Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

31-03-2015 サイエンス・ブック・トラベル(目次)

[][]『サイエンス・ブック・トラベル:世界を見晴らす100冊

山本貴光(編)

(2015年3月30日刊行,河出書房新社,東京,215 pp., 本体価格1,600円, ISBN:9784309253237版元ページ

イーアスつくばのアカデミア書店では,本書の出版に合わせて,紹介されている理系本「100冊」をずらりと並べるブックフェアを企画しているとのこと.

【目次】

ご出発の前に 山本貴光 2


《Chapter I: 宇宙を探り、世界を知る》

・この世界の究極の姿は何か? ── 多田将 12

・人はなぜ宇宙を探るのか? ── 福井康雄 18

・光より速く進むことは可能か? ── 赤木昭夫 25

・人類はどこまで宇宙を理解したか? ── 大内正己 32

・地球の変動は人類をどう変えたのか? ── 鎌田浩毅 38

・ハチは飛んできたか? ── 大河内直彦 44

・進化とは何か? ── 長沼毅 50


[特別寄稿]「ポピュラーサイエンス書の素顔」 ── 青木薫 56

[Column]中継点1 子どもの絵本に接近 ── 山形昌也 64

[旅の心得1] 巨人の肩によじのぼろう 70


《Chapter II: 生命のふしぎ、心の謎》

・心はどこにあるのだろうか? ── 山口創 74

・動物はどんなふうに働いているのか? ── 本川達雄 80

・生物は、細胞は、果たしてどう進化してきたのか? ── 武村政春 86

・生物の分類や進化は科学的に研究できるのか? ── 三中信宏 92

・昆虫は人間の写し鏡か? ── 小松貴 98

・四千年も歴史がある膨大な「医学」を学ぶには、いったいどこから手を付けたらいいのだろう? ── 森皆ねじ子 104

・動物に心があるか? ── 岡ノ谷一夫 110

・『毒物事典』で分かることとは何か? ── 南伸坊 116


[Column]中継点2 科学館で立ち止まる ── 籔本晶子 124

[Column]中継点3 科学新書を眺める ── 小澤久 130

[旅の心得2] 森羅万象に”仲間”を見つけよう 136

[特別インタビュー] 宇宙と海の深い話 ── 矢野創×高井研 138


《Chapter III: 未来を映す》

・私たちが〈身体性〉を備えるとはどういうことなのか? ── 岡田美智男 154

・科学的な思考とは何か? ── 吉成真由美 160

・未来の医療はどうなるだろうか? ── 鈴木晃仁 166

・卵はどうして「私」になるのか? ── 榎木英介 172

・ビッグデータは世界をどう変えるのか? ── 矢野和男 178

・五感で科学を捉えるには? ── 山田暢司 184

・SF小説を書くには? ── 藤井太洋 190

・ロボットは感情を持てるのか? ── 西垣通 196


[Column]中継点4 書店で一服。 ── 上村雄太 204


案内人の名著 210

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/20150331/1427264735