Hatena::ブログ(Diary)

逝水流年

2017-12-14

柔らかい記憶。


尊敬する人の言葉。


しかし、かつての自分も、

その柔らかさ、その切なさを知っていたつもりなのに。


柔らかさを切り離す必要はないかもしれない。

それでも、削ぎ落とすことによって、

その硬い線を、浮かび上がらせるしかない。


過去と未来の最中。。。