Hatena::ブログ(Diary)

多言語行政書士協会 活動日誌

2014-02-21

研修会を開催します

| 23:31

4月2日(水)に下記の科目で研修会を行います。

講師は東京都行政書士会の申請取次適正化会員で元国際部長でもある、榎本行雄先生です。

どなたでも参加が可能です。

実務の業務や外国人支援の場などでぜひ活用ください。

参加希望の方は、下記の申込先に、氏名、所属、連絡先をご連絡の上お申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしております。

----------------------------------------------------------------------

多言語行政書士協会、戸籍手続研究会共同開催

1.日 時  平成26年4月2日(水曜日)

      午後06時30分〜午後08時40分 

2.会 場  港区立勤労福祉会館 第1洋室

(JR田町駅慶応大学側出口よりNEC方面に向かって約3分)

3.科 目

1.「在特」から「永住」までの変遷 <インバウンド事案として>

−或るフィリッピン母子の事例ー 「在特」取得及びその後の日本での在留中の変遷事案

2.日本人シニアスタッフのフィリッピン国派遣に係るフィリッピン渡航ビザ取得についての事例 <アウトバウンド事案として>

3.最近の入管情勢

4.講 師  行政書士・社会保険労務士 榎本行雄 (申請取次適正化委員・元国際部長)

5.受講料  会員・準会員 無 料      非会員 2,000円

6.申込先  担当 清水 美蘭

       E-mail: hana@office.email.ne.jp

        FAX : 03-3253-6845

----------------------------------------------------------------------

2013-11-30

11月26日 戸籍手続研究会・多言語行政書士協会 共催の研修会を開催しました

| 11:37

今年、最後となる研修会は、戸籍手続研究会との共同開催で行いました。

講師は戸籍手続研究会と多言語行政書士協会 両方の代表を務める中村和夫行政書士です。

計34名の行政書士、司法書士、弁護士の方にご参加いただきました。

f:id:language11:20131126184815j:image

国際業務や渉外戸籍業務に携わる方にとって、実務に直結した勉強となる内容の研修会となったと思います。

この研修会では、外国人の在留と外国人の婚姻、離婚などの知識がベースとして必要です。さらに、今回の事例は、海外の法律や手続実務等も考慮しなければならないケースで、複雑な問題がからんでいました。

f:id:language11:20131126192353j:image

実際に申請を行った際の資料や公文書を使っての講義となりました。

法律や実務上の知識はもちろん、限られた日数でいかに、調査を行い、役所への確認や根回しなど、プロとして実務を行う上での重要なポイントも学ぶことができました。

その後、懇親会には13名の方々にお集まりいただきました。

行政書士をしている方々は、さまざまな前職の経験を持っている方が多く、一人ずつ自己紹介をしていただいた際には、皆さんから質問が出て、とても楽しい懇親会となりました。

2013-10-23

11月26日/戸籍手続研究会との共同開催研修会のお知らせです

09:40

来る11月26日に戸籍手続研究会および多言語行政書士協会との合同で研修会を開催いたします。

講師は多言語行政書士協会代表の中村和夫行政書士です。

実務的な内容を具体的にお教えいただきます。広く皆様の業務にお役に立てていただけることと思います。


また、今回の会場は神田公園区民館(淡路町駅近く)で席に限りがあります。

是非お早めにお申し込み下さい。

---------------------------------------------------------------------

【戸籍手続研究会・多言語行政書士協会/共同開催研修会】

1.日 時  平成25年11月26日(火曜日)

        午後06時30分〜午後08時40分 

2.会 場  神田公園区民館 洋室A

      (神田、小川町、淡路町各駅より徒歩5分)

3.科 目  1.先行する離婚が準拠法により有効に成立していれば、

         当事者の本国法上成立していなくとも、

         重婚に当たらないという渉外婚姻手続

       2.同外国人が上記理由により在留期間更新が不許可となり、

         出国準備中である場合の変更許可申請実務

4.講 師  行政書士 中村 和夫(代表)

5.受講料  会員・準会員 無 料  非会員 3,000円

6.申込先  担当 清水 美蘭(事務局・研修担当)

         E-mail: hana@office.email.ne.jp

         FAX : 03-3253-6845

---------------------------------------------------------------------

研修会終了後には、恒例の懇親会(¥3,000前後)も予定しています。

(当日、ご参加の有無をお伝えください)




皆様のご参加をお待ち申し上げております!

2013-02-28

第12回研修会が開催されました

12:53

2013年2月27日、港区勤労福祉会館にて、第12回研修会が開催されました。

講師の先生4人をお迎えし、当協会の主要活動である在留外国人のための通訳ボランティアをするうえで欠かせない内容をそれぞれのお立場からじっくりお伺いできました。

48名の参加者の方々はご職業も多岐に亘り、皆様の関心の高さを感じました。

まず当協会代表の中村和夫行政書士からのご挨拶と、このテーマについての説明がありました。


まず1限目は、弁護士の皆川涼子先生(東京パブリック法律事務所)に

「外国人児童と弁護士業務〜外国人児童が関係する事件の特徴」のお題のもと、

お話を伺いました。

f:id:language11:20130227180940j:image:left

外国人児童に関わる案件ならではの問題を、可能な範囲で成功事例・失敗事例を交えてお話頂きました。

同じ「親権」という言葉にも国ごとに異なる概念があることから、言葉のみでなく文化・国民性を理解することが必要であることを痛感していらっしゃるということです。

この分野に精通する弁護士が少ないことも課題の一つであるとのことでした。


2限目は、「親権制度の改正と児童相談所の対応」について、

児童相談センター保護第一課専門課長 上川光治 様 にお話しいただきました。

f:id:language11:20130227185650j:image:left


平成20年の法改正後、、「子供の利益のため」という文言が目立つようになり、また児童相談所長の権限は増したものの、縦割りの構造の中でいかに子供の権利を守っていくべきか、課題は尽きることがないそうです。

暴力だけでなく、自分の子供に治療を受けさせないなど医療ネグレクトが多いというデータには驚きました。


3限目は、同じく児童相談センター保護第一課課長の木全玲子様に

「外国人児童が絡む昨今の入管事案、家裁事案の概要」

についてお話頂きました。

f:id:language11:20130227193144j:image:left

平成22年の大阪の事件以来、近所の人たちからの相談件数が増えたということですが、そのうち施設に入る子供は1割程度で、実際には親戚等何らかの助けがあるそうです。

そして、通訳に期待することは、国ごとの考え方の違いを乗り越え、外国の親御さんたちの理解・協力を得られるよう、通訳自ら児童相談所の法的役割をよく理解してほしいと訴えられました。


4限目は当協会代表の中村和夫行政書士が、

「外国人児童が絡む昨今の入管事案、家裁事案の概要」

について最近子供が絡んでいる案件への対応が多少変わってきたような印象を受ける等、簡単に私見を述べられました。

f:id:language11:20130227202501j:image

その後の質疑応答は、かなり専門的な質問もあり、皆様の関心・知識の高さを感じることができました。

終了後の懇親会は、遅い時間にも拘わらず18名の方にご参加いただき、賑やかで和やかな、楽しい時間を過ごすことができました。

皆様、真にありがとうございました。

2013-01-18

第12回研修会開催のお知らせ

17:46

第12回研修会が2月27日(水)に開催されます。


講師にお迎えするのは、

弁護士 皆川涼子 様(東京パブリック法律事務所) 

保護第一課専門課長 上川光治 様(児童相談センター) 

保護第一課課長 木全玲子 様(児童相談センター) 

行政書士 中村和夫 (当会代表幹事)


当協会の活動に関わる重要なテーマについて、

体験に基づいたお話をじっくり伺います。

尚、受講頂いた全員の方に受講証明書をお渡しいたします。

皆様ふるってご参加ください。

---------------------------------------------------------------------

【第十二回研修会】

1.団体名:多言語行政書士協会

  URL:http://language11.sakura.ne.jp/

2.日 時:平成25年2月27日(水曜日) 午後6時〜9時00分

3.会 場:港区立勤労福祉会館 第1集会室

(JR田町駅慶応大学側出口よりNEC方面に向かって約3分)

4.科 目:

(1)「外国人児童と弁護士業務〜外国人児童が関係する事件の特徴」

(2)「親権制度の改正と児童相談所の対応」

(3)「児童相談所における外国人相談への対応と課題」

(4)「外国人児童が絡む昨今の入管事案、家裁事案の概要」

*受講者全員に、受講証明書をお渡しします。

5.講 師:

(1)弁護士 皆川涼子 様(東京パブリック法律事務所)

 (2)保護第一課専門課長 上川光治 様(児童相談センター)

 (3)保護第一課課長 木全玲子 様(児童相談センター)

 (4)行政書士 中村和夫 (当会代表幹事)

6.受講料:非会員1,000円  会員・準会員は無料

7. 申し込み先: 当協会事務局/研修担当

   清水美蘭(Tel :090-6515-0797 E-mail:hana@office.email.ne.jp)

  又は、山口久美子(Tel:080-2396-6950

             E-mail:office-yamaguchi@email.plala.or.jp)


---------------------------------------------------------------------

研修会終了後には、恒例の懇親会(¥3,000前後)も予定しています。

(当日、ご参加の有無をお伝えください)




皆様のご参加をお待ち申し上げております!

                            研修担当/山口


山口久美子