Hatena::ブログ(Diary)

吉祥寺のそらの日記

2018-05-13

感染

ウォーキングデッドといい、この作品も

ゾンビ映画、ドラマを観てて思った事が、

燃やす事、火葬は、タブーみたい。

遺体が、ゴロゴロ転がってる景色が、あるって

日本では、火葬にするのが当たり前なので

いつも不思議に思ってた。

スターウォーズビッグ・リボウスキーでも火葬にしたり

遺灰を撒くシーンがあるって事は米国でも地域や宗教によっては

火葬にする所があるって事なんだろうに、

この状況なら燃やしてしまった方が、一番簡単でベストだと思われるが、

それをしない。


ゾンビ映画、ドラマは、遣り尽くしちゃった感があって、

その作品によってゾンビのルールが、変わちゃう。

走れたり、道具を使えたり、もうほぼなんでもありになって来た。

2018-05-04

ウォーキング・デッド

地上波で放送した分のみ鑑賞。


主人公が目を覚ますと皆ゾンビ

生き延びてる親子に助けられ事情を知り、

家族を捜す旅に。


銃火器を持ってそれぞれがグループを作り、

物資や女性の取り合い。


この展開って世紀末系の定番になってるみたい。

亡くなった遺体をゾンビにさせない為に火葬にするのだが、

反対するのが韓国人って。

韓国は、火葬じゃないのかな?

ま、日本人だったら反対しないんで話が盛り上がらないだろうな。

2018-03-11

ライフ

雑誌ライフに勤める男の話ではない。

隕石にくっついていた有機体を調査すると人間を攻撃する有機体だった。

って、どこにでもある話。

隔離してあるけど、助けに行く馬鹿が、出てきて

取り憑かれたなら自ら犠牲になって他への

被害を抑えるよう、その場を離れればいい話だが離れない。

ラストは、自ら犠牲になるけど

やっぱり・・・でしょうね。の結末。

こういうの初見の人用です。

2018-01-22

メッセージ

ガサガサガサと耳障りの音、女の子の声。

ワザと耳にうるさく聞こえるようにしてある。

主人公が過去を振り返る時だとわかる。

過去がいつの間にか未来の映像になっている。

未来から解決を教えてもらう不思議。


しかし、3000年後になにがあるんだ?

2018-01-16

ラ・ラ・ランド

彼の前に付き合っていた彼の事も彼と別れた後の彼、現亭主の事も

パッと出て、ほぼ語られない。

趣味が同じで話が合うのに夢の為に

現実(自分の趣味とは違うが仕事と割り切る)に生きようとした

彼を一緒に居ないとイヤとか、

5年後には、信じられないくらい裕福な暮らしをしてる。

彼女にとって彼は通過点でしかなかったのか。

彼の夢の為に一緒にお金を貯めるとか

寂しくても耐える昔の女性とは明らかに違う。

これが『今』なんだろうな。