みんな教えてもらった このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008年02月18日

キナコタイフーン(渡辺ペコ/太田出版)

キナコタイフーン 1 (1) (Fx COMICS) (f×COMICS)


かなり劇的に自己チューな主人公(♀)なんだが、応援したくなってしまう。ちなみに帯のコピーは「望月キナコ、23歳、処女。AV監督やります!!」だ。それでも応援したくなっちゃうんですよ。


本作を一行で言えば、

職業に貴賎はないというのは真理であるが実感できるお話。(注:私的見解)


以下、ネタバレ。


自分が監督した映画で賞を獲ったキナコは、自作への資金源も確保でき、こだわりのおもむくまま次回作の作成に励む。…が、スケジュール、予算、スタッフとの軋轢etc...で散々な結果に。そこへ救世主・マコレー安倍川から「ポルノ映画を撮ってみませんか」と誘いがかかる。

迷ったものの、映画への情熱から未知の世界へ飛び込むことにしたキナコ。…が、免疫のない彼女にはキビシイ世界であった。それでも何とか作品を撮ったが…。


自分の仕事って何だ?

それは自己満足でしかないのでは?

ひとりで仕事しているわけじゃないぞ。

世の中、自分の思うとおりにはならないもの。

それでも……

いい仕事をしたい、できるようになりたい。


がむしゃらな頑張りようと情熱で爆走するキナコと、彼女の頼もしきストッパーでもある同僚たちの性春青春グラフティ…なんだそうだ。

仕事に対して誠実な人に悪い人間はいないよ。


キナコタイフーン 1 (1) (Fx COMICS)キナコタイフーン 1 (1) (Fx COMICS)
渡辺 ペコ

太田出版 2007-10-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyosuke_takeda/20080218/1203337799