Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

06-04-2017 翻訳出版編集後記(目次)

[]『翻訳出版編集後記

常盤新平

(2016年6月17日刊行,幻戯書房,東京, 318 pp., 本体価格3,400円, ISBN:9784864880985

【目次】

一九六七年十一月 ―― 初めてのアメリカ 7

ポール・レイノルズとトーランド 18

ノヴェライゼーション出版への疑問 29

「ホリディ」の失敗 39

「PW」誌の思い出 49

ニューヨークで出会った人々 70

わずかな部数を大切にした時代 81

敗者をいつも理解した人 81

楽しさ,面白さを味わう 91

HAYAKAWA BOOKS 101

翻訳出版の〈創造性〉 111

本を選ぶ態度 121

翻訳者と翻訳語 132

版権取得の面白さとワナ 142

ビジネスより冒険が大事 152

書評誌・紙を読む仕事 162

角川春樹氏と翻訳出版 172

編集者とエイジェント 182

大事なエイジェントの役割 193

自分を殺し,本や訳者を生かす 204

広い世界であることを実感 215

おりること,断わること 225

小さな巨人の存在 236

残りものを探すべき時代 246

翻訳書を書評する仕事 257

名訳と官僚的翻訳とのあいだ 268

早すぎた編集者の死 278

私の好きな翻訳者たち 288

翻訳は辛く楽しい仕事 299


解説「「後記」の後記」[宮田昇] 311

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証