Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

07-12-2005 師走本(その壱)

[]『紙つぶて:自作自注最終版

谷沢永一

(2005年12月5日刊行,文藝春秋,ISBN:4163677607


1969年〜1983年の長期にわたる書評記事の総集編.索引と併せてほぼ1,000ページに達する煉瓦のような本.相変わらず口が悪い.


[]『標本は語る:Systema Naturae

大場秀章(編)

(2005年7月25日刊行,東京大学出版会[東京大学コレクションXIX],ISBN:4130202197


うっかり買い損ねていたミュージアム本.


[]『ドレスデン逍遥:華麗な文化都市の破壊と再生の物語

川口マーン惠美

(2005年12月6日刊行,草思社,ISBN:4794214669


草思社らしからぬカバージャケット.「あとがき」で著者は戦時中のドレスデンにいたユダヤ人言語学者 Viktor Klemperer の『日記』に言及している.この日記:Viktor Klemperer『Ich will Zeugnis ablegen bis zum letzten: Tagebücher 1933-1945』(1995年刊行,Aufbau Verlag,ISBN:3351023405)は“歴史の証言”として注目.


[]『京都読書空間

(2005年10月23日刊行,光村推古書院[act books 4],ISBN:483810359X


つい…….