京都産業大学体育会自転車競技部 練習日誌

2016-05-21

5月21日土曜日

天気 晴れ

メンバー 須堯さん、安田さん、樋口さん、松下さん、溝口、藤田

コース 大学〜京見峠〜花背峠〜大学

距離61km 時間2時間15分

今日は美山で大会があったので、美山は行かず花背峠に行きました。

調子が悪く京見峠では足がとても重く感じて途中で千切れてしまいました。

京見峠を下り、花背峠に向かう道もあまり先頭を牽かず、なるべくお尻の筋肉を使い楽に走れるように意識しました。

花背峠の前で樋口さんと須堯さんはもっと走りに行くためにそこで別れて、あとの4人で花背峠を登りにいきました。

花背峠では1分間のインターバル練習を5本しました。

アタックを意識してやろうと思いましたが、1本目からあまり踏めてなく、5本目にはフラフラになりながら登っていました。

今日は気温が高く、少し暑さにやられてしまっていたので、これから暑くなるので暑さにも慣れたいです。

明日は美山ロードなので積極的に走れるように心がけていきたいです。

1回生 藤田

2016-05-20

5月20日 金曜日

天気 晴れ




メンバー 間瀬さん、安田さん、樋口さん、佐藤さん、藤井さん、松下さん、藤田、溝口




コース 大学〜絵踏峠〜途中峠〜花折峠折り返し〜途中峠〜絵踏峠〜大学







今日は、最初から脚の踏む感覚が良く、絵踏峠は楽に登れました。

途中峠は少し脚にきましたが、いつもよりは疲れが少なかったです。そのまま花折峠を登りました。花折峠では、中間まではいつもより楽に登れていましたが、最終コーナーを曲がって勾配がきつくなったところで一気に脚が踏めなくなり、遅れてしまいました。




その後は、樋口さんと比叡山方面まで走りに行き、比叡山を登ってクリーンセンターを回って帰ってきました。

比叡山の登りでも、中盤まではペースで登れるのですが、終盤に脚が踏めなくなりました。

レースの中でも、登りを何度も登れる力が必要だと思います。いつもレースで千切れているのも登りなので、なんとか克服しようと思います。







1年生 溝口

2016-05-19

5月19日 木曜日

天気 晴れ

メンバー 須堯さん、間瀬さん、安田さん、樋口さん、松下さん、溝口、藤田

コース 大学〜江文峠〜途中峠〜花折峠〜途中峠〜クリーンセンター〜大学

距離45km

今日の練習はいつもよりも全体的にペースが速く感じました。

江文峠がかなり速く、最近体調を崩してしまい、体力が落ちていたので着いていくので精一杯でした。

途中峠では自分のリズムで登りたいと考えていたので、ほとんどアウターで登っていけました。

いつもならインナーギアにしないと登れなかったのですが、今日アウターで登れたので疲れが少しとれたのかなと考えながら花折峠に突入し、途中から須堯さんがアタックし、自分が先頭で追いかけ、追いつきましたがその後先頭交代したときにペースが上がり千切れてしまいました。

いつも勝負所で千切れてしまっているので、キツいときにでも千切れないようにメンタルを強くしていきたいです。

途中を下り、クリーンセンターでダッシュをし、大学に帰りました。

1回生 藤田

2016-05-18

5月18日 水曜日

天気 晴れ




メンバー 間瀬さん、須堯さん、星野さん、安田さん、樋口さん、松下さん、溝口




コース

大学〜京見峠〜サンダイコー〜深見峠〜九鬼ヶ坂5周回〜神楽坂〜栗尾峠〜京見峠〜大学










今日は、ワイズロードの星野さんも参加して下さいました。

部内で体調不良者が多く、人数は少なかったです。




今週末に行われる美山ロードレース練習も兼ねて、九鬼ヶ坂の周回コースを5周する練習コースでした。




京見峠はゆっくりと登り、サンダイコーからフラット美山までも特にメニューはなく走りました。

周回コースに着き、最初の1周は流して走り、2周目からペースを上げて周回しました。ペースが上がると、安田さんと樋口さんと星野さんと僕の4人になり、登りはペースで登って平坦を楕円ローテで走る事になりました。

3周目まではよかったですが、4周目の登りで脚の力がなくなり、千切れてしまいました。

その後は、栗尾峠と京見峠を越えて大学に帰ってきました。




美山ロード本番は7周ですが、後半の登りがどこまで耐えられるかが勝負になると思うので、しっかりと登れるように頑張りたいと思います。




1年生 溝口

2016-05-17

5月17日 火曜日

天気 晴れ




メンバー 間瀬さん、樋口さん、安田さん、佐藤さん、藤井さん、松下さん、溝口




コース

大学〜江文峠〜途中峠〜花折峠折り返し〜途中峠〜江文峠〜クリーンセンター〜大学







今日は修善寺カップ明けの練習でした。身体には疲労が溜まってるだろうなと思っていましたが、江文峠を登っても疲れはあまり感じませんでした。




しかし、途中峠前で樋口さんがペースアップし、登りきるころには集団から千切れてしまいました。脚の回復は早いように感じましたが、長い登りでは疲れて付いていけない事がわかりました。




帰りはクリーンセンターを回り、スプリント練習をして大学まで帰りました。

登りなどでも最後までしっかりついていけるように、筋持久力をつけることが課題です。

もっと乗り込みたいと思います。




回生 溝口