メルボルンでこつこつとやる

2007-04-06 後悔しない意思決定

[]後悔しない意思決定 16:29

後悔しない意思決定 (岩波科学ライブラリー)

後悔しない意思決定 (岩波科学ライブラリー)

まじめな本です。著者の人柄が表れていますね。丁寧でまじめ。きちんとアイロンのかかったシャツのような感じです。なんて言ってもどんな本なのかわからないですね。

内容としては主観的期待効用モデルの立場から書かれた意思決定の入門書。とにかくまじめで読みやすいです,はい。

文中にあるいろいろな逸話が,読みやすさのためだいぶ工夫と苦労をなさったんだろうなと思わせてくれます。そこもまたまじめ。

[]06/06/2007 16:29

  • 知り合いが出すフェローシップの申請書を読み,コメントを書く。とてもよい研究をしている。わたしもがんばります。
  • 事務関連の会議 X 1。オリエンテーション関連の仕事 X 2
  • 翻訳をすこし。
  • 夕方から歓迎会の予定

nonchannonchan 2007/05/14 21:39 突然の登場で大変失礼致します。
日本で臨床心理士の仕事をしています。
将来オーストラリアで生活できるようにと、こつこつ頑張り始め、オーストラリアのカウンセリング事情はどうなっているのかな?と、色々調べていましたらこのページに辿り着きましたm(--)m
それで、‘後悔しない意思決定’も、興味を持ち、先日読みました。本当にきちんとしている本だなあと思いました。また読みやすいですし・・・。
ところで、お尋ねしたいことがあります。
先ほども申しましたが、現在臨床心理士として日本で働いておりますが、この日本で取得した資格はオーストラリアでも通用するのでしょうか??
それとも、オーストラリアでカウンセラーとして働く場合、あらためてオーストラリアの学校に通い資格を取得する必要が生じるのでしょうか?
もしご存知でしたら、教えていただければ幸いです。
突然の訪問と質問、申し訳ありません。

lateral55lateral55 2007/05/15 00:05 ご質問に関しては

オーストラリアに臨床心理士として移住する
http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20051209

というエントリーを書きました。参考になさってください。
で,実際にどうなのっっていう話になるとホントに
ケースバイケースで何とも言えません。

nonchannonchan 2007/05/15 12:43 お返事ありがとうございます。
参考に読ませていただきます^^
永住権を取得するポイントとして、臨床心理士資格が使える・・ということまでは分かるのですが、それはつまりオーストラリアでも使える資格・・ということなのでしょうか・・・。
就職先どうこう以前に、認められているのか?ということが心配です。認められてて、あとは努力と運etcだといいのですが。
丁寧なお返事ありがとうございました。

lateral55lateral55 2007/05/15 16:33 上で紹介した記事を読んでいただければ分かると思うのですが,日本で臨床心理士の資格を有するかたは,オーストラリアで臨床心理士として登録するための申請を出すことができます。それで認められれば働くことができます。

ただし,認められるかは申請者,および申請を扱う担当者や自治体によって事情がだいぶ異なるので一概には言えません。全く同じひとが同じ書類を出しても認められる場合もあれば認められない場合もあるようです。国全体がいい加減なんですよ。すごく。

ちなみに紹介したエントリーではリンクが切れていたようなので以下をごらんになってください。
http://www.psychology.org.au/working/
必要な情報はおおむね書いてあるのではないでしょうか?

nonchannonchan 2007/05/15 22:59 結構アバウトなんですね・・。いいような悪いような。。。

留学斡旋会社等に、同じ質問をしたところ、臨床心理士として働くことができる可能性は低いので、留学したほうがいいとアドバイスされました。そういう会社なので、よく考えれば当たり前の回答ですが、留学となると大変だなぁと、思っていました。
lateral55さんのアドバイスも参考にさせていただきながら、今後について色々考えてみます。本当にお忙しいところ、丁寧なお返事ありがとうございました。
もしかしたら、また何かで登場するかもしれません^^

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20070406