Hatena::ブログ(Diary)

leeswijzer: boeken annex van dagboek このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイトは〈dagboek〉から【本】の情報を抽出した備忘メモです.(三中信宏)

sinds 9 januari 2005

01-02-2018 藤田嗣治:手紙の森へ(目次)

[][]『藤田嗣治:手紙の森へ

林洋子

(2018年1月22日刊行,集英社[集英社新書ヴィジュアル版 044-V],東京,206 pp.,ISBN:9784087210187版元ページ

前著2冊:林洋子『藤田嗣治:手しごとの家』(2009年11月22日刊行,集英社[集英社新書ヴィジュアル版 015-V],東京,206 pp.,ISBN:9784087205190目次版元ページ)と林洋子『藤田嗣治:本のしごと』(2011年6月22日刊行,集英社[集英社新書ヴィジュアル版 024-V],東京,254 pp.,ISBN:9784087205978目次版元ページ)に続く第三弾.これで三部作が完結したとのこと.

【目次】

はじめに 3


第一信 明治末の東京からはじまる 13

第二信 一九一〇年代の欧州から、日本の妻へ 23

第三信 一九二〇年代のパリで 45

第四信 一九三〇年代 中南米彷徨から母国へ 65

第五信 太平洋戦争下の日本で —— 後続世代へ 87

第六信 敗戦の影 —— パリに戻るまでの四年半 133

第七信 フランク・シャーマンへの手紙 —— GHQ民政官との交流 151

終信  最晩年の手記、自らにあてた手紙としての 189


おわりに 194

藤田嗣治略年譜 201

主要参考文献 205

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証