本間正人の学習学「最終学歴から最新学習歴へ」

2016-06-27 住民票を移してなくても投票できます!

http://www.tokyo-np.co.jp/・・・/201606/CK2016062602000116.html

「ちゃんと居住地に住民票を移すべき」という議論も正論ですが、現実問題、今、実家に住民票のある人は、1票をムダにしないためにベストをつくして欲しいです。

今日(6/27)は同志社大学で「政治と民主主義」について講演。もちろん、中立的に(politically neutral)進行しました。巨大な階段教室でも、立ち上がれば前後4人組くらいでダイアローグ、グループワークできます。

恒例の「色のダイアローグ」は「日本の政治と言えば何色?」というお題でした。昨日も、今日も、「灰色、黒」という答えが多かったですね。

「では日本の政治灰色」と、多数決で決めた(!)ところから、人類の歴史が、「武力による統治」(一番、戦いに強い者が権力を持つ。だから内乱の連続)、「血統による統治」(長の息子を後継者にすえて内乱は防げる。でも一般庶民の声は無視される。)、そして「多数決による統治」(一人一票の枠が高額納税者の男性→成人男性→成人→18歳以上と拡大)と進化してきたことを振り返りました。

しかし、「多数決で決めたことが必ずしも正しいとは限らない」ことを、ワイマール憲法下のドイツを例に出して紹介。だって、ナチスドイツは、民主的な手続きで「全権委任法」を通し、政権を獲得したのですから。

学生の間にも、そして、僕達の心の中にも「どうせ政治は変わらない」という「無力感」が湧き上がってくることがあるのは事実。しかし、テラルネッサンスの創設者 鬼丸 昌也さんが「僕達は微力だが、無力ではない」とおっしゃっている言葉を拳拳服膺しながら、参議院議員選挙期間の一日一日を大切にしたいと思います。

講義終了後、7〜8名の学生が僕を囲んで質問に来てくれました。心をこめて講演したので、それはうれしかったです。どのようにすれば、彼らにもっと明るい政治のイメージをもってもらえるのか。僕達の世代の責任は大きいと思います。

2016-06-19 7/17に札幌教育フォーラム「グローバル」

グローバル人材の育成」と言うと、すぐに「英語の授業のコマ数を増やそう」という話に短絡しがちですが、この手の議論は二重三重にずれています。

そもそも「グローバルな人材とは何か」をきちんと議論すべきですし、その中に英語教育英語学習はどのように位置づけられるべきか、そして、中学校、高等学校、大学はそれぞれどんな役割を持つべきなのか、など、重層的な検討を行なう必要があります。

そして、予め正解が定められている訳ではないので、様々な試行を積み重ねるプロセスを通じて、ベストプラクティスを創造していく姿勢が求められるのだと思います。

第2回の札幌教育フォーラムでは、グローバル教育推進プロジェクト専務理事の辰野まどかさんをお迎えして、GiFTの取組みをご紹介いただくとともに、札幌で先進的な教育を実践している2校の校長先生、前校長先生もお招きして、これからのグローバル教育の方向性を探ります。

英語学習法のヒントもご紹介しますので、英語教育にご関心のある方もぜひ、ご参加下さい。

日時:2016年7月17日(日)14:00-17:00 (13:45開場)

場所:TKP札幌ビジネスセンター

http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-sapporo/access/

参加費:無料

主催:NPO学習学協会

プログラム

14:00 開会の挨拶、基調講演&ワークショップ

グローバル人材の育成と英語教育の未来」

本間正人(NPO学習学協会代表理事京都造形芸術大学教授・副学長)

14:40  「地球市民を育てる教育」

辰野まどか 先生(一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)専務理事)

〈休憩〉

15:30 パネルディスカッション「真のグローバル人材の育成」

パネリスト

シスター田口保子(札幌聖心女子学院高等学校・前校長)

荒井 優 先生(札幌新陽高等学校校長)

辰野まどか 先生(一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)専務理事)

コーディネーター

本間正人(NPO学習学協会代表理事京都造形芸術大学教授)

17:00 閉会

以上

2016-06-10 ルイヴィトンの展示会!

紀尾井町で行われているルイヴィトンの展示会。仮設のパビリオンというから、もっとささやかなものかと思ったら、美術館が一つ出現したような充実の内容。歴史的なスーツケースやドレスなとどれを取っても美しいし、展示の仕方自体もおしゃれだし、何というか、文化のエスプリを感じる素敵な空間です。

ファッション、デザインのお好きな方は絶対に見逃してはいけません。しかも、これが無料なんて信じられません。6/19まで、あと10日間。超オススメです。

http://jp.louisvuitton.com/…/heritage-savoir-fa…/tokyo-expo

2016-05-29 TBSテレビ「別冊アサ秘ジャーナル」で京都造形芸術大学の特集

今晩(5月29日深夜1時25分)オンエアされました。TBSテレビの「別冊アサ秘ジャーナル」に京都造形芸術大学が登場。私も1年生が全員参加する「マンディプロジェクト」の解説者として登場します。水道橋博士さん、玉袋筋太郎さん、江口ともみさんの3人と楽しく収録させていただきました。90分番組ですから、終了は夜かなり遅いので、録画するのが良いかも。 鈴木 苑子さん、 吉田 大作さん、 ご尽力ありがとうございました。 椿 昇先生も、シロクマ先生も良い味出してましたね。

+++++++++++++++++

今回は『食えるアーティスト』を育め!アート界の常識に真っ向から挑む京都造形芸術大を訪問!その秘密は現役バリバリのアーティストと学生の共同作業にあった!アトムスーツで知られる現代美術作家ヤノベケンジが学生と作り上げた火を噴くアレとは!?伝説の世界的アーティスト田名網敬一が注目する学生がぬいぐるみで作り上げた驚きの作品とは!?さらに日本の美術の常識に真っ向から挑む『アートをお金に変える』方法とは!?絵画から彫刻、デザインから映像まで日本のアートを革新させる学校の刺激的すぎる教育現場を徹底取材します!

http://www.tbs.co.jp/asa-j/#midokoro

2016-05-23 「札幌教育フォーラム」開催

5/21 第1回「札幌教育フォーラム」盛会裡に終了しました。 山内 太地さんのプレゼンはデータを踏まえて実に説得力がありました。学校教育のほとんどは、今だに、人口増加社会の常識や過去の固定観念で運営されていて、未来志向の教育への転換が不可欠だと、本当に痛感します。

そんななか、札幌聖心女子学院では、国際バカロレアに則った思考力・探求力を重視した教育を力強く展開しており、「お嬢様学校」のイメージとは裏腹に、地球社会の課題解決のための Call for Action が強調されています。また、荒井 優新校長を迎えた札幌新陽高校は、学生のチャレンジスピリットがこれまで以上に高まっています。

今日、お集まりいただいた方は、教育に関心の高い方がほとんどでしたが、みんなが少しずつ力を合わせ、知恵を集めることで、日本の未来を作っていく、というイメージが湧いてきました。次回は、7/17(日)に Madoka Tatsunoさんをゲストに開催します。

https://www.facebook.com/events/660878510731030/