Hatena::ブログ(Diary)

ポー記 Twitter

2009-09-08 卒業〜FRIENDS

武道館にて

長渕剛アリーナツアー「FRIENDS」武道館公演にいってきました・・・

 思えば何度もチャンスがあったはず。18歳で東京にはじめてきて、4年間群馬にいて、22歳で東京に住みだして今日まで。33歳の今日まで、15年間のチャンスがあった。

 小学生低学年くらいの時に、アルバム「LISENCE」を聴き、父ちゃんのカセットレコーダー(シングル)を借りて聴きまくった。4年生の時にはじめて買ってもらったダブルデッキのラジカセ。同じ長渕好きの友人谷くんに、持ってない長渕のテープ借りてダビングして、更に聴いた。

尾崎豊も大江千里もビートたけしも同じ時期に聞いたんだけど、長渕剛「LISENCE」に勝るものは無かった。その後聴いたアルバム「NEVER CHANGE」も良かった。

 その後、ドラマ「とんぼ」アルバム「JAPAN」を経て、長渕剛のコンサートは熱狂的なファンによる凄い世界観に傾倒していった、という印象を受けていた。

そんな中、ボクはガラスの十代をHARD CORE PUNKに傾倒していった。

 ボクの長渕剛への想いは変わらず、ずっと新作を聴いてきた。たしかにそれぞれに感動があった。でも、ボクが歩いてきた道すじそのものとは、少しだけずれてきていたのかもしれない。

本質を残してかわらぬ素晴らしさを追求するより、新しい世界観を求めて変化を求める自分を感じていた。

業界用のメルマガで執筆をお願いされた時、長渕剛に影響を受けたことを書いた。そしたらそれを見たある長渕剛関係者の方から、嬉しい贈り物をいただいた。それは、ボクが長渕剛に触れるべき最大のチャンス「桜島」に関するものだった。物凄く嬉しかった。しかし、ボクはそれを手にする資格があるのだろうか、と自問自答さえもした。

 巡り巡って今日、ついに長渕剛のアリーナコンサートツアー「FRIENDS」に武道館へきた。

長渕剛53歳のこれまでの道すじが、コンサート全体に目撃できるはずである。

 九段下の駅をでると、道にはたくさんの長渕剛がいた。皆、露店の長渕グッズショップをみたり、テキヤの焼きそばとビールで開場をまっている。長渕剛達のストリートライブも敢行されていた。(なんでも長渕剛コンサートは、ギターを預かってくれるところまであるらしい)

早速ひるんだボクは、来た道を引き返し大好きなさくら水産を発見したので入った。負けないように景気付けしていこうと思った。甘かった。さくら水産も17:00過ぎだというのに、たくさんの長渕剛達で超満員だった。負けずにボクもさくら水産で唄った。そのうち、同行する平野さんと合流。

少しだけ勇気が出たボクは、ついに武道館へ。会場にはいると、もの凄い「ツヨシ」コールだ。日の丸国旗や幾つかの旗も振られている。大きいものから小さいものまで様々だ。

観客である長渕剛達の熱気は、開演前から最高潮だ。スゴイ。さくら水産で勇気づけてきて、本当に良かった。

スタート時間より7分押しで、客電が落ちた。すごい照明が長渕剛を照らしている。1曲目は「SAMURAI」。

オイ!オイ!と観客達の叫びがスゴイ!隣のオバちゃんが日の丸の旗を凄い勢いで振っている。 コーラスのお姉さんの振り付けがヤバスギル。剛は当たり前のようにギラツキまくっている。赤いスパンコール付き?のシャツが映えている。

わかっちゃいたけど、本当にスゴイ世界観だ。早速押しつぶされそうになるが、ボクはココロを無にして叫んだ・・・

「オイ!オイ!オイ!ハッ!ニッポン!!」

ボクは・・・ 長渕剛達とひとつになった。

コンサートは、「とんぼ」「激愛」等のヒット曲も唄ってくれて剛のサービス精神を感じた。会場は完全に一体になっていた。ボクもその中のひとつになっていた。間違いない。

さくら水産でつけた勇気が、時間とともにだんだんひいてきた。ボクはそれと比例するかのように、何とも言えない感慨深い気持ちになった。10歳くらいで長渕剛の唄に出会い、33歳で長渕剛の真の現場にようやくきた。でも、この時間は間違っちゃいなかった。自分自身の価値観、わからない、決められない、迷い、そんな時がつづいてきた。少しだけ、ようやく見えてきた自分自身の価値観。本当に最近のことなんだ。このスゴイ世界観にかつての迷ってばかりのボクが、真正面から立ち向かっていったなら、もしかしたらボクは、会場で長渕剛になれなかったかもしれない。共有できる部分なんて、少しでもあればいいんだ。全て一緒なんて、最初から到底難しい話しだし、ボクのひねくれた感覚は、ようやく今日、長渕剛になれた。そんな気がする。

剛がMCで「みんながいたから」と言っていた。53歳の剛が言った。本当にずっしり重い。だからこそ会場はみんな長渕剛になれるんだろう。

いや〜、本当にスゴイコンサートだったなぁ、と思いました。

TSUYOSHI NAGABUCHI ARENA TOUR2009【FRIENDS】

9月8日(火)@日本武道館

開演18:37

01 SAMURAI

02 青春

03 とんぼ

04 桜

05 卒業

06 BlueJeans

07 君のそばに

〜即興弾き語り〜仮「For you」

08 かましたれ!(弾き語り)

09 激愛(弾き語り)

10 俺らの家まで

11 西新宿の親父の唄

12 東京

13 GO STRAIGHT

14 勇次

15 蝉-semi-

本編終了20:37

EN-1

16 Jungle Gym

17 情熱

18 Rainbow

19 FRIENDS

終演21:13陰アナ遮り登場!

EN-2

20 Long Long Time ago

終演21:20

f:id:kyoheiviolence:20090908172106j:image

開場前の九段下は、人でごった返していた。長渕剛グッズショップがアツイ。

f:id:kyoheiviolence:20090908172109j:image

うちわとタオル、ブロマイドなどを売っていました。

f:id:kyoheiviolence:20090908172247j:image

(~o~)

f:id:kyoheiviolence:20090908173646j:image

さくら水産で、勇気をもらいました・・・

f:id:kyoheiviolence:20090908212726j:image

終演後、武道館前にて

f:id:kyoheiviolence:20090908220404j:image

終わってから、九段下の中華屋で軽く食事。ソース焼きそば950円。

博多華丸らしき人が店内にいました。思いっきり長渕剛のタンクトップ着てました。

お疲れ様でした・・・。

FRIENDS(初回限定盤)(DVD付)

FRIENDS(初回限定盤)(DVD付)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyoheiviolence/20090908/p1