Hatena::ブログ(Diary)

尚書省 三國志部

2017-05-07

宮城谷昌光『三国志読本』(2017年5月10日)

2014年5月16日(金)に文藝春秋社より発売された宮城谷昌光三国志読本』の単行本が、2017年5月10日(水)に文庫本が766円(税込み)で発売される。

文春文庫三国志読本』宮城谷昌光 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167908560

上記ページより本書の紹介文を引用する。

宮城谷昌光ワールドの最適の教科書
三国志」をはじめ、中国歴史小説を書き続けてきた著者が、自らの創作の秘密を語り尽くした一冊。白川静水上勉らとの対談も収録。


どうやら加筆修正されていないように伺えるため、内容は単行本と同様のものになっている。
収録内容は以下の通りだ。

歴史小説の生まれる場所」
 インタビュー「私の『歴史小説』」再録
自作解説 「三国志の世界」
 「三国志の沃野に挑む」
 「曹操劉備三国志の世界」
 「三国志の世界」
 「『三国志』歴史に何を学ぶのか」
対談 「歴史小説を語る」
 水上勉「歴史と小説が出会うところ」
 井上ひさし歴史小説の沃野、時代小説の滋味」
 宮部みゆき「『言葉』の生まれる場所」
 吉川晃司「我々が中国史に辿り着くまで」
 江夏豊司馬遼太郎真剣勝負
 五木寛之「乱世を生きるということ」
講義&対談「中国古代史の魅力」
中国古代史入門」
 白川静「日本人が忘れたもうひとつの教養」
 平岩外四「逆風の中の指導者論」
 藤原正彦「英語より『論語』を」
 秋山駿春秋時代から戦国時代へ」
 マイケル・レドモンド「碁盤上に宇宙がみえる」
 「項羽と劉邦、激動の時代」
付記
 『三国志』をより深く楽しむための本
 宮城谷昌光中国歴史作品の年代一覧
 特別随想「ふりかえること」
 対談者略歴
 宮城谷昌光出版年賦


三国志読本 (文春文庫)

三国志読本 (文春文庫)

三国志外伝 (文春文庫 み 19-35)

三国志外伝 (文春文庫 み 19-35)

合本 三国志【文春e-Books】

合本 三国志【文春e-Books】

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/20170507/1494117660