Hatena::ブログ(Diary)

とりあえずlabenekoの黒歴史を紹介します このページをアンテナに追加

2010-04-01

市名もしくは市名候補だったものから、致命的地名をピックアップしてみる

19:46 | 市名もしくは市名候補だったものから、致命的地名をピックアップしてみるを含むブックマーク 市名もしくは市名候補だったものから、致命的地名をピックアップしてみるのブックマークコメント

今日は相模原市政令指定都市になりました。

これでいよいよ市町村合併ブームも完全に収束した感じです。

今回、市町村合併をはたから見てきた私が、実現の有無に関わらず、致命的だなーと思う地名を致命的な順に、ピックアップしてまとめてみました。

致命度【低】一般的な瑞祥地名

複数の有力な町が合併するとき、名称の取り合いになることがよくあります。そういう時に、全く関係ない地名にすることで市名の争いを収束させることがあります。最初はなじまなくても徐々になじむ例も結構あるので一概に否定は出来ません。(例:北海道千歳市福岡県北九州市等)今回、沢山の瑞祥地名が誕生しましたが、その中で何が何だか分からない、致命的なものをいくつかピックアップしました。

■実現し、実在するもの

北海道大空町
山梨県中央市
愛媛県四国中央市
鹿児島県南九州市

■実現しなかったもの

千葉県太平洋市
熊本県九州
長野県ふるさと
北海道きらら

致命度【中】カタカナ、ひらがな地名

瑞祥地名も含む、なんで無理やりひらがなに…みたいな地名です。ひらがなの指名候補はたくさんあるので、存在するものの中から、なんか最後に(笑)がつけれそうなものをいくつかピックアップします。

秋田県にかほ市
埼玉県さいたま市
愛知県あま市
兵庫県たつの市
兵庫県南あわじ市
和歌山県みなべ町
福井県おおい町
高知県いの町
群馬県みどり市
栃木県さくら市
山梨県南アルプス市

■実現しなかったけれど

長野県中央アルプス市
秋田県なまはげ

致命度【高】DQN地名

実現はしなかったけれど、それはひどい的なものを合併協議会ごとに上げていきたいと思います。

能美郡広域行政事務連絡会(ゴジラ市、松井市)→能美市

能美郡根上町は松井秀喜の故郷。市民からも色んな意見が出ましたが、最終的には郡名で落ち着きました。

北但合併協議会(こうのとり市)→豊岡市

兵庫県豊岡市とその周辺5町の合併協議会の市名公募3位と6位(コウノトリ市)に上がりました。しかし、害鳥や、絶滅等の悪いイメージがあるため破談になりました。

天草上島4町合併推進協議会(天草シオマネキ市)→上天草市

こうのとり市と決定的に違うのは、「市民に公募した市名候補の1位だったこと」です。

グダグダしながらも、よく分からない内に上天草市という無難な名称に決まってしまい、良い意味で市民の声を聞かなかった例になりました。

鶴田町板柳町合併協議会(あっぷる市)

青森県の1万5000人前後の2つの町が合併協議会を開いて合併することになりました。

両方の意見は、

鶴田町「市庁舎の場所は板柳町にしたのだから、鶴田市にして欲しい」

板柳町「基幹産業のリンゴをシンボルにして、まちを活性化すべきだ。あっぷる市がいいと思う(キリッ」

と、まっぷたつに別れ、その後、自然解散となりました。理由は察してください。

美浜町南知多町合併協議会(南セントレア市

世間的にも有名になった、空港の愛称からとった地名です。

一般公募で名前すら上がらなかったものの、協議会側から突然提案されたもので、市民から猛反発を受け、合併自体が破談になりました。

個人的に、新市名アンケート6位の「遷都麗空市」もおすすめです!!


でもまあ、この辺までは、変な市名候補がありながらも、協議会でスルーや、猛反発を受けて決定しなかったものたちです。

ここからは、本当に協議会で決定してしまった、個人的にもオススメな致命的地名をご紹介します!

佐賀県西部一市三町合併協議会(武雄市と周辺3町)

新市名最終候補5点(武雄,嬉野,西九州,湯陶里,肥前)から、新市名に選ばれたのは、

湯陶里(ゆとり)市

でした。

その後、武雄市で湯陶里市の再検討を求める住民運動が発生し、合併協議会から離脱を表明。その後、残りの3町のうち2町だけで嬉野市が誕生しました!

伊奈町・谷和原村合併協議会

かの有名な、つくばみらい市です!!

もう、名前からも結構破壊力があるのに、さらに意味を考えると二重で来る平成の大合併が生み出した最強のお笑い地名だと考えます!

まず、つくば市があるように、つくばはこの周辺の地名であることは構わないのです。

その後に「みらい」がありますが、これは「未来」では無く、水海道(みつかいどう)市の「み」、谷和原(やわら)村の「ら」、伊奈(いな)町の「い」を取った合成地名だったのです!!

あれ?水海道市はどこに行ってしまったんでしょうね?

水海道市は途中までこの協議会にいて、この協議会を仕切っていましたが、途中で抜け出して常総市になりました!

まるでEFTAからECに逃げたイギリスのようです…

しかも谷和原村長は村長の交際費で議員賄賂を配ったり、伊奈町長に、「つくばみらい市」で了承するように強引に迫ったりと、このつくばみらい市を誕生させる為に人生を賭けて働いたらしいです…

市町村合併はドラマだなと思います!!