二もいつも5割と言っている。(新たに始めた八百八町も譲渡していたとは知らなかった)
元ブックオフ創業者の、「俺のxx」シリーズのレストランも原価率をケチらないことを重要視している。

原価率5割は前から驚異的な高さだと思っていたが、効率化された世の中ではそんなものだろう。
自分で作ろうと思ってもそもそも同じ条件で材料の入手ができないし、時間コストや技術の差を考えたらやってられない。料理は趣味であり、愛情を込めたとか別の価値観でしかはかれないものになっているのだろう。
http://www.tbsradio.jp/life/201304282013/

冒頭のジューススタンド、形のくずれたみかんの缶詰を大量に仕入れるなどして原価率を下げていったそうだ。5割で始めて安定した売上を継続し、実績で仕入れのバリエーションを増やして原価率を下げて、また新しいビジネスを5割で始める(60円たいやきも経営されている)というのはいいモデルだ。

2013-05-16

[]ブロードリーフの謎

最近のIPO株で、一番よくわからない株価の動きをしたのが3673ブロードリーフだった。

カーライル案件であり、公募売出価格が高く放出株数も多く、この地合いだが公募割れもあると思っていた。
http://ipo-striker.com/archives/51927310.html
http://www.carlyle.jp/news/jp/l5-news130322.html

3178チムニーのIPO価格@1000円は割高で、シンジケートカバーを突き抜けたあとずっと低迷。
先週、再上場から半年もたたずに自社株買いという微妙な株価維持政策でやっと1000円を抜けた。

ブロードリーフだが、東証一部で機関投資家の買いも多少は期待できチムニーよりはマシ。だけどやっぱりIPO価格割高でダメダメとの想定だったが、予想に反して謎の上昇を続けた。仕手筋でも入っているか。
もやもやしてたら、本尊はなんと日本生命だった
(下記リンクの4月5日)
http://www.traders.co.jp/ipo_info/report/report_bn.asp?BN=201304&SID=%3Cb
そりゃJPMとあわせて3割近い株が固定化されれば需給は良くなるだろう。東証の浮動株係数は高いままだからパッシブもそれなりに買うし。

JPMザ・ジャパン*1はこの相場で何度も日経新聞に取り上げている今や知らぬ人はいない仕手筋のような投信で、ブロードリーフを10%弱まで買うのは不思議でない。しかし日生が17%も持ったのは驚愕だ
大量保有報告書*2を見てまた驚いた。セカンダリでなく、売出株を日生本体で1.75%、ニッセイアセットの投資顧問の運用勘定*3で2.38%も引き受けたのち、上場初日に大量に買い上げる、上品とはいえない買い方だ。
「より獲り実獲り」(誤変換ではない)*4の運用レポート*5の2ページ目の保有銘柄上位、三菱UFJFG、トヨタ、NTTといったTOPIXパッシブファンドのような銘柄のなかに、ぽつんとブロードリーフは異様だ。

ブロードリーフの株価はバリエーションで割安とはとても言えない。なにかの政治的理由でプライマリーで引き受けて、そのままずるずるとセカンダリーで買っているのか。謎だ。
ここ数日は乱高下だが、高値で売り始めたJPMに代わってブラックロックが名乗りを上げた。これからも注目だ。

*1http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=1999121502

*2http://toushi.kankei.me/docs/pdf/S000D5OI

*3:大量保有報告書の保有区分が2号

*4http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=200007280C

*5:2013年4月がリンク切れになったので、5月のものを添付NAM201305yoridori.pdf 直

2013-05-15

少子化対策2


ちきりんの少子化対策に対する問題意識、結婚制度に向かったか。なのだが、
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130514

巡回先のブログで結構とりあげられていた。
フランスは半分が婚外子ということは知っていたが、その理由までは正しく認識していなかった。同棲を選んでいるのではなく、結婚が手続き面で諸外国にくらべてとても大変というのが一番の理由。
http://fban.blog9.fc2.com/blog-entry-11.html
http://norihara.livedoor.biz/archives/51935648.html
権利義務にものすごい変化がある結婚が紙一枚でできるより、合理的かもしれない。就労目的の偽装結婚などが防げる。同棲−結婚とステップを踏むのもいい。少子化問題と関係なく、なんだかフランスの婚姻制度が理想的に見えてきた。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/05/post-a02b.html

2013-05-14

[]インパクト工法

WBSの「技あり!」は毎回楽しみだが、昨日のインパクト工法はすごかった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/wazaari/
http://www.fujikawa-metal.com/technical/
急激な圧力で均等な厚さになるとは

2013-05-13

少子化対策

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130512

こちらに書いたように私の提案は、「女性だけに女性手帳を配る」のではなく、『男女とも、高3か大学で教える」です。ただし、「男女のどちらかにしか配る予算がない」とでもいうなら、男性に配ったほうがいいと思います。

確かに。

2013-05-12

[]母娘の囲碁


5月12日の囲碁フォーカス特集
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/igofocus/05.cgi

かつて父親に押し付けられて囲碁から一時離れた母親と8歳の娘。自分の経験から、娘に囲碁を直接教えず、対局することすら一切無いという母娘。
娘が実に楽しそうに打ち、母親と参加した全日本女流アマ選手権で、3連敗してもあっけらかんとしているのが印象的だった。
押し付けていいことはなにもない。

昨年の大沢姉妹のアマチュアの妹(姉はプロ棋士)の特集もよかった。
http://ameblo.jp/rintun/entry-11413141848.html

NHKの将棋囲碁はプロ公式戦の解説もなくなり初心者におもねる番組作りがいただけないが、たまに侮れない。

2013-05-11

加藤一二三論

http://honz.jp/25709

慌ててyoutubeで見た。将棋ファンにとっては新しい話はないのだが、桐谷広人に次いでテレビがいじり始めたのか。
角川も悪ノリが過ぎる。一年前に棋書でなく一般向けの著書を出したばかりなのに、また出すとは。

2013-05-10

[]今のマーケットとどう向き合うか

http://paris-texas.seesaa.net/article/360329824.html
なにか引用をと選ぼうとしても結局全部になっちゃうのだが。
投資をする人は、五月氏とぱりてきさす氏の言動はウォッチすべきだ。数年前まではビン底メガネ野郎だった私が言うのもなんだが。

アベノミクス花盛りで景気の良い話があちこちから聞こえてくるけど、アベノミクスってつまるところリスクを取らない者からリスクを取る者への資本移転推進策なんだろね(これレバ礼賛みたいな話じゃないからね)。

世の中が変化していく局面というのは「秩序→カオス→新秩序」って変化していくと思うんだけど、秩序が崩壊してカオス状態のときに次の新しい秩序を予想してその新秩序においてどうすればポールポジションを取ることができるかということをみんな真剣に考えているんだよね。

僕も前回の小泉バブルのときに自分はまったく乗れないのに周りの人間がクソ儲けしているのを見て毎日お風呂で泣いていたんだけども、そのときの悔しさがあればこそ、その後の糞相場でもがんばり続けられたんだよね。小泉バブルの時に上手に乗ることはできなかったけれども、そのときの熱狂相場を経験していたからこそ、今回の相場に上手く対応できているのだと思う。いわば10年越しの勝利なんだよ。

大切なことは腐らずに続けること。相場におけるめんどくさいこと、辛いこと、苦しいこと、そういうことを全部引き受けること。ほとんどすべての人間はこれを続けられないんだよ。
続けるだけでほとんどの人間をごぼう抜きにできちゃうんだよ。これこそが不朽の投資手法なんだと思うよ。なんだかしみったれた話になっちゃったけど、株はどこまでも辛いんだって。

私は20年近く業界にいるが、こういうことを意識するようになったのは昨年からだ。

若い人は最初が大事かもしれない。
http://d.hatena.ne.jp/ky1ky1/20120427/1335528000