Hatena::ブログ(Diary)

lamichの日記 - 海外でイラスト制作を行う社長のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-03-30

UbuntuとCentOSどっちがいいの?正しいサーバOSの選び方

01:10 | UbuntuとCentOSどっちがいいの?正しいサーバOSの選び方を含むブックマーク UbuntuとCentOSどっちがいいの?正しいサーバOSの選び方のブックマークコメント

サーバOSを選定する上で一番大切なことは何か、それはもちろん安定性とセキュリティである。それも将来に渡ってのということになる。

セキュリティに関しては、万が一OSセキュリティホールが見つかったとしても、それが世界で最も使われているOSオープンソースであればすぐにパッチが用意され重要アップデートを自動更新する設定(Ubuntu においてもインストール後に設定するのが定石)によってすぐに適用される。

では将来にわたっての安定性とはなにか、これは今世界中の特にオープンソースコミッタ達の間で最も使われているものなのかどうか、世界中の企業のサーバで使われているものなのかどうか。これが将来にわたっての安定性を左右するということにつながる。OSトレンドが変わればそのとき乗り換えばいいという人がいるかもしれない。

ただし、もしOSを乗り換えなければならない時にあなたのサービスが巨大なユーザーを抱えていたらどうだろうか。OSの再インストールしなければならないサーバーは一体何台になっているだろうか。

そしてテストしなければならない規模は?OSの入れ替えによってモジュールごとのバージョンも微妙に変わってくるので、その時に書き換えなければならないソースコードは一体どのくらいで、結果どのくらいのコストと時間がかかるだろうか。そして、あなたが使っているOSのシェアが下がってから移行するまでの間のセキュリティは大丈夫だろうか

つまり、サーバOSはシェアの多いものがいい。さらにいえば将来的にシェアが多いもの、これがわかるのであればこれを使うに越したことはない。

何かライブラリインストールして使おうとした時もおそらくインストールドキュメントは最もシェアのあるOSに向けて書かれているはずだ。

では、今シェアが多く将来的にシェアが多いOSとはなんなのかということを調べていこうと思う。

Ubuntuにはデスクトップバージョンがあり、これによって統計数値に影響が出る可能性があるのですべての検索語句に「サーバ」「server」という複合キーワードをつけています。

英語で検索をしない日本人によるGoogle検索ボリュームの比較

まずは日本国内での比較。

f:id:lamich:20150331003549j:image

日本国内CentOS > Ubuntu になっている。そしてそのシェアはかなり均衡している。これだけを見るとこれからシェアがどうなっていくのか予想するのは難しい。

そう、これが国内のエンジニアの見解と一致している。

CentOSのメリット

デファクトスタンダード

経験者が多い。上の人にUbuntuと言っても知らない。

本番サーバUbuntuは見かけたことがない。

医療系では見たことありますが、バージョンアップ費で稼いでいる図式なので、そういった側面ではいいでしょう。

Q.「本番サーバ」でUbuntuとCentOSどっち使えばいいの?A.CentOSです。

※2015/09/27 追記 リンク先の記事を非難しているわけではなく、「デファクトスタンダード」の部分が私の周りでよく聞く日本人エンジニアの声とも一致しているので引用してます。


日本からの英語検索によるGoogle検索ボリュームの比較

一方、国内でも英語を常用している(エンジニアスキルも高い)人たちの比較。

f:id:lamich:20150331003550j:image

反転してUbuntu > CentOS になっている。ここで誰もが最初の考えがおかしいということに気づくのだが、狭い国内の範囲でしかものを考えない非英語圏エンジニアにはそもそもこのデータが見えてこない

事の真相:世界での検索ボリューム

では、世界に検索範囲を広げるとどうなるのか。

f:id:lamich:20150331003551j:image

結果は、Ubuntu >> CentOS

圧倒的な差をつけて世界で一番使われているサーバーOSUbuntu だということ、さらにすぐにはシェアがひっくり返らないということがこのグラフから分かる。

ここまで見てきたのはあくまでGoogleトレンドの検索ボリュームだったので、他にもこれを裏付けするデータとして2011年に企業で使われているOSRHEL=CentOS からUbuntu にシェアが移ったという有名な記事などを参考にしてほしい。

Ubuntu vs RHEL in enterprise computing

2013年のQ&AでUbuntu CentOS7 を比較した記事では、実際にDropbox, Quora, the Obama campaign, SamsungなどはEC2+Ubuntu で動いていると書かれている。これもひとつの判断基準になるだろう。

What Linux server should I go for: Ubuntu or CentOS?

私がこの記事を書いたのは、何も英語ができないエンジニアを愚弄するためではない。エンジニアたるもの広い視野を持ち、未来を見据えて、自分の関わる人々がハッピーになるような選択をして仕事してほしいからだ。

世界のエンジニアリングに日本のエンジニアリングが少しでも近づくことを願って。


追記:

「どうして、Ubuntuがそんなに支持されるほどすごいんですか?」という質問をもらったのでこちらでお答えしておきます。

Ubuntuのサポートやトレーニングプログラムを有償で実施して収益化しつつ、開発者やコミュニティーリーダーをUbuntuプロジェクトに送り込むことで開発を促進しているカノニカルがすごいです。これによってUbuntu無償でも企業のサポートを安定して得られるのでここまでのクオリティが維持されてます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB

JohannJohann 2015/04/01 02:58 世間のマーケットシェアはともかく、FacebookとYahooは全面的にRHEL / CentOSを使っていますし、イメージ的にもUbuntuはデスクトップ用、CentOSはエンタープライズ用と考えられています。

あと考慮するべきなのはアップデートされるパッケージの数ですね。Ubuntuはガンガン新しいパッケージが落ちてきて頻繁にアップデートされますし、再起動も必要です。企業でサーバー用途に使うのが向いていないのは一目瞭然です。

JohannJohann 2015/04/01 09:56 ちなみに、ディストリビューションの人気を調べるならグーグルの検索結果よりこちらのサイトの方が参考になるかと思います。

http://distrowatch.com

DebianとCentOSが所謂商用OSに該当しますね。

SurgoSurgo 2015/04/01 10:22 > Ubuntuはガンガン新しいパッケージが落ちてきて頻繁にアップデートされますし、再起動も必要です。企業でサーバー用途に使うのが向いていないのは一目瞭然です。

はい?

JohannJohann 2015/04/01 11:09 上の人はUbuntuのソフトウェアアップデート機能を使ってないのかな?
https://chedean.files.wordpress.com/2011/01/ubuntu-update-2.png

上記の写真のように、更新パッケージがガンガン落ちてきますよ。

SurgoSurgo 2015/04/01 14:05 で?

勝手にアップデートされて勝手に再起動する設定でもしてんの?

JohannJohann 2015/04/01 15:29 カーネルが更新されたら再起動しないと反映されないでしょ。

http://askubuntu.com/questions/244774/why-does-ubuntu-need-to-update-its-kernel-so-often

こういうの見ると、たった2ヶ月で5回もカーネルが更新されてるのが分かる。商用サーバーを2ヶ月に5回再起動って相当な頻度だと思いますけどねえ。

iwaimiwaim 2015/04/01 19:18 サーバーのOSをシェアだけで決めるのも、そのシェアの調査方法も非常にアレですね。

それはともかくとして。


> Johannさん
> あと考慮するべきなのはアップデートされるパッケージの数ですね。Ubuntuはガンガン新しいパッケージが落ちてきて頻繁にアップデートされますし、再起動も必要です。企業でサーバー用途に使うのが向いていないのは一目瞭然です。

RHELも大差ないですね。


> たった2ヶ月で5回もカーネルが更新されてるのが分かる。商用サーバーを2ヶ月に5回再起動って相当な頻度だと思いますけどねえ。

じゃあ、あなたはRHELのこの間隔なら許容できるわけ?

https://rhn.redhat.com/errata/rhel-server-6-errata.html

- RHSA-2013:0223 Moderate: kernel security and bug fix update 2013-02-05
- RHSA-2012:1580 Moderate: kernel security, bug fix and enhancement update 2012-12-18
- RHSA-2012:1426 Moderate: kernel security and bug fix update 2012-11-06
- RHSA-2012:1366 Important: kernel security and bug fix update 2012-10-16

はーはー 2015/04/02 01:41 ubuntu が必要ないのに高速にセキュリティアップデートしてる

vs

centos が必要だけど更新遅らせてる

ファィッ!

はーはー 2015/04/02 01:44 サーバー更新して再起動ごときでサービスダウンさせるようなインフラしか組めないんだろ

言わせんな恥ずかしい

birdbird 2015/04/03 01:26 centos使う人はわざわざ「centos server」なんて調べないよ。言わずもがなサーバー用なんだから。

qq 2015/05/19 19:30 私はCentOSのサーバもubuntuのサーバも管理しているので、どちらかに肩入れするつもりはないけど、この記事の内容は何の参考にもならない、デタラメ
上の人も言っている通りだけどCentOSには基本的に「CentOS」というひとつのバージョンしかない、しかしubuntuは明確に「ubuntu desktop」「ubuntu server」わかれている
そりゃ「ubuntu server」についての情報が欲しいひとはわざわざserverってつけるでしょ
Cent OSの人はわざわざserverなんてつけない

こりゃひどいこりゃひどい 2015/05/25 22:43 下のリンクの資料の方が正解に近いんじゃなかろうか?
http://w3techs.com/technologies/history_details/os-linux

笑った笑った 2015/05/31 13:53 英語圏の人間はcentos serverなんて検索しないわ。ハナからサーバ用途以外に使わないからね
デスクトップでubuntuに馴染みがある→このubuntuはサーバでも使えないか?→ubuntu serverで検索ってのはあるけどね
どうしようもない偏向記事だ

rpm VS debrpm VS deb 2015/08/04 12:09 そもそも根底からして違う2つのディストリビューションを比較しているのが愚の骨頂。
WindowsとMacを、AndroidとiOSをシェアだけで「どっちが良い?」と言っているようなモノ。

nn 2015/10/17 17:53 CentOSはレッドハットクローンなのだから「RHEL+CentOS」と「ubuntu」で比較しないと意味ないのでは。
有償サポートの話を出すならなおさら。

ほいほい読者ほいほい読者 2015/11/30 17:52 二つ前の記事より
”数字は正しく伝えよう
データの提供元があいまいに提示したデータに乗せられて、ほいほい記事を書いちゃうのはきわめて良くないです。そういえばニールセンの統計関係でも最近似たようなことがありましたよね。こういう記事がたくさんの誤解を生んで、私の周りでも本来いらないたくさんの手間が発生してるので、ほいほい記者の方は反省してください。”

反省してください ほいほい管理人さん

eeee 2015/12/03 16:11 serverを英語で検索するから英語力も高くてエンジニアスキルも高いという統計はどこにあるんですか?

名無し名無し 2015/12/15 20:33 こういうのはその分野以外使わない固有の言葉で検索しなきゃ意味無いんだよ
ちなみに"centos docker" "ubuntu docker"で検索するとubuntuの方が多いけど大差はない

hogehoge 2015/12/21 10:05 日本ではRHELを仕事で使っていればタダのCentOSを使っていて、
そうじゃない人はUbuntuでしょ。

日本の企業はサポートを気にしてヒヨって、
RHELという有償のディストロを使っているだけ。
どっちでも自分で解決できる人はどっちでもいいよ。

hogehoge 2015/12/21 10:06 日本ではRHELを仕事で使っていればタダのCentOSを使っていて、
そうじゃない人はUbuntuでしょ。

日本の企業はサポートを気にしてヒヨって、
RHELという有償のディストロを使っているだけ。
どっちでも自分で解決できる人はどっちでもいいよ。

miremire 2016/03/18 11:29  確かに、Linuxのインスールあたっは、CentOSとUbuntuのどちらにするか悩みますね。この記事は、それぞれのディスリビューションへの関心度と言う観点で、内外格差の存在を指摘している点で有難く拝見しました。
 只、サーバー用に限ると発展途上国はデスクトップ活用での慣れからの活用の可能性を感じますし、日本の場合は、企業ユースのREDHAT正規版との併用が主な理由にも思えます。その観点も踏まえ、統計活用するとより的確な指摘になったのではないでしょうか?
 当方はスキルの問題で2つも同時に追えないことと、Ubuttuはあまりに先進的なものを追い過ぎて、デスクトップ利用では便利な半面操作変更による慣れる迄の嫌な想いに耐えきれず、CentOSに絞っています。CentOSの場合商用とほぼ同じとの安心感と言うイメージは在っても、アップデートはどおしても後追いで遅くなりますので、デメリット覚悟での活用なりますが、サポート期間が長いのでハードが潰れる迄更新で活用いうメリットもあり、スキルに乏しい人間には有難い存在です。
 と言うことで、今回はUbuntuもいずれ再度試すつもりですが、CentOS7で行こうかと思っています。情報感謝です。

通りすがり通りすがり 2016/04/08 13:24 辛口で大変申し訳ないのですが
そもそもUbuntuの変更についていけないひとがこういう比較記事書くのはどうかと
免許ないのにクルマの試乗レビューかいてるのと同じになっちゃうきがします。

サーバサーバ 2016/05/26 13:44 サーバー用途ならCentOSかRHEL
ubuntuはLTSでもサポート期間が短すぎる

ubuntuの方がubuntuの方が 2016/06/17 15:43 触ってて楽しいし、気持ちいい

けど、サーバに使うのはCentOSかな
開発終わってリリースする頃には、サポート期限が近づいている感じになっちゃうんじゃ・・・

遊びには、丁度良いんだけどねー

ubuntuの方がubuntuの方が 2016/06/17 15:43 触ってて楽しいし、気持ちいい

けど、サーバに使うのはCentOSかな
開発終わってリリースする頃には、サポート期限が近づいている感じになっちゃうんじゃ・・・

遊びには、丁度良いんだけどねー

柏崎柏崎 2016/07/19 19:13 遊ぶにもこれから勉強をしようと考えてるなら、やっぱり CentOS を推薦するし使い易い、何故なら RHL 9 の頃の使い易さが CentOS には残ってるような気がするので
はじめの頃から CentOS で鯖として使用してるので言える。
サポート期間短いのは設定をやり直す必要性があるのでお勧めは出来ない ubuntu

にゃーにゃー 2016/12/16 09:17 極論好きな方使えよってことか。
使っているものに愛着を持つのは良い事ですよ(^O^*
ただ、コメ読んでて押しつけがましい人間とか固定概念丸出しの人間にはなりたくないもんだなぁ〜って思ったわ。
使う人間で便利にも不便にもなるもんだと思っているから両方使って判断したらよろしい。

意味不明意味不明 2017/01/17 12:32 あまりにも安直で根拠のない比較。
検索トレンドだけで、

> 圧倒的な差をつけて世界で一番使われているサーバーOSがUbuntu だということ、
> さらにすぐにはシェアがひっくり返らないということがこのグラフから分かる。

と結論付けるには、あまりにも安直。
Googleトレンドの結果は単に検索件数のトレンドを表しているだけで、例えばUbuntuを知らない人がUbuntuって何?って検索した結果も含まれることがわかってない?

通りすがり通りすがり 2017/03/07 11:07 まずlinuxから選ぼうというのが極めて狭い視野です。windowsサーバが世界的なトレンドなのは確定的に明らか
https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=all&q=windows%20server,ubuntu%20server

は?は? 2017/03/07 13:39 確かにサーバを建てるのにwindows serverという選択肢もあるかもしれないがwindowsだと規約で同時接続数の上限が20までだけどubuntu他だと無制限だからそっち使ったほうが良くない?

nonamenoname 2017/04/02 17:43 よろしい、ならばSolarisだ。
https://trends.google.co.jp/trends/explore?q=ubuntu%20server,Solaris,%2Fm%2F02prjf,%2Fm%2F0cp5x,FreeBSD

>同時接続数の上限が20まで
サーバーOSの話をしているときに、クライアントOSの制限を出して意味ありますか?

進化してないので笑ってしもた進化してないので笑ってしもた 2017/04/22 14:32 昔、事業所にサーバー組むので調べた末、まったく同じ言い分でCentOS vs Debian系(Ubuntuの人気が出てきた頃)で争うような構図があったっけ。双方が押すリサーチも反論も全く同じなので笑ってしまった。
サーバーやるなら日本じゃ絶対Cent、しかし海外じゃCentはDebian負けてると言うように。
自分は自社サーバーを組むのが目的で、スキルや資格を持って就職するわけではなかったのだが、サーバーはCentOSやってれば安心みたいな流れでLinuxはCentOSから入った。
その後何となく扱いづらく、色んなディストロをやった末Debianで構築運用していた。
その後、Ubuntuサーバーが登場しUbuntuにスイッチして間もなく、業者に任せることになったので自社サーバーの運用を止めた。

最近、医療で個人情報を扱う業務が増えたので、調べていてここがヒットした。
枯れた古いカーネルを使い続けるから管理が楽と思い出して、またとりあえずCentOSから始めようとしている自分に笑ったしもた。CentOS Xenでたくさんヒットするし。

進化してないので笑ってしもた 進化してないので笑ってしもた 2017/04/22 14:50 ついでに言えば、仕事で扱うなら圧倒的に手が掛からないのがいいんだよね。
それで当時医療・教育・デザイン系に強かったMacからPCを始めたわけだけれど、事務はどうしてもOfficeなのでWinにスイッチした。しかしMacで当たり前のことがかなり後出してWinに搭載されたり、システムエラーもOSX以降はWinの方が酷くてLinuxを始める切っ掛けになったね。
CentOSとUbuntu、今度はどちらにおさまるか、やはり手が掛からない方を選択するだろうね。

starduststardust 2017/05/02 15:10 『Ubuntu server』という固有名詞と『CentOS server』という「固有名詞+一般名詞」で比べたら、こういう結果になるのも仕方ない。

『UbuntuとCentOS、どっちのOSが人気か?』
検索ワード "CentOS" 約 29,300,000 件
検索ワード "UbuntuOS" 約 369,000 件

CentOSの勝ちです( ー`дー´)キリッ

名無し名無し 2017/06/06 19:06 『CentOS』という固有名詞と『UbuntuOS』という「固有名詞+一般名詞」で比べたら、こういう結果になるのも仕方ない。

『UbuntuとCentOS、どっちのOSが人気か?』
検索ワード "CentOS" 約 29,300,000 件
検索ワード "Ubuntu" 約 116,000,000 件

↑危ない騙されるところだった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lamich/20150330/1427731857