Hatena::ブログ(Diary)

labunix の ラボゆにっくす このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

 
labunix の ラボゆにっくす
labunix の ラボUnix(はてなブログ)
 | 

2013/06/28 ネットノートを購入。USB起動でWheezyインストーラを起動【下調べ編 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

■ネットノートを購入。USB起動でWheezyインストーラを起動【下調べ編】。
 今回はインストールではなく、起動のみです。

 V5-171-F58D/S スペック
 http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model-datasheet/NX.M3ASJ.004

■BIOSモードはUEFI、セキュアブート有効がデフォルト。
 ※BIOS画面でlegacy-BIOS、セキュアブート無効にすることが出来る。

 Debian 7.1 のインストール
 http://www.debian.org/releases/wheezy/debian-installer/

■UEFIのマルチブートについては以下。

 Unified Extensible Firmware Interface (日本語)
 https://wiki.archlinux.org/index.php/Unified_Extensible_Firmware_Interface_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E)

(抜粋)

 Windows のような制限は Linux カーネルには存在しませんが、
 使用するブートローダによっては制限が存在します。
 Windows UEFI ブートの手前、同じディスクから起動するときには
 使用する Linux ブートローダも UEFI-GPT モードでインストールしなくてはなりません。

 mac 以外の UEFI システムの場合、ファームウェアは x86_64 (または 64 ビット) UEFI 2.x です。

■たまに「IA64版が無い」というコメントを見ますが、amd64版かi386版です。
 インストールガイドを読めば大抵の不明点は解決します。
 amd64版は以下です。

 2.1. サポートするハードウェア
 http://www.debian.org/releases/stable/amd64/ch02s01.html.ja

 Debian GNU/Linux インストールガイド
 http://www.debian.org/releases/stable/amd64/index.html.ja

■無線LANドライバ(AR5BWB222)はWindowsのものを流用。
 Windows8でも少なくともDHCPオフの無線LAN AP環境ではまともに動いてないので、期待しない方が良い。
 Windows7用もダウンロードできるようにしておく。

 Squeezeに無線LANドライバを導入する
 http://d.hatena.ne.jp/labunix/20130302

 Drivers for Atheros AR5BWB222 and Windows 7
 http://www.atheros.cz/atheros-wireless-download.php?chipset=74&system=5

■ISOイメージをダウンロード。

$ wget "http://cdimage.debian.org/debian-cd/7.1.0/amd64/iso-cd/debian-7.1.0-amd64-xfce-CD-1.iso"

■MBR領域はisolinux。

$ dd if=debian-7.1.0-amd64-xfce-CD-1.iso bs=512 count=1 | hexdump -C
00000000  45 52 08 00 00 00 90 90  00 00 00 00 00 00 00 00  |ER..............|
00000010  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
00000020  33 ed fa 8e d5 bc 00 7c  fb fc 66 31 db 66 31 c9  |3......|..f1.f1.|
00000030  66 53 66 51 06 57 8e dd  8e c5 52 be 00 7c bf 00  |fSfQ.W....R..|..|
00000040  06 b9 00 01 f3 a5 ea 4b  06 00 00 52 b4 41 bb aa  |.......K...R.A..|
00000050  55 31 c9 30 f6 f9 cd 13  72 16 81 fb 55 aa 75 10  |U1.0....r...U.u.|
00000060  83 e1 01 74 0b 66 c7 06  f1 06 b4 42 eb 15 eb 00  |...t.f.....B....|
00000070  5a 51 b4 08 cd 13 83 e1  3f 5b 51 0f b6 c6 40 50  |ZQ......?[Q...@P|
00000080  f7 e1 53 52 50 bb 00 7c  b9 04 00 66 a1 b0 07 e8  |..SRP..|...f....|
00000090  44 00 0f 82 80 00 66 40  80 c7 02 e2 f2 66 81 3e  |D.....f@.....f.>|
000000a0  40 7c fb c0 78 70 75 09  fa bc ec 7b ea 44 7c 00  |@|..xpu....{.D|.|
000000b0  00 e8 83 00 69 73 6f 6c  69 6e 75 78 2e 62 69 6e  |....isolinux.bin|
000000c0  20 6d 69 73 73 69 6e 67  20 6f 72 20 63 6f 72 72  | missing or corr|
000000d0  75 70 74 2e 0d 0a 66 60  66 31 d2 66 03 06 f8 7b  |upt...f`f1.f...{|
000000e0  66 13 16 fc 7b 66 52 66  50 06 53 6a 01 6a 10 89  |f...{fRfP.Sj.j..|
000000f0  e6 66 f7 36 e8 7b c0 e4  06 88 e1 88 c5 92 f6 36  |.f.6.{.........6|
00000100  ee 7b 88 c6 08 e1 41 b8  01 02 8a 16 f2 7b cd 13  |.{....A......{..|
00000110  8d 64 10 66 61 c3 e8 1e  00 4f 70 65 72 61 74 69  |.d.fa....Operati|
00000120  6e 67 20 73 79 73 74 65  6d 20 6c 6f 61 64 20 65  |ng system load e|
00000130  72 72 6f 72 2e 0d 0a 5e  ac b4 0e 8a 3e 62 04 b3  |rror...^....>b..|
00000140  07 cd 10 3c 0a 75 f1 cd  18 f4 eb fd 00 00 00 00  |...<.u..........|
00000150  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
000001b0  8c 6a 02 00 00 00 00 00  ba 68 7d 11 00 00 80 00  |.j.......h}.....|
000001c0  01 00 00 3f a0 84 00 00  00 00 00 28 14 00 00 fe  |...?.......(....|
000001d0  ff ff ef fe ff ff e8 8a  11 00 80 03 00 00 00 00  |................|
000001e0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
000001f0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
1+0 records in
1+0 records out
512 bytes (512 B) copied, 0.00108154 s, 473 kB/s
00000200
■ISOLINUXのバージョンは4.05。

$ sudo mount -o loop debian-7.1.0-amd64-xfce-CD-1.iso /media/cdrom0/

$ find /media/cdrom0 -type f -iname "*[iso,sys]linux*" -print
/media/cdrom0/isolinux/isolinux.bin
/media/cdrom0/isolinux/isolinux.cfg
/media/cdrom0/pool/main/s/syslinux/syslinux-udeb_4.05+dfsg-6+deb7u1_amd64.udeb

$ strings /media/cdrom0/isolinux/isolinux.bin | grep ^ISOLINUX
ISOLINUX 4.05 20121210

■ISOLINUXの更新履歴からEFI対応のバージョンを確認

$ w3m -dump http://ftp-master.metadata.debian.org/changelogs//main/s/syslinux/syslinux_4.05+dfsg-6+deb7u1_changelog | \
  grep "^syslinux\|EFI" | head -10
syslinux (2:4.05+dfsg-6+deb7u1) testing-proposed-updates; urgency=low
syslinux (2:4.05+dfsg-6) unstable; urgency=low
syslinux (2:4.05+dfsg-5) unstable; urgency=low
syslinux (2:4.05+dfsg-4) unstable; urgency=low
syslinux (2:4.05+dfsg-3) unstable; urgency=low
    isohybrid to generate MBR even when in EFI mode.
syslinux (2:4.05+dfsg-2) unstable; urgency=low
syslinux (2:4.05+dfsg-1) unstable; urgency=low
syslinux (2:4.04+dfsg-9) unstable; urgency=low
syslinux (2:4.04+dfsg-8) unstable; urgency=low

■対応していないEFIのバージョンで無い限り、大丈夫そうですね。

 参考
 https://github.com/MagicGroup/MagicSpecQ-U/blob/master/syslinux/syslinux-isohybrid-fix-mbr.patch

$ dd if=debian-7.1.0-amd64-xfce-CD-1.iso bs=1 skip=462 count=8 2>/dev/null | hexdump -C 2>&1 | head -1
00000000  00 fe ff ff ef fe ff ff                           |........|

$ dd if=debian-7.1.0-amd64-xfce-CD-1.iso bs=1 skip=510 count=10 2>/dev/null | hexdump -C 2>&1 | head -1
00000000  55 aa 45 46 49 20 50 41  52 54                    |U.EFI PART|

■「efibootmgr」もあります。

$ find /media/cdrom0 -type f -iname "*efibootmgr*" -print
/media/cdrom0/pool/main/e/efibootmgr/efibootmgr_0.5.4-3_amd64.deb

■CD-R起動には外部ドライブが必要なモデルなので、16GBのUSBメモリに書き出します。
 ※数回しか使わないインストーラの為にCD-Rに焼くことはしません。

$ sudo umount /media/cdrom0/

$ dmesg | tail -5
[3024252.523947] sd 6:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
[3024252.556935] sd 6:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
[3024252.556964]  sdb: sdb1
[3024253.566031] sd 6:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
[3024253.566062] sd 6:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk

$ sudo fdisk -l /dev/sdb | grep Disk
Disk /dev/sdb: 16.1 GB, 16131293184 bytes

$ sudo dd if=debian-7.1.0-amd64-xfce-CD-1.iso  of=/dev/sdb bs=512k
1290+0 records in
1290+0 records out
676331520 bytes (676 MB) copied, 410.393 s, 1.6 MB/s

■BIOSメニューはF2。2回保存と再起動が必要。

 Step1.Legacy-BIOS、セキュアブート無効に変更。
  ※Windows Boot Managerがメニューにあると、Legacyではない。

 Step2.USB*が先に起動するよう設定。USBメモリのモデルがBIOSに表示されているので選択に迷わない。
  ※WheezyはGrubから「Shell」に落ちるだけにしておく。
   別途LiveCDを同様にUSBに書き込んで「ssh+dd」でリモートにバックアップしておく。

 Step3.BIOSでUEFI、セキュアブート有効に戻す。
  ※Windows8が起動すること。
 | 
labunix のラボゆにっくす <過去記事一覧> 閲覧回数:1381510
プロフィール

labunix

labunix

labunix の ラボゆにっくす

labunix のブックマーク

1. 「日刊ついっぺ」
2. 脱Oracleはここから!SQL Server on Linuxにも対応した移行手法をご紹介!!|IT勉強会ならTECH PLAY[テックプレイ]
3. SUSE Linux Enterprise Server (SLES) Name Change | Microsoft Azure
4. オープンソースの圧縮・解凍ソフト「PeaZip 6.5.1」リリース | Think IT(シンクイット)
5. Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-7273) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー
6. Ubuntu Server 18.04 LTS、新しいCUIインストーラを搭載 | マイナビニュース
7. 【 findmnt 】コマンド――マウントポイントをツリー状に表示する:Linux基本コマンドTips(185) - @IT
8. JAUS、「企業IT動向調査 2018」速報値を発表 - 金融業界で中途のIT人材強化 | マイナビニュース
9. [特報]NTTドコモとau、ソフトバンクが打倒LINEで結託 | 日経 xTECH(クロステック)
10. 高校生に聞いてみた! SNS・デジタルのリアルな使い方 〜女子高生編〜 | BACKYARD デジタルマーケティングNEWS | Web担当者Forum
11. Bootstrap 4で実装されているデザインシステム要素すべてをデザイン素材にした無料素材 -Bootstrap Design System | コリス
12. Airbnbの開発チームが語るウェブサイトのAMP対応を諦めた理由 - GIGAZINE
13. serverあれこれ: VagrantでAtom、KDE Desktop環境、XRDPがインストールされた仮想マシン(Debian Stretch/9.3)を構築する
14. serverあれこれ: VagrantでQuiteRSS、Gnome Desktop環境、XRDPがインストールされた仮想マシン(Debian Stretch/9.3)を構築する
15. The Connected Campus: Digital Transformation in Education | Fortinet Blog
16. Steganography: Combatting Threats Hiding in Plain Sight | Fortinet Blog
17. 画像に見せかけた悪意あるファイルが忍び込むTelegramの脆弱性 – カスペルスキー公式ブログ
18. JVNDB-2017-012053 - JVN iPedia - 脆弱性対策情報データベース
19. JVNDB-2018-001413 - JVN iPedia - 脆弱性対策情報データベース
20. JVNDB-2018-001411 - JVN iPedia - 脆弱性対策情報データベース