Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

06-05-2012 リヒアルト・ゼーモン伝

[]『Forgotten Ideas, Neglected Pioneers: Richard Semon and the Story of Memory

Daniel L. Schacter

(2001年刊行,Psychology Press, Philadelphia, ISBN:184169052X [pbk] / 2011年刊行,Routledge, London, xx+303 pp., ISBN:9781841690520 [pbk] → 版元ページ

リヒアルト・ゼーモンの「記憶遺伝子=ムネーメ(Mneme)」説は,アビ・ヴァールブルクの『ムネモシュネ・アトラス』に登場する「情念定型(Pathosformeln)」の概念が生まれるきっかけになった.本書はそのゼーモンの伝記.20世紀初頭,生物の遺伝メカニズムをめぐる百家争鳴の時代にあって,ネオラマルク主義の立場から「獲得記憶の遺伝」を唱えたゼーモンは,“再発見”されて間もないメンデル遺伝学がしだいに力をつけてくる中で,国際的に大きな論争を巻き起こしたという.本書の前半(Part I: The Story)100ページは20世紀はじめに戦わされた「ムネーメ論争」の歴史叙述に当てられ,後半150ページ(Part II: The Issues)でムネーメ理論の科学史的分析と現代的意義が考察されている.ゼーモンの主張:Richard W. Semon『Die Mneme als erhaltendes Prinzip im Wechsel des organischen Geschehens』(1904年刊行,W. Engelmann, Leipzig → Internet Archive [1920, fifth edition]|情報)を見ると,「Mneme」だけでなく「Engraphie」とか「Ekphorie」などという新造語が頻出する.ゼーモンはイエナ大学でエルンスト・ヘッケルの薫陶を受けた経歴があるので,造語癖もまた受け継いだにちがいない.

【目次】

Preface xi

Acknowledgments xiii

Preface [by Endel Tulving] xv

About the Author xix


Introduction 1


Part I: The Story

Roots of the Drama 11

Haeckel, Monism, and the Dilemma of the German Jew 21

Journey and Exile 39

Battles Won and Lost 57

Prisoners in their Cells 77


Part II: The Issues

Organic Memory, Lamarkian Heresy, and Semon's Mneme 97

Retrieval: The Mnemonic Missing Link 137

Semon's Theory and the Modern Psychology of Memory 163

Revolutionaries, Cranks, and the Research Community: Perspectives on Unrecognized Scientific Contributions 181

The Psychology of the Isolated Scientist 215


Epilogue: Past, Present, and Future in Psychology 243


Appendix: Past, Present, and the Future in Psychology 247


References 277

Author Index 291

Subject Index 299

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/20120506/1336079256