Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

14-11-2006 銀杏が転がり,新刊が舞う

[]『生物集団の数学:人口学・生態学・疫学へのアプローチ(上)

ホルスト・R・ティーメ(齋藤保久監訳)

(2006年11月刊行,日本評論社,ISBN:4535784183


「上」があるということは,「下」もあるのだろうな(フェイントかけて「中」もあったりして).

版元ページ


[]『日本の文様:その歴史

樹下龍児

(2006年11月10日刊行,筑摩書房[ちくま学芸文庫:キ-15-1], ISBN:4480090312


文庫書き下ろし.いたるところ唐草が絡みつく.以前に読んだ伊藤俊治『唐草抄:装飾文様生命誌』(2005年12月15日刊行,牛若丸[発行]/星雲社[発売], ISBN: 4-434-07164-5→目次書評)を想起させる.


[]『谷中根津千駄木・其の八十五

(2006年10月25日発行,谷根千工房)


最新刊.特集は〈本日はアート日和〉.千駄木にあるファーブル昆虫館の記事も.おお,東大医学部の校舎に入っているイタリアンの店は,〈カポ・ペリカーノ〉という店名だったのか.