源にふれろ

2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 03 | 04 |

2004-09-20 dinner rush

『1998-2004 / ゆらゆら帝国』

この数日は慌ただしかったです。そして、やたら食べてばかりいた。

まずは、あの鉄人坂井氏に勝ったシェフがいるというフランス料理店(雰囲気はとてもカジュアル)で、2時間半ぐらいかけて自分でもちょっと食べ過ぎかなというぐらいの食事。山羊のチーズのサラダに始まり、ホロホロ鳥のロースト、ムール貝のスープ煮、香草タップリのエスカルゴ、スズキのソテー、和牛ステーキなどなど。もうデザートも注文できないぐらいお腹いっぱい。ここは友人のおごりだったから一体いくらだったかはわかりません(^^ゞ


翌日はその友人に誘われて、最終の新幹線で長野県上田市の山奥へ渓流釣りに。行き先も宿も出発直前に決めるというアバウトさ。ちなみに私は釣りに関してはまったくの素人だったりします。まぁ、一応海辺の街で育ったたりはしてるので魚の扱いには慣れてるんつもりなんですが。

上田に到着したのはもう深夜近く。ホテルにチェックインを済ませてすぐ寝ればいいものを、早速街に出て(真っ暗だけど)地元のラーメンを食べる。東京を出る前に友人の事務所で出前の寿司を平らげてたので、別にお腹は空いてなかったけど旅の勢いってヤツですかね。

で、そのままほとんで寝ないで早朝5時過ぎに釣りに出発。駅前からタクシーで30〜40分ほどで真田町付近の川岸に到着。友人はここで釣りをするのは7度目ぐらいらしいけど、初めての私にはどこなのかよくわかりません。ただの山奥にしか見えないし(笑)。

まだ平日だったせいか道路沿いのなだらかな川には誰もいず、そこで友人から簡単な渓流釣りのレクチャーを受けてしばし練習に励む。ここでも標高500メートル以上あるみたいだけど魚の気配はまったくなし。渓流釣りって川の中に入ったりするので目の前に魚が見えるんですよね。


そこから山の上の源流へ向かって川をひたすら上って行く。途中、熊に注意のカンバンなども発見。そういう場所みたい。結局、初めての経験ながら夕方までに5匹の岩魚を釣り上げました。釣りをしてる時以外は、流れも結構激しくてゴツイ岩の転がってる川の中や、鬱蒼とした山の中をずっと歩きっぱなしで、予想してたよりもハードなのねって感じてたけど、どうやら友人が私なら平気だろうってことで、行ったことのない行程を選んだらしい。「俺たちゃ自衛隊かよ」ってツッコミでも入れたくなるような、やたらと起伏の激しい獣道を転び落ちそうになりながら通って行ったし。肩に食い込み重いリュックを背負い、真横に伸びるて木々を避けるようにほふく前進してましたよ、ほんと。途中誰一人他の釣り人(それ以外の人にも)に出会わなかったので変だなとは思ってたんですが。でも、川の流れる音と虫の声しかしない森の中で過ごす時間は貴重な体験でした。

釣り上げた岩魚はナイフを使って川辺でさばき、持ち帰って食べましたが臭みもなくて旨かった。娘は「また釣ってきてよ。あたしは食べるのだけでいいから」と言ってましたけどね。


結局2日間も滞在してしまったけど、釣りをしてる以外は食事をしてばかりいたような気がします。いや、間違いなく食べてました(笑)。なかでも、上田の住宅街にある「かぶらや」という鶏料理屋で食べた鶏づくしはなかなかでした。串焼き、とりわさ、鴨刺し、手羽餃子、鍋、さらに新鮮な生のささみを使ったささ寿司は初めてでしたが、さっぱりとした中にもコクがあってよかった。ほとんどトロに近い食感です。

普段は粗食なので、こういうのもたまにはいいなかとは思うけど、さすがにこの数日間はちょっと食べ過ぎましたね。反省。やはり自分にはドトールとかモスバーガーのほうがあってるような気がします。

[] ゆらゆら帝国 [amazon] JP

『1998-2004 / ゆらゆら帝国

帯に「FOR BIGINERS & MANIACS!!」(BIGINNERSのスペルが違ってるよ(^_^;)と書かれた2枚組ベスト。DISC-1はファンにはお馴染み16曲が収録されており、1.グレープフルーツちょうだい、7.アイドルの2曲が新録に。ギター音色がかなり変わっていてライブに近い。なんだか艶かしいぞ。文字通り入門編としても最適だろう。

さてマニアックなDISC-2。こちらは過去にリリースされた楽曲の別テイク、別バージョン、さらに初のカヴァーなど9曲が入ってる。坂本氏の生々しい声とギターが別の生き物のように絡み合う2.グレープフルーツちょうだい(DISC-1のほうと聴き較べて欲しい)、そしてソロ・バージョンに変更、ボーカルが入れ替えられた4.恋がしたい、5.バンドをやってる友だち、6.ボーンズ、さらには一番の聴きモノといえるカーペンターズ(!)のカヴァー曲、9.イエスタデイ・ワンスモア。訳詞もオリジナルで、ぶっきらぼうだけど悲しげなボーカル。またまた登場の子供コーラス。「なんじゃこりゃ?」と思ってしまうようなバックの音。夢に出てきそうだ。本来はボーナスディスクの2枚目だけで完全なひとつの作品になってる。しかも、かなり強烈な。これで税込定価3,150円はかなりお得だと思うよ。うちの娘はこのアルバムBGM光文社文庫江戸川乱歩全集を読み耽ってました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/laaz/20040920
Connection: close