人間万事塞翁が馬

レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」

2003 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2004年7月13日 (火)

リンク元の表示停止

はてなダイアリーコメントページ、編集ページのリンク元表示を一時的に停止された。どこから、ここに辿りついたか見るのが楽しみだったのだが残念だ。今後の改善作業に期待したい。

[]スラバヤ殿下(1955/日活)

ポレポレ東中野で『スラバヤ殿下』(佐藤監督)を鑑賞する。元来の上映スケジュールでは、有島武郎原作の『或る女』(1954/大映/豊田四郎)を上映する予定だったが、フィルムセンター*1が貸し渋った為に、『スラバヤ殿下』に番組変更となっていた。京マチ子、若尾文子を観にきたはずが、なんと森繁久彌コメディーを観ることになるとは、かなりのギャップだ。でも、受付で招待券を頂いたのでよかったことにしよう。

本作は森繁久彌が一人二役の大活躍。ショーのシーンでは、黒塗りの顔と南方風衣装で歌って踊っての芸達者ぶりを披露している。三木のり平との謎の外国語での掛け合いは一見の価値あり。これはタモリの芸の源流だろうか。1954年第五福竜丸の事故をも貪欲に映画に取り入れたナンセンスコメディの隠れた快作。とにかくサービス満点。

Connection: close