きりなの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

    
プロフィール

kyrina

kyrina はてなダイアリープラス利用中

雑多な日記です。

日記の検索

人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 現在kyrinaが利用中のサービス きりなの本棚 kyrinaのアクセス数

2015-10-22

[][][]戦争の芽が育ってしまった。 戦争の芽が育ってしまった。を含むブックマーク 戦争の芽が育ってしまった。のブックマークコメント

ツイッターで「悪魔は同じ姿で現れない」との表現を読んだ。

そこで引用されているのが、このブログだ。

参議院選挙を前に・・・: 我が身の日常で支援を模索する

確かに大事(おおごと)である。

ふと頭をよぎるものがあった。


24節 イエスは、また別のたとえを彼らに示して言われた。「天の御国は、こういう人にたとえることができます。ある人が自分の畑に良い種を蒔いた。

25節 ところが、人々の眠っている間に、彼の敵が来て麦の中に毒麦を蒔いて行った。

26節 麦が芽ばえ、やがて実ったとき、毒麦も現れた。

27節 それで、その家の主人のしもべたちが来て言った。『ご主人。畑には良い麦を蒔かれたのではありませんか。どうして毒麦が出たのでしょう。』

28節 主人は言った。『敵のやったことです。』すると、しもべたちは言った。『では、私たちが行ってそれを抜き集めましょうか。』

29節 だが、主人は言った。『いやいや。毒麦を抜き集めるうちに、麦もいっしょに抜き取るかもしれない。

30節 だから、収穫まで、両方とも育つままにしておきなさい。収穫の時期になったら、私は刈る人たちに、まず、毒麦を集め、焼くために束にしなさい。麦のほうは、集めて私の倉に納めなさい、と言いましょう。』」


マタイ福音書13章24〜30節

ある意味、この通りに、毒麦が芽を出し、その種を実らせるまでになった、戦争の種を。

今こそ、大きく育った「民主主義」と「毒麦」を合わせて収穫し、より分けて、毒麦を燃やし尽くすとき。そんな気がする。

70年前の敗戦は、大きな転機だったが、それでも充分ではなかったのだ。

これから先の一歩が、将来を決めるのでしょう。

しかし、今、明確に本当の民主主義日本で目覚めようとしているのを感じる。昨年までとは、同じ行動をしていても、話しかけていても、反応が違うのだ。

その手応えを実感しつつ、ただ、歩もう。

岩ちゃん岩ちゃん 2015/10/22 07:50 トラックバックありがとうございます。
収穫の時に「毒麦」か否かを見極める目と仲間を持ち続けたいですね。

kyrinakyrina 2015/10/22 12:47 コメントありがとうございます。
本当によく見極めていかないと行けませんね。

kyrinakyrina 2015/10/22 12:47 コメントありがとうございます。
本当によく見極めていかないと行けませんね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kyrina/20151022/p1