Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

22-05-2008 訓読みのはなし

[]『訓読みのはなし:漢字文化圏の中の日本語

笹原宏之

(2008年5月20日刊行,光文社[光文社新書352],274 pp.,本体価格820円,ISBN:97843340345559 → 版元ページ

著者はこれまで「国字」に関する本を出してきた:笹原宏之『国字の位相と展開』(2007年3月31日刊行, 三省堂, ISBN:9784385362632概略目次第1部詳細目次第2部詳細目次第3部詳細目次版元ページ)とか笹原宏之『日本の漢字』(2006年1月20日刊行, 岩波書店[岩波新書(新赤版)991], ISBN:4004309913書評版元ページ)とか.


本書では,次なるテーマとして「訓読み」に取り組む.「訓読み」という新しいシステムを考案し,中国伝来の漢字を日本語の中に取り込むという“荒わざ”を成功させた歴史的意義は大きいと著者は言う.

【目次】

はじめに 3

第1章 訓読みの歴史 11

第2章 音読みと訓読み 35

第3章 多彩な訓読み 67

第4章 訓読みの背景 101

第5章 同訓異字のはなし 153

第6章 一字多訓のはなし 191

第7章 漢字政策と訓読み 219

第8章 東アジア世界の訓読み 251

おわりに 272

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証