Hatena::ブログ(Diary)

教育学部・センター必勝法:偏差値ランキング

2008-10-24

教育学部のためのセンター試験攻略法

16:29

教育学部の入試の特徴として、入試科目が多いということがあります。

そのため、科目の選び方によって、有利不利が出やすいのです。

そこで、理科総合A/Bをうまく利用して、センター試験を乗り切る方法について説明します。

理科総合を選択する効果が大きいのは、次のような入試科目を課している大学です。

(1)「数・理から3科目」

  弘前大学(人文)

  岩手大学(人文社会)

  山形大学(人文)

  山形大学(地域教育文化)

  山形大学(看護

  茨城大学(人文)

  茨城大学(教育)

  群馬大学(教育)学校-教育(3)

  など

このパターンでは、数学IA,数学IIB,理科2科目の中から3つ選択することになります。

この中で、人文系、教育系の受験生にとって、点数をとるのが一番難しいのは、数学IIBです。

ですから、数学IIBをとらずに、代わりに理科を2科目選択するほうが、

得点を取りやすくなります。


(2)「数・理・歴・公から5科目」

  埼玉大学(教育)

  新潟大学(人文)

  新潟大学(教育)

  信州大学(教育)

  高知大学(教育)

  など

このパターンも、数学IA,数学IIB,社会2科目,理科2科目の中から

5科目選ぶわけですから、点数が一番とりにくい数学IIBを外して、

理科を2科目とるほうが有利です。

■文系受験生の理科選択

文系や教育系の受験生が理科2科目のとる場合、

 ●地学ー理科総合B

 ●生物ー理科総合A

 ●理科総合A-理科総合B

 ●地学−理科総合A−理科総合B(点数のよい2つをとる)


という組み合わせで選択している生徒が多いです。

Iを付した科目を2つとるというのは、文系・教育系の受験生にとっては、負担が大きいので、理科総合A/Bをからめて2つとる場合が多いです。

○理科総合A対策のおすすめ参考書

理科総合Aで唯一の本格的な参考書です。

著者のHPにもたくさんの情報があります。


○理科総合B対策のおすすめ問題集

問題数が多く、しっかり対策したい人向けの問題集です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyoshi08/20081024/1224833348