Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

15-08-2016 戦地の図書館

[]『戦地の図書館:海を越えた一億四千万冊

モリー・グプティル・マニング[松尾恭子訳]

(2016年5月31日刊行,東京創元社,東京, 257 + lix pp., 本体価格2,500円, ISBN:9784488003845版元ページ

【目次】

口絵 1

はじめに 13

第1章 蘇る不死鳥 19

第2章 八十五ドルの服はあれど、パジャマはなし 39

第3章 雪崩れ込む書籍 57

第4章 思想戦における新たな武器 89

第5章 一冊掴め、ジョー。そして前へ進め 109

第6章 根性、意気、大きな勇気 129

第7章 砂漠に降る雨 153

第8章 検閲とフランクリン・デラノ・ルーズヴェルトの四期目 177

第9章 ドイツの降伏と神に見捨てられた島々 199

第10章 平和の訪れ 221

第11章 平均点を上げる忌々しい奴ら 235

おわりに 248

謝辞 250


訳者あとがき 254


原注 [xl-lix]

付録B 兵隊文庫リスト [viii-xxxix]

付録A 禁書の著者 [v-vii]

人名索引 [i-iv]

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証