Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

17-10-2017 京都学派 酔故伝

[][]『京都学派 酔故伝

櫻井正一郎

(2017年9月15日刊行,京都大学学術出版会[学術選書・083],京都, viii+415 pp., 本体価格2,000円, ISBN:9784814001156 版元ページ

【目次】

まえがき:「京都学派」について 1


第 I 部 實事求是 —— 文学研究の京都学派

序 17

第1章 實事求是とは 19

第2章 一次資料を読みきる —— 實事求是の核心 32

第3章 学風の啓蒙 —— 内から外へ 44

第4章 深瀬基寛と学統 49

第5章 今西学の登場 60


第 II 部 第二期の特徴

序 73

第1章 ヨコ社会 —— 第二期の土壌 74

第2章 教養主義 —— ヨコ社会の理念 79

第3章 独自なもの 83

第4章 第二期と出版社 93

第5章 学風の見取り図 100

第6章 第二期の事柄 103


第 III 部 京都学派人物列伝

序 115

第1章 第二期を率いた三巨頭 119

 序 119

 1 吉川幸次郎 —— 壮絶な人と酒と学問 120

 2 桑原武夫 —— 第二期を造った仕掛け人 133

 3 今西錦司 —— 京都学派の新しい学風 154

第2章 第二期人物列伝 180

 序 180

 1 深瀬基寛 —— 詩人と教養主義者 181

 2 大山定一 —— 自由の「純粋な象徴」 199

 3 古田晁 —— 京都学派の心柱 213

 4 富士正晴 —— 侠気と絶望 229

 5 高橋和巳 —— 『人間にとって』へと向かって 252

 6 小岸昭 —— 受難への旅 278

第3章 草創期の三傑 296

 序 296

 1 原勝郎 —— 都に落ちた雷 297

 2 九鬼周造 —— 遊里と遊離 316

 3 青木正兒 —— 「遊心」の逸楽 346


精神の灯を伝える —— 観望の記[立本成文] 377

謝辞 389

図版引用出典リスト [392-391]

出典一覧 [409-393]

人名索引 [415-411]

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証