Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

13-10-2010 『進化論はなぜ哲学の問題になるのか』第二刷増刷

[]『進化論はなぜ哲学の問題になるのか:生物学の哲学の現在』第二刷増刷

松本俊吉(編著)

(2010年7月20日第一刷刊行/2010年10月15日第二刷刊行,勁草書房,東京,viii+238 pp.,本体価格3,200円,ISBN:9784326101986第一刷目次版元ページ

今回の増刷にあたっては「事項索引」(pp. 234-236)が新しく付けられたので,本全体のページ数が変わっている.その他,第一刷で発見されたミスは修整されている.

【目次】

まえがき(松本俊吉) i


第1章:自然選択の単位の問題(松本俊吉) 1

 1.1 選択の単位の問題小史 1

 1.2 対立遺伝子選択主義をめぐる問題 4

 1.3 集団選択説をめぐる問題 14

第2章:生物学的階層における因果決定論と進化(中嶋敏幸) 27

 2.1 はじめに 27

 2.2 システムと階層 28

 2.3 生物学的実体による通時的な階層形成 32

 2.4 自然選択と進化個体群 36

 2.5 階層間の因果決定性 39

 2.6 階層と選択のレベル 45

 2.7 おわりに 50

第3章:生物学における目的と機能(大塚淳) 53

 3.1 目的論とは:今日における問題 53

 3.2 目的指向性と因果的説明 54

 3.3 進化生物学における機能言明 60

 3.4 発見法としての目的論 65

 3.5 「型の一致」と適応主義批判 68

 3.6 結語 72

第4章:進化論における確率概念(森元良太) 75

 4.1 なぜ確率概念が問題になるのか 75

 4.2 決定論的世界観 78

 4.3 非決定論的世界観 81

 4.4 不可知論と一般化 85

第5章:理論間還元と機能主義(太田紘史) 95

 5.1 理論間還元モデル 95

 5.2 多重実現可能性と機能主義 100

 5.3 論争と展開(1)多重実現再考 106

 5.4 論争と展開(2)機能主義再考 109

第6章:種問題(網谷祐一) 121

 6.1 はじめに 121

 6.2 生物学的種概念 124

 6.3 系統学的種概念 127

 6.4 多元主義 130

 6.5 種の存在論的地位:種は個物か 131

 6.6 おわりに:「種」の認識論的意義 135

第7章:系譜学的思考の起源と展開:系統樹の図像学と形而上学(三中信宏) 141

 7.1 はじめに:分類科学と古因科学 141

 7.2 分類思考:形而上学的パターン認知 144

 7.3 系統樹思考:アブダクションよる推論 152

 7.4 ふたつの思考法:メタファーとメトニミーのはざまで 155

 7.5 おわりに:系統樹の図像学と形而上学 158

第8章:人間行動の進化的研究:その構造と方法論(中尾央) 163

 8.1 起源:人間社会生物学 164

 8.2 代案(1):遺伝子と文化の二重継承説 168

 8.3 代案(2):進化心理学 173

 8.4 継承:人間行動生態学 177

 8.5 結語 180

第9章:進化倫理学の課題と方法(田中泉吏) 185

 9.1 はじめに 185

 9.2 進化心理学とは何か 186

 9.3 倫理の進化を探るために 188

 9.4 「遺伝子の倫理」は可能か 196

 9.5 倫理は主観的か,客観的か 200

 9.6 おわりに 203


用語解説 207

人名索引 231

事項索引 234

執筆者紹介 238

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/20101013/1287105823