Hatena::ブログ(Diary)

京都脱原発弁護団ブログ

2015-01-01

トップページ

 福島で起きた東京電力の原発事故で、原発の危険性が改めて明らかになりました。しかし、政府と関西電力は福島の事故の原因も、被害の実態も明らかになっていないのに、大飯原発3、4号機を再稼働しました。
 私たちは、この度、京都脱原発弁護団を結成し、すべての原発の危険性を警告してその運転を差し止めるため、国や関西電力が隠している情報を訴訟の場で公開させ、責任を追及するために、まず第一歩として2012年11月29日に大飯原発(1〜4号機)の差止等請求訴訟の第一陣を1107名で提起しました。さらに2013年12月3日に第二陣を856名で提訴をとなりました。合計で2000名近い大原告団となっています。今後も追加提訴していく予定ですので、よろしくお願いいたします。

 第三回口頭弁論期日が2014年2月19日(水)に指定されました。当日の行動提起の詳細は下記の通りです。お誘い合わせの上、ご参加頂きますよう、お願い申し上げます。

おしらせ1

 2014年2月19日の第三回口頭弁論期日の行動提起はこちらをクリックして下さい。


おしらせ2

 現在までに提出されている書面の一覧はこちらをクリックして下さい。