Hatena::ブログ(Diary)

カベジマ研究所 このページをアンテナに追加

2016-12-09

寒い。

冬ですから。


ガン・コモンの開発が停止してからおよそ1ヶ月程度経過しましたが、

ドット絵を少し描いたり、制作メモとしてソース内にコメントを追加するなど

全く何もしていなかったわけでもなく、進んでいないけど何かはしている。

・・・そんな最近です。


ガン・コモンのストーリーはまだ詳しく話せません・・・と言うか?

勿体つけてるだけなんですが、ちょっと心境の変化と言いますか、

オセアニアを中央に東の方から吹き付けるポピュリズム系の風に嫌気がさしてまして、

ちょっと設定やらなんやらに変更を施したいと思っている次第です。


ガン・コモンは悪の組織により『分断された世界を再び一つの世界に戻す』

と言う統一されたテーマでデザインされてきたゲームなのですが、


・・・現実では違いました。

悪の組織に、ではなく、分断は人々の意思により引き起こされたのです。


曰く今回は「現代の人そのものが分断を望んでいた」のです。

その事に気付いたときにストーリーに大きな乖離が生じてしまいました。

・・・そして自分的にはとても失望させられたわけです。


今のままでは自分の思い描いていたストーリーには真実がない。

なので・・・ちょっと頭を冷やすと言うか気分を入れ替えてその辺の

不整合を一つ一つ整えていきたい・・・と思っているわけです。


・・・まあこんなのは自分以外には理解できないことでしょうから

皆さんは気にしなくて大丈夫。単にサボっているだけだとお思い下さい。


そんな中、気分転換にと流用別ゲームのストーリーやキャラクターを

考え始めたらこちらの方がライトテイストで面白く見事に気分が転換!!

・・・まああまりイイことではないんですが、確かに何かはしている。


そんな最近のレガシスウェアなのでありました。


ちなみに流用別ゲームは弾幕シューティングになる予定です。

自分があまり弾幕シュー得意じゃないので本格的なものにはなりませんが

有料だったとしても100円から300円くらいの感じになると思うので

肩肘張らずに軽い気持ちでスナック感覚で手にしていただけたら嬉しいです。


・・・まあまだまだ先の話ですしまだ開発すら始まっていないので

実際にリリースできるのかも分らないですけどね。


とりあえず徐々にガン・コモンに気持ちを切り替えていきます。

自分達の制作ではモチベーションを作ることが一番肝心なんです。


会社ではないので定期的に製品をリリースしていくことが目的ではない。

面白い物を作るためには『面白いものを作りたいと言う気持ち』と

『自分達の作っているものが面白いと言う確信』が必要なのです。


だから何よりモチベーション・・・と言うかプロジェクトに対し『乗り気』であること。

これを最優先にしていきたい。


嫌々ではやらないよ、寒いしさ。はい。


f:id:legasysware:20161209002803j:image

大きさの違うのがあるような気もするが果たして・・・

2016-12-05

1×0はゼロ。

現在やる気があるかないかで言えば・・・そんなに沢山はない。

やめるかやめないかで言えば・・・やめる気はゼロだ。


とは言え気持ちが盛り上がらないのは事実だ。

これは仕方がない。


なにもかも、なにもかも。

何らかの理由があるだろう。


でもどんな理由があるにせよ、それはあくまで此方側の理由。


だから言い訳なんかはするつもりもないのです。

遅れてしまうね、申し訳ないね。


人生、良い日もあればそうでない日もあるだろう。


すべてがすべて、みんながみんな。

何不自由なく暮らしていけるわけじゃない。


だから『仕方のない事』ってのはある種の物理法則みたいなもので

決まったようにしか収まらない。


ただ・・・これもまた一時的なものに過ぎないだろう。

仕方のない事はどうあっても受け入れるしかないけれど、

受け入れた上で・・・その先が更に待っているのだから。


何が待っているかなんて・・・誰も知りはしないこと。

でも過去に戻ることなんて出来ない以上、あるのは踏み出す一歩だけ。


いま一つやる気が出なくても、その一歩を踏み出してまた進んでいこう。

・・・見てみたい世界があるんだよ。


1×0は0だけど1×1だって1なんだ。


その違いはたった1しかない。

0と1の間にはとてつもない隔たりがあるけれど1+0だって1。


今1持ってるならば・・・その1使え!!



f:id:legasysware:20161207011838j:image

2016-11-30

最近遊んだゲーム

・・・そんなにないかな。

Steamのインディー中心だけど買ったゲームの数はそこそこ。


コンシューマーでは3DSのダウンロードソフトの『にょきにょき』や

『3Dパワードリフト』を買ったけど、まだ少〜しだけしか遊んでない。


遊ぶ時間があまり作れないのと遊ぶ気持ちがあまり湧き上がらないのとで

買ったゲームもほとんど消化できていない。


なんつーかねぇ、自分のゲーム制作のことを考えると

「遊ぶのは今は我慢」って言う言葉が思い浮かんできましてね・・・。


遊んでてもそこまで楽しくなってこないんですわ。

まあそれは仕方がない。


実際問題やらねばならんことがあるのだから心理的にゲームを

遠ざけようとしてしまうのもあり得る話です。


そんな心境なので『面白いゲーム』を嗅ぎ分ける嗅覚は逆に鋭くなってます。

難易度が高すぎるとか操作性が良くないとかだけでなく、少しでも

「プレイ続行することのストレス」を感じるとゲームを続行できなくなるのです。


そうやってハネられたゲームはつまらないゲームなのか・・・?

それは分らないです。ただ少なくとも、私の肌には合わないゲームだった。

・・・それは間違いないんだと思います。


だからそんな中でも遊んでしまうゲームに関しては他の人の評価でも、

間違いなく面白いゲームだと判定されるはず・・・恐らく。


遊ばなかったゲームは駄目なゲーム?

いいえ、時間的余裕があれば楽しめるゲームもあるでしょう。


面白くないゲームは『面白くないゲーム』として自分の中にカテゴライズされてます。

それ以外のゲームは良い面もあれば悪い面もある、ごく普通のゲーム。

(そして一握りの最高のゲーム・・・)


最近遊んだゲームは・・・Hex cellsですね。

これは間違いなく面白いです。自分の中ではゲーム・オブ・ゲームズ。

ロジカルであればあるほど今の自分には楽しめる。


心に余裕が出てくればエモーショナル

(ロジカルの対語がエモーショナルなのかは不明)なものも楽しめるように

なるんでしょうけどね。


長年ゲームを遊び続けているからといって確かな審美眼を得られるとは限らない。

そしてあらゆる能力は自然と衰えます。


そう言ったことに抵抗していくためにも、本を読んだり音楽を聞いたり

ドラマや映画を見たり絵画を見たり、或いはスポーツなどで体を動かしたり、

自分の感性を鍛え続けることが必要なんだと思いますね。


まあ・・・色々と先は長いしやることもあるわけです。

ではまた。

2016-11-05

最近聞いたCD 〜10月まで〜

最近レガシスウェアのゲーム開発が軽くデスマーチ入ってきてるので

僕も他のメンバーも全く余裕がありません。


だけどそれぞれいつも通りに暮らしているのでその辺はご心配なく!!


余裕がないのはきっと不幸なことかもしれません。

・・・でもじゃあ幸せってなんだろう?


余裕があることが幸せなんでしょうか?

僕は幸せってものは「生み出すもの」だと思うんです。


なんでも余裕があるなら生み出しやすいのは確かでしょうケド

余裕自体が生み出すわけじゃない。


生み出すのは人間自身です。つまり幸せとは人間力に他ならない。

誰かに幸せを分け与えていますか?・・・きっとそんな人なら幸せです。


余裕はあった方がいいけれど、なきゃないでも。

・・・心が苦しいですか?そんな時は音楽でもいかがでしょう?


f:id:legasysware:20161104155355j:image

f:id:legasysware:20161104155630j:image


あとで追記しますので気が向いたらチェックし直してみてください。


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=


最近聴いたCD 10月末まで


・写真1、上の段から・・・



Two door cinema club [Gameshow]


Machinedrum [Human energy] (紙ジャケ)


Patten [Ψ] (紙ジャケ)




・中の段からは・・・


Metronomy [Summer 08] (紙ジャケ)


Jeff Mills [Free fall galaxy]


the Album leaf [Between waves] (紙ジャケ)




・下の段からでも・・・


Wilco [Schmilco] (紙ジャケ)


Delerium [Mythologie] (紙ジャケ)


Bon Iver [22 a Million] (紙ジャケ)




・写真2、上の段です・・・


Kirk degiorgio [Sambatek] (紙ジャケ)


Shearwater [Jet plane & oxbow] (紙ジャケ)


Steve hauschildt [Where all is fled] (紙ジャケ)




・中の段ですら・・・


Markus Schulz [Watch the world]


Tord gustavsen [What was said] (紙ジャケ)


Boom jinx [No answers in luck] (紙ジャケ)




・下の段ですらもう・・・


Chicane [Twenty]




=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=


今回リストに挙げた中ではシケイン、マシーンドラム、

ブームジンクス辺りをよく聴いてました。

Boom jinxは北米amazonの商品ページを見ていて知ったアーティストで

僕自身は全く知らなかったのですが結構いい感じのユーロトランスです。

・・・なんですが『Lunar arcade』みたいなゲームっぽい曲もあったりして

意外と聴きやすいレコードです。

D




Machinedrumのレコードも肌に合うのでよく買ってますけど

何故これが僕にはまるのか正直よく解らない・・・けれど好きなんですよね。

理由が分っていて好きになるものよりも感覚的に好きになるものの方が

より自分に向いているサウンドと言うことなんだろうなー。

D

(曲のオシャレさに反してビデオがめっちゃ怪しいwww)


Chicaneの新盤はベスト版みたいなものです。詳しいアルバムディティルを

知らないので間違ってるかもですが多分、アウトテイク版や未収録トラックを

まとめたものです。直近のSum of its partsからの曲が多目ですね。


そのほか、トゥー・ドアー・シネマクラブやウィルコ、アルバムリーフ、

パテンなど今秋の新作はどれも好みのものばかりで僕的には非常に良かったです!!

・・・ジェフ・ミルズやボンイヴェールの新作は初心者向けではないかもですが。




幸せってなんだろう?・・・なんなんですかね?本当に。

アメリカの大統領選挙が終わり、なんだかとても疲れた気分になりました。


お金や高価なものを沢山持っていることってそんなに幸せなこと?

洞窟の奥に宝物を抱えて潜むドラゴンのように、いつか一人の勇者によって

倒される運命なんじゃないのかな・・・?


多くの人の悲しみを救い上げられる人だけが真のリーダー足りうる・・・

そんな気がしました。


僕は・・・音楽の力で幸せを届けたいですね。

現実逃避の淡い夢ではなく、力強く何かを生み出す弾む幸せを。

・・・よく分りませんね。スミマセン。(^^)


では皆さんまた次回。アディオスアミーゴ!!

2016-10-28

手間取っていますね

1面のボスの歩行プログラミングです。


難しい・・・と言うよりもややこしいからこんがらからないように

一つ一つおっかなびっくり進めています。


今までだったらそれぞれを変数で・・・0で停止1で動作・・・みたいなのを

各動作箇所に対し別の変数を割り当てて処理していたのを、

今回は可能な限り数式で行おうと言うので相当ややこしいです。


朝も昼も夜も、関数のことばかり考えてるのでいつも以上に口数が減ってます。

0どころかマイナスですね。全く笑えません。


頭の中のイメージでは複雑に歯車の噛み合った機械式の時計を

ピンセットで部品を一つ一つつまみあげながら組み立てている感じ。


MMF2でゲーム作りを始めた頃は動作範囲の外に障害物置いて

画面外に出たオブジェクトを消去したり、

常に往復動作を繰り返すオブジェクトを画面外に置いて敵キャラの発生装置にしたり、


最初は木製のからくり玩具みたいな感覚だったものが

次第に電子部品を組み込んだ現代的なものに進化して・・・


今は機械式の時計になりました!!

なんだか逆行してるような気もしますが確実に複雑さは増しています。


はっきり言って七面倒くさいです。でもこれがまた楽しい。

数式が組みあがっていく様が楽しいんですよ。


まだまだとっかかりなんですけどね・・・ディアゴスティーニで言ったら

第3号くらいの到達度です。まだまだかかります。


まあそういう事情ですのでそういう事情なんだなと、そうお考え下さいませ。

あなかしこ。