Hatena::ブログ(Diary)

左隣のインターフェース このページをアンテナに追加





2007-11-17 ひるがえれ墨染めの桜。

[][]その2 01:12 その2を含むブックマーク その2のブックマークコメント

Cross×Cross

  • http://skywalk.sakura.ne.jp/:title=GIFT]製作コラボ本。A5、69ページ、単色刷りのオフセットGIFTさんはいつもは『SkyWalk』という雑誌を作っているのですが、今回は趣向がちょっと変わった『Cross×Cross』という雑誌を作っていました。
  • 「はじめに」にあるとおり「2人の作り手が強力して、一つの作品を創る」というコンセプトであるらしい。「多様な「2人」による、多様な趣向をお楽しみください」とあるとおり、絵と文字で魅せるコンセプトがはっきりした作品です。
  • 「潮路」「まどろみ」「パーフェクトブルー」「人形」という四作品が主力。彼らがどんなジャンルについて、どのような作品が書きたいのか明確で、射程を適切に捉えて好感が持てる。
  • 個人的には短歌写真の組み合わせの中原述・高根ゆん両氏による「まどろみ」はお手本にしたいぐらいステキフォントの凝り方も嫌味がなく冒険心にあふれているし、短歌のもつ風景写真のもつ白黒の「暗さ」が実によくあっている。
  • こういうコラボ企画は誰もがみな考え挫折するんじゃないでしょうか。それでも絵師と文屋をそれぞれそろえるプロデュース力と実行力はがんばっている証拠であり才能と認めてもいい気がします。もう一つ、絵と作品との相性がいい。
  • どことなくBLの匂いが漂う青弥・杣木京「潮路」における軍服男性がページ越しに背中合わせに立つ絵や、三糸ひかり・杣木京「人形」の四つ割絵などは、文章の依存するリアリティを、絵がきっちり担保しているよい見本でしょう。
  • ただし、これが万人に向くかどうかはまた別の話かもしれません。万人に向けていないつくりを目指したのならば、読者層をきちんと狙うつくり、その点でも高く評価することができます。

若林若林 2007/11/20 20:29 はじめまして。
『はんせい』編集長の若林と申します。
弊誌をこんなにも評価していただきありがとうございます。
次回の文学フリマに出展を予定されているんですね。
弊誌も次回の出展を目指して次号の制作にとりかかるところです。
今後ともよろしくお願いします。
お互いがんばりましょう!

たたたたたた 2007/11/21 00:13 >若林様
 コメントありがとうございます! 「はんせい」はユニークな雑誌ですね。
 バックナンバーも買っておけばよかったと思っていますww
 私どもも、次回のフリマへの参加を予定しておりますが、まだどうなることやら……ですね。もしブースを見かけたら一声かけてくださいませw 『はんせい』もがんばってくださいませ。
 それでは。

エッセイ執筆者エッセイ執筆者 2007/11/30 23:47 雑誌『はんせい』でエッセイを書いた者です。
お読みいただきありがとうございます。
また春にお会いしましょう!

たたたたたた 2007/12/01 14:57 >エッセイ執筆者さま
コメント、ありがとうございます!
春に、ぜひおあいしたいですねww

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/leftside_3/20071117/1195315977
Connection: close