Hatena::ブログ(Diary)

きょしゃーんの肉球

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 12 |
2010 | 04 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 | 08 | 10 | 12 |
2014 | 05 | 08 | 09 |

2014-09-17 「閃輝暗点」まとめ

f:id:kyopin:20130712174324j:image:w300チェシャ猫:描き人知らず

閃輝暗点と偏頭痛、アリス症候群についてのアクセスが増えていますので、まとめを上げておきます。


私の閃輝暗点

閃輝暗点(その1)

その2)カンディンスキー 

その3)ダリ

その4)ピカソ


閃輝暗展

閃輝暗展とでもしてみよう 

閃輝暗点っぽい蓋 

閃輝暗点っぽい映像 

悪夢系閃輝暗展 

猫の閃輝暗展 ミロ 

アリスだった頃 ミロ 

パウルクレーの暗点

偏頭痛持ちによる閃輝暗展 


閑話休題

眼が疲れたので 

脳腫瘍の死刑囚逝く 


サイケと閃輝暗点

その1)ディズニーのアリス

その2)CREAM


閑話休題

白いバレンタインデー 

雪目 

岡本太郎 


閃輝暗展

シャガール 

同心円 

ゴッホ 

カンディンスキーと青騎士展 


閑話休題

平和公園(虹の塔) 

観音様のような雲 

河童忌 


不思議の国のアリス症候群

その1)ディズニーのアリス 

その2)Cream 


閑話休題

私はチッカーウォッチャー 

新年早々アリス発動? 

わが赴くは星の海原 


閃輝暗展 音楽編

ラヴェル:ボレロ

ラヴェル:組曲『鏡』より「悲しき鳥」

ラヴェル:組曲『鏡』より「蛾」「海原の小舟」

ラヴェル:組曲『鏡』より「道化師の朝の歌」

ラヴェル:組曲『鏡』より「鐘の谷」

ワグナーの偏頭痛音楽

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20140917

2014-08-09 長崎忌

69年前、共に16歳だった父母は、また、その親姉妹たちは、どんな思いでこの夜を過ごしていたのだろう。姉の一人はもう亡くなっていたのだろうか。その夜が明けることを知っていたのだろうか。その時のことを私は聞かされていない。

「神様は綺麗か娘から順番に連れて行きなさるとねぇ」と、誰かが言ったとか。残った母たちは綺麗でなくて良かったのか、悪かったのか、その後生きている間中、その悪夢から逃げられなかったのは間違いない。

生き地獄にもいつもどおりお陽様が出て、6日目の朝、終戦を迎えた時は歓喜したという。終わった、これで終わった、もう空襲も原爆もない、と。上陸してきた米兵に蹂躙されるのを恐れて山に逃げたりもしたがが、そのような事はなく、いろいろ良くしてもらったという。


f:id:kyopin:20130810004726j:image:w500


昭和33年、爆心地付近の浦上天主堂が建て替えられることになり廃墟が取り壊されてしまった。壁面の一部と、一緒に被曝した聖母マリアや聖ヨハネや使徒たちは残されたが、もう、その時の姿のままではない。


f:id:kyopin:20140710235711j:image:w500


f:id:kyopin:20140710234853j:image:w500


なぜ残せなかったのか。西洋人にとっては広島の原爆ドームより説得力の強い遺跡になったはずだ。長崎の大失態ではないか。良くしてくれたキリスト教の国アメリカへの気遣いだったのか、または大きな圧力が有ったのか。


今年の、長崎市長の平和宣言はひときわ素晴らしかった。この先もずっとずっと、大きな力に負けない強い長崎市長を選出して欲しい。



生き延びて、巡りあって、私を産んで育ててくれた父母に今年もまた感謝する。

f:id:kyopin:20140710235408j:image:w500


f:id:kyopin:20140710235355j:image

takarentakaren 2014/08/10 16:09 8月は毎年終戦にまつわる記念が思い出されるけども、このセピア色のお写真はいいですね(´・ω・`)

shoseshose 2014/08/10 17:52 爆心地の浦上天主堂 残すべきでしたね。
(凄い写真ですね。ものすごく説得力のある写真。)
どんなにむごたらしいことをしたのか、
西洋人自身が深く知るために。

kyopinkyopin 2014/08/10 18:33 レンさん>セピア色をモノクロに補正することはできますけど、このままがいいかなって。

kyopinkyopin 2014/08/10 18:34 祥さん>ほんと、残すべきでした。それについて本も出ています。色々、事情や思惑や圧力やらあったのでしょうねぇ。http://ddnavi.com/review/155916/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20140809

2014-05-18 薔薇見してきました

f:id:kyopin:20140518140404j:image


f:id:kyopin:20140518141214j:image

春日井市にある王子製紙の社宅バラ園です。何千坪?とかの単位かしら、もっとかしら?くらい広い社宅の敷地の一角です。春は桜の園でもあります。なんという環境!とっても羨ましい。


f:id:kyopin:20140518140832j:image


f:id:kyopin:20140518140853j:image


定番のよく見る薔薇から、初めて見るような変わったもの、オールドローズもハイブリットティも、蔓仕立ても、不思議の国のトランプたちが色を塗ってそうなスタンダード仕立ても、原種であろう野ばらまで多種多彩。


f:id:kyopin:20140518141512j:image:w575


f:id:kyopin:20140518141150j:image:w575


f:id:kyopin:20140518143111j:image:w575





花潜りさんたちもいっぱい居ました。でも、乙女より熟女のほうがお好みらしかったです。


f:id:kyopin:20140518230102j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20140518

2013-12-30 黒ちゃんとお別れしました

f:id:kyopin:20131127122802j:image

お気に入りの場所に、もう黒田くんはいません。

隻眼の黒猫、黒田六郎太が先月の27日に昇天しました。これ以上は無いくらい穏やかな最期でした。

黒ちゃんは最期の最期まで優しくて甘えっ子で、わたしの指を肉球で握ったまま逝きました。

'96年深夜の小牧、刈り入れの終わった田んぼの真っ暗闇から「タスケテー」って、しんさん@夫を呼んだ黒猫の右目は飛び出していました。しんさんの手のひらに乗っかって、見える片目で未来のオトーサンを見つめながら車に揺られて名古屋までやって来たのです。

次の朝、眼球摘出。そして我が家のコになりました。恐ろしい痛みだったでしょうに、麻酔が解けても彼はゴロゴロゴロゴロ喉を鳴らしていました。ポーちゃんにはちょっと畏れられ、みぃみぃには愛されて育ちました。

痛みを忘れる術を身につけたのか、片目のため遠近感がつかずに色んなところにぶつかるのですが平気でした。うっかり尻尾を踏まれても知らん顔。


もう、乾物置き場の扉を開いても「オカカチョーダイ」って来ません。私たちが外出するときも玄関で送ってくれません。帰宅しても「オカエリー」って言ってくれません。そんな生活にまだ慣れることが出来ないでいます。

でも、新しい年が来る前に、ネット上で、リアルで、黒ちゃんを可愛がってくださった方々にご報告しておきます。どうもありがとうございました。


三匹ともいなくなっちゃった。

f:id:kyopin:20131231012817j:image

shoseshose 2013/12/31 02:05 黒田くん さようなら。

ぱんだぱんだ 2014/04/14 13:55 お悔やみをお伝えするのが遅くなりました。
黒田さん、いつもお家に伺うとやさしく迎えてくれましたよね。
昨年もお会いした時、お膝に乗ってくれて、こねこねさせてもらったのを思い出します。
さみしいです。

kyopinkyopin 2014/04/14 14:52 祥さんも、ぱんだちゃんもありがとう。
チキンソテーもお刺身も、静かにゆっくりいただけるようになった食事の時間が、未だに悲しいです。ぱんだちゃんのお膝の上にもいっぱい乗せてもらいましたねぇ。ありがとうでした。そろそろ書かなくちゃねぇ、ここ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20131230

2013-12-28 ベランダ菜園1年目まとめ

輝石のような美味なる真冬のトマト。

f:id:kyopin:20131228113219j:image


冬のトマトは美味しくないと思ってたので、ほとんど買うことがなかったのですが、家で成ったトマトの美味しいこと!…って、親ばかみたいなものでしょうか。

今年は初めて野菜の栽培に挑戦しました。ハーブや香草くらいはちょこっと育てていましたが、野菜って生まれて初めてです。

きっかけは、ベランダの日除けにはいつも朝顔夜顔なのですが、それを胡瓜に変えてみたこと。そしたらビギナーズラックなのか大豊作で、しかも初めて知る美味しさで大感激でした。

【虫注意】カマキリさんが風に乗ってやって来たりもして。

f:id:kyopin:20130731095428j:image:w500


胡瓜が終わってからは遅まきながら、食したピーマンやフルーツトマトの種を取って蒔いてみたりして、それらもまた運良く根付いて美味しく実ってくれました。

ピーマンはこの秋は買わなくていいくらい実って、先ごろ終了しました。トマトはどんどん花が咲き実をつけるので、11月にビニールを掛けてやったらずっと元気です。

f:id:kyopin:20131105111509j:image


果たしてフルーツトマトなのかどうかは疑わしいですけど、病気にもならず虫もつかず、こんないい加減な防寒で熟していく強さは種にちゃんと受け継がれていたのでしょう。

f:id:kyopin:20131224110313j:image:w500

同じ種を保存してあるので、春になったらまた蒔いてみようと思います。

今は、リーフレタス類や小松菜、法蓮草、葱、クレソンやパセリなんかが元気に育ってます。

f:id:kyopin:20131227120542j:image


夏、緑色のでこっぱちに丸坊主にされた山椒は立派に復活して、ふたたび葉を落として冬ごもりです。でこっぱち君、来年も来るかしら?ちょっと待ってるよ…。

【虫注意】

f:id:kyopin:20130805122703j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20131228

2013-12-19 「木の舟」という名曲が有る

NHKみんなのうたで、現在放送されてる「七つの海」を観ると、マークの「木の船」を彷彿とします。

もし作者が「木の舟」を聴いたことのある人だったら良いな、なんて思います。もちろん、偶然の空似でも素敵だけれど。

このアニメをそのまま「木の舟」に合わせても違和感なさそうって思いながら観ました。


堀内護:木の舟('76)

D

この曲が収録されているアルバムタイトルの『六夢(りくむ)』という言葉から産まれたようなこの曲が大好きです。

このムービーは、そのイメージをいい感じに作ってあるなって(ヨットのカットは除く(~~;)、見つけた時から思ってました。


今日は、リビングの窓から外を見たら、いつもの目障りな何本もの電線に雀たちが止まっていて、我家の猫が手を出せないもどかしさに奥歯をギリギリ鳴らしていました。

私には、五線と音符のように見える珍しくない光景なのですが、なぜか写真撮ってみようかと思ってベランダに出てスマホを構えた途端、五羽のふくら雀たちが、上のムービーの始まりにも使われているオリオン座の上半身の並びになってくれました。


f:id:kyopin:20131219163218j:image


今夜は晴れるかしら?「七つの海」と「木の舟」を見聴きしたら、綺麗な星空を観たい気分です。

shoseshose 2013/12/23 17:16 いい曲ねぇ。

kyopinkyopin 2013/12/23 17:23 ええ、とっても。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20131219

2013-12-18 ワグナーの偏頭痛音楽

毎日毎日、興味深く楽しい話題を提供してくれるパルモ様のサイト、カラパイアに、

ワーグナーの有名な楽曲に隠されているテーマは偏頭痛だった(ドイツ研究)という記事が掲載されました。



西宮市立今津中学吹奏楽部の素晴らしい演奏!

D

この動機はたしかに脈動。それを伴う、そうとう重い頭痛のようです。(ゴジラも出てくる…)


いろいろ聴いてみようと思いますが、今は取り敢えずメモとして置いておきます。

ドイツの研究者さん、私のめっけたラヴェルの偏頭痛音楽も調べてください。。

2013-10-31 【閲覧注意】蛾だと思うのですが

f:id:kyopin:20131031110109j:image:w575

こぉんな、もこもこの羊雲の下、窓の手すりに妙な虫が。蛾だと思うのですけど、耳とひょっとこみたいな口があるの。



f:id:kyopin:20131030130810j:image:w575


左から

f:id:kyopin:20131030130953j:image:w575

真上から見るとカメムシっぽい

f:id:kyopin:20131030130821j:image:w575

拡大

f:id:kyopin:20131031170941j:image:w575


へんてこなの〜。なんか秋らしく、物思いに耽ってるみたいで可愛い。ミミズクガとでもしておこう。。でも、本名はなんというのかしら?ちょと気になるのであります。


追記:

まんまでした。ミミヅクカメムシ!

岐阜大学教育学部理科教育講座(地学)さん

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/05kamemushi/yokobai/mimizuku/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20131031

2013-10-30 うちの斑猫が

哀れであどけなかった長田チビラくん (こちらも)は、2歳半くらいになり、大猫に育ちました。そしてとうとう王の座(我が家で一番高い場所)に登り、モフをこれでもかと大きく膨らませ、あたりを睥睨しております。

f:id:kyopin:20131031144309j:image


いつもは黒田さんにくっついて甘えてばかりなのに。

f:id:kyopin:20130705095242j:image:w575


f:id:kyopin:20130723222854j:image:w575


f:id:kyopin:20131031145641j:image:w575




黒ちゃんが秋刀魚を食べ過ぎてちょっと体調を崩した隙にこの暴挙です。

f:id:kyopin:20131029122807j:image


私も実は、とうとうかと覚悟をしたのでした。この頃は箱や籠の中ばっかりですから…

f:id:kyopin:20131003130400j:image:w575


f:id:kyopin:20131029132606j:image:w500


チビさんはこう見えて案外やさしいです。少しずつ衰えていく黒田さんを虐めたりはしません。大抵はこうしてお腹を見せてだらだらと毎日を過ごしています。

f:id:kyopin:20131031150451j:image:w575


f:id:kyopin:20130809190917j:image:w575


f:id:kyopin:20130809213731j:image:w575

来客があれば、ずっと納戸で息を殺して隠れている、そんな気の小さい斑猫です。

2013-08-09 長崎忌

【グロ話注意】

f:id:kyopin:20130810012511j:image:w500

母です。この写真の12年前、十六歳の時に、爆心地から1.5kmあたりで被爆しました。そして運良く生き延びて私を産んでくれました。


先日、竹輪の天ぷらを揚げました。私はその天ぷらを随分大人になるまで知りませんでした。何故ならば、母はそれを揚げることが出来なかったからです。

私も母もまだ若かった頃、お弁当かなにかでその美味しさを知った私は家でさっそく揚げてみました。母は「それを観ると原爆を思い出す」と言いました。

地獄の火に焼かれて、まるで蒸発するように即死した人。真っ黒い炭になって亡くなった人。火膨れで皮膚が剥がれて彷徨いながら亡くなった人。

そして揚げ上がりの竹輪のように、ぷーっとまん丸く膨れ上がって死んでいった人。瓦礫のなかに腰を下ろし横たわることもできないその人達の皮膚は、プスプスとはじけて血や水のようなものを吹き出していたそうです。

そして川に入ったとたんにしゅ〜んと萎んで亡くなっていったのだそうです。

その様子が竹輪の天ぷらにそっくりだと、母は教えてくれたのでした。

話を聞いた後、私もしばらくは竹輪の天ぷらが苦手になりましたが、いつしかまた、美味しくいただけるようになりました。現金なものです。目の前の幸せが過去の惨事に勝るのです。みんな、忘れていくのです。


f:id:kyopin:20130810024337j:image:w575

これは、その日の母の視野かしら、それとも父かしら。真ん中にいるのは祖父と2歳の私です。平和祈念像の真似をして無邪気にふざけています。私はまだそのことを知らなくて、この像は力道山だと思っていました。



 子を産んでいいものかしらねぇあなた 閃光浴びた父母の青春 /京

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyopin/20130809