Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

10-04-2015 できる研究者の論文生産術(目次)

[][]『できる研究者の論文生産術:どうすれば「たくさん」書けるのか

ポール・J・シルヴィア[高橋さきの訳]

(2015年4月7日刊行,講談社サイエンティフィク,東京, xii+178 pp., 本体価格1,800円, ISBN:9784061531536版元ページ|原書書評:書評篇実践篇投稿篇共著篇

【目次】

推薦の言葉:原著刊行にあたって(ジェイムス・カウフマン/キース・ソーヤー/ローレンス・S・ライスマン) v

推薦の言葉:日本語版刊行にあたって ― 千字の文も一字から:これなら書ける!究極の指南書登場(三中信宏) vii


まえがき xi

第1章 はじめに 1

 執筆作業は難しい

 いかにして身につけるか

 本書のアプローチ

 本書の構成

第2章 言い訳は禁物:書かないことを正当化しない 11

 言い訳その1「書く時間がとれない」「まとまった時間さえとれれば,書けるのに」

 言い訳その2「もう少し分析しないと」「もう少し論文を読まないと」

 言い訳その3「文章をたくさん書くなら,新しいコンピュータが必要だ」

 言い訳その4「気分がのってくるのを待っている」「インスピレーションが湧いたときが一番よいものが書ける」

第3章 動機づけは大切:書こうという気持ちを持ち続ける 33

 目標を設定する

 優先順位をつける

 進行状況を監視する

 スランプについて

第4章 励ましあうのも大事:書くためのサポートグループをつくろう 55

 執筆サポートグループの誕生

第5章 文体について:最低限のアドバイス 65

 悪文しか書けないわけ

 よい単語を選ぶ

 力強い文を書く

 受動的な表現,弱々しい表現,冗長な表現は避ける

 まずは書く,後で直す

第6章 学術論文を書く:原則を守れば必ず書ける 95

 研究論文を書くためのヒント

 アウトラインの作成と執筆準備

 タイトル(Title)とアブストラクト(要旨,Abstract)

 序論(イントロダクション,Introduction)

 方法(Methods)

 結果(Results)

 考察(Discussion)

 総合考察(General Discussion)

 参考文献(References)

 原稿を投稿する

 査読結果を理解し,再投稿する

 「でも,リジェクトされたらどうすればよいのですか?」

 「でも,何もかも変えろと言われたらどうすればよいのですか?」

 共著論文を書く

 レビュー論文を書く

第7章 本を書く:知っておきたいこと 131

 なぜ本を書くのか

 簡単なステップ2つと大変なステップ1つで本を書く

 出版社を見つける

 細かい作業もたくさん発生する

第8章 おわりに:「まだ書かれていない素敵なことがら」 151

 スケジュールを立てる楽しみ

 望みは控えめに,こなす量は多めに

 執筆は競争ではない

 人生を楽しもう

 おわりに


執筆のための参考図書 159

参考文献 162

訳者あとがき 169

索引 173

著者紹介 178

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/20150410/1428289963