Hatena::ブログ(Diary)

カベジマ研究所 このページをアンテナに追加

2017-02-17

むだばなし。

徐々に徐々に、ではあるけれど制作を再開させて行けるだろう。

モチベーションも上がってきているし季節も少しずつ良くなってきているし。


だが一つだけ足らないものがあるとすれば、それは機運なのかもしれない。


レガシスウェアはたまたまメンバー皆がシューティングが好きだという事で

シューティング中心に制作を行ってきてるけれどシューティングを作る為に

集まったパーティーではないので、勿論チャンスがあるならば他のジャンルにも

果敢に挑んで行きたいと思っている。


シューティングゲームはこの1・2年、SNSやニュースサイトなどでも話題に

上がるような注目のタイトルが出て活気があった。


ただ、どうなんだろう?コアなファンが狂喜した一方でそのブームは他に

波及を見せたのだろうか?


本来であれば成熟したユーザーに支えられた手堅いジャンルである筈だが、

その盛り上がりは思ったほどでもなかったように感じる。


閉塞感を感じるのは今に始まったことでもシューティングに限った話でもない。

ただなんと言うか・・・インターネット上の悪い空気に当てられたような、

理解していてマナーを守らない・間違った主張でもそれを主張し続けることにより

市民権を得られるとでも言いたいのか?


そのような恥知らずな風潮に世の中は満ちていて冷静さを欠いているように思う。


話をゲームに戻せば各ジャンル、文化としての魅力を伝える努力よりも

必要過多に他者を攻撃することにより内に対しては団結を高め外に対しては

攻撃の的となることにより注目を高める、所謂炎上商法のようなものが

蔓延しているように感じ、非常に危機感を抱いている。


衝突は疲弊を生む。『炎上』の文字を見るがいいだろう。残るのは消し炭だ。

内に居るものも外に居るものも衝突の度に疲弊し双方力を失っていく。


誰が得をするかと言えば、それは恐らく仕掛けた最初の一人だけであって

それに乗せられた人々は誰一人として得などしていないのである。


今、シューティングゲームに機運があるかと聞かれれば「残念ながらあまりない」

私はそう答えるだろう。


それは流行り廃りの問題では既に無く、今と言う時代の悪い風が

ユーザーコミュニティに対し悪い影響をもたらしているのかもしれない。


そんな状況下では「彼らのためにやってみたい」と言う気持ちは残念ながら

多くの場合は沸き起こらないのではないだろうか?


時に思う。

文化は送り手の手中にのみ委ねられるものではないと。

受け手の情熱と言うものも、時には必要なのではないだろうかと。


文化に対し健全であって欲しいと望むならばユーザー自身もまた、

健全であるよう努力すべきなのではないだろうか?




※個人の感想です

2017-02-08

まったりガン・コモン

ガン・コモンの制作はあまり快調ではないですが

一応進めてはいます。


前回も前々回もお伝えしたように

諸事情により、集中して制作を行える状況にありませんので

空き時間にグラフィック素材の作成をちょこちょこやっている程度。


そのくらいの進行度でしかないので「完成いついつを目指して!!」とか、

或いは「今は新システムの実験を!!」みたいな話もないです。


一先ず、今回はここまでで一応決まってる背景設定やらなんやらを、

教えられる部分限定ではありますが・・・メモ代わりに記しておこうかと。




・プレイヤー機名『ターミガン3 カスタム』


最初はターミガンmk-3だったんですけど、なんかスプリガンmark2と似てるので

数字だけ残して3にしました。


ゲーム内容にオマージュ的なものがあるならそれでも良かったんですけど

特に意識している部分も無いのに連想させるような名前は失礼かなと言うことで。

ちなみにターミガンとは雷鳥のことです。


雷鳥は飛ぶのが決して上手な鳥ではないのですが苛酷な環境に逞しく生きています。

ターミガン3もずんぐりとした機体後部の見たまんま、運動性能は高くありません。

その代わり同サイズの他の機体を大幅に上回る大出力のジェネレーターを搭載しており

強力な武装をいくつも内蔵することが可能なのです。その辺を雷鳥になぞらえてます。

このカスタム機には特別な愛称もあるのですが・・・それはゲームシステムにも関わる

名称ですので今回はまだ秘密に。




・プレイヤー(主人公)の属する組織『G.U.N.』


読みはジーユーエヌで『Gate of Under Neautralizing』の略です。

意味はあまり気にしないで下さい。頭文字をGUNにしたかっただけの語呂合わせです。

ちなみにPCエンジンのゲーム、ゲートオブサンダーとは何の関連もありません。


メンバーは軍事関係ではありますが科学者とエンジニアのみの構成で33名所属、

戦闘員は今回の作戦に当たって有志を集い決死隊を編成、ターミガン3のパイロット含む

29名が宿敵とも呼ぶべきグリーノームに挑みます。


G.U.N.のオリジナルメンバーも当初作戦に参加すべく旗艦バレットヘッドに搭乗する

予定でしたがこの作戦が失敗した場合、人類は永遠にグリーノームに屈することと

なってしまうかもしれず、最後の希望を残すため艦長は彼らの搭乗を認めませんでした。




・G.U.N.の旗艦『バレットヘッド』


中・大型突撃艇。今回の作戦の為だけに改修された既に現役を退いた旧型艦だが、

反してその適応性は非常に高くあらゆる環境下に投入できる万能艦となった。

一度きりの使い捨てではあるが、フォールディング・スペース・フィルタ技術の応用で

ブースター無しでも単体で重力圏離脱が可能。




・敵側の組織『Greanome』


読みはグリーノームです。設定がまだぼんやりとしているので詳しい解説なし。

世界の富のおよそ20%を保有するとされ、現在地球は彼らの暴挙の末、完全支配下にある。

グリーノームの一般会員は世界中に無数に存在するが正規のメンバーは数人しかおらず

(非公表)、組織には戦闘員のようなカテゴリも無い。従ってグリーノームの所有兵器は

ほぼ全てが無人機(ロボット)である。




・・・この辺まででしょうか?ガン・コモンはゲームのシステムと背景設定が密接に

関わっているので、あまり詳しく言えないというか・・・今は秘密にしておきたい。




おまけで描き途中の大型敵(宇宙兵器)のドット絵の変遷を。

上が最初期で下が現在です(その中間はデータとして残さなかったのでなし)。


f:id:legasysware:20170207023200j:image


日々描き続けていれば慣れで作業速度も幾分速くなるし上達もする(ことに期待)

だろうからここでタメを作っておくのも無駄ではないのである。

2017-01-25

Nintendo Switchへの期待。

1月21日より予約開始された任天堂の期待の新ハードNintendo Switch

予約は開始間もなく予定数に達しどこも受け付け終了、今のところ出足は

好調(まだ"出ては"いませんが)のようです。


残念なことに私は予約できませんでしたが・・・このまま勢いを保ち順調に

出荷台数を伸ばしていけばある程度まとまった市場を形成できる見込みのようです。


ただ、出荷台数で言えば苦戦したWiiUも一千万台強を出荷していますから

ある程度本体が売れていてもそれで成功とは言い難いでしょう。


やはりソフトです。ソフトのラインナップが今後充実していくのか否か?

ローンチタイトルや今現在発表されているタイトルを見た限りでは、

まだ本腰を入れているサードのメーカーは殆どいないように感じます。


このままだと任天堂タイトル以外は徐々に数を減らしていく流れになる

可能性も否定できません。


マシンスペックは公表されていませんが例えばSONYの現行機であるPS4のゲームを

マルチタイトルとしてそのまま持ってくることは難しいようです。


そうなるとSwitch向けに開発されるゲームの多くはSwitchに特化した

Switch専用ソフトになる可能性が高く、サードパーティにとっては

元々サードのソフトに対する反応が弱いユーザー層をどう攻略していくのか、

Switch向けソフトの開発には苦労することとなるでしょう。


ただ、同じような事情を抱えながらも、WiiやDSにはソフトが集まりました。

これは圧倒的な普及台数とロースペックが故に安価にソフト開発が行えたことが

背景にあったと思われます。


ですからSwitchが爆発的に売れてしまえば、ある種なし崩し的に市場が形成され

そして任天堂が想定しているのはその様なストーリーなのではないかと。


実際どうなっていくのかはその時になってみなければ判りませんが

要はスタートダッシュが決まらなければかなり危ういが勝算がないわけではないと

そのような予想をしています。


ゲームハードが普及してくれないと一番困るのはユーザーです。

折角買ったハードにゲームソフトが供給されず、使っていないゲーム機の処遇に

頭を抱えることになります。


ハードが普及していないとソフトを作って売ることが出来ずソフト屋も困ります。

誰一人得をする人はいないのです。どっちが売れたかの勝ち負けではありません。

どのハードも一定数普及し、市場を維持していってくれなければ皆が困るのです。

一人でもゲーム文化から興味を失くす人が出れば、それは業界全体の損失なのです。


だからこそ、Nintendo Switchニンテンドースイッチ)には是非とも成功してほしい。

・・・或いは他のゲーム機とはまた違う選択肢としての未来を。

2017-01-23

最近買ったお気に入りのアメコミ

本来は昨年の内に書いておこうと思っていたネタが

幾つか放置されていたものを簡単にレスキューしていく。


テンションが上がってないので文章もクールダウンしてるけど

そこは気にするな、本人の気持ちの問題ってだけで題材はホットです。


f:id:legasysware:20170121213709j:image

f:id:legasysware:20170121213748j:image


MONSTRESS(モンストレス)VOLUME ONE / Marjorie Liu・Sana Takeda

GOLDIE VANCE(ゴルディ・ヴァンス)VOLUME ONE / Hope Larson・Brittney Williams

TYSON HESSE'S DIESEL(タイソン・ヘッセズ ディーゼル)IGNITION / Tyson Hesse

I HATE FAIRYLAND(アイ・ヘイト・フェアリーランド)VOLUME TWO:FLUFF MY LIFE / Scottie Young


これらの本の、何より気に入っているのはどれも絵が素晴らしいと言うことですね。

アメコミにありがちな1ポーション毎に描いている人が全く違うとかそういうのがなくて

表紙もメインのコミックアーティスト自身が描いているので日本の漫画に近いスタイル。


ファンタジー調の美しいイラストが好きな人ならモンストレスはきっと気に入るだろうし

ヤングマーベルシリーズでお馴染みのスコッティ・ヤングのアイ・ヘイト・フェアリーランドも

可愛くてグロテスクで更に地球一周してキュートな1冊だし、アメコミというよりも昭和の頃の

日本のアニメ作品のような雰囲気のあるゴルディ・ヴァンスもお気に入りなのですが・・・


やっぱり一番の掘り出し物(なんていう言い方は失礼だけど)はディーゼルですね。

ややラフなタッチで漫画的に描かれたキャラクターが非常に魅力的。

近年の日本の漫画は男性に媚びた巨乳美少女を推した作品がやたらと目に付きますが

この作品はもっと前の時代の・・・1コマの描き込みに注力していた、漫画文化が

一番熱かった時代を思い起こさせてくれます。

f:id:legasysware:20170122235934j:image


あのね、懐古じゃないんだよ。今の主流の作風に飽きてるんだ。


今の日本の漫画にも面白い作品、絵の優れた作品は沢山あるんだと思う。

でも、あまりにも商業的な売れ線狙いの作品が多すぎて自分にはもう見つけられない。

(そんな中でも鬼滅の刃とか好きな作品はあるんだけどね)


自分のフィーリングに合う漫画が海の向こうからやってくる。

決してもろ手を挙げて大歓迎ではないんですけどね。


・・・ディーゼルの翻訳版、出ないかな?

2017-01-21

セガ3D復刻アーカイブスとかバトルガレッガ Rev.2016とか。

皆さんこんばんわ。ゲームライフ満喫してますか?


私は相変わらずゲームを遊ぶ時間があまり作れていませんが

ゲームへの関心・興味を失いたくないのと好きなメーカーや人には

縁はなくとも多少なりとも恩返しがしたいと言うことで・・・


買うには買う!

・・・数は少なくなったけども!!


いや、一昨日辺りamazon見てたらPS4バトルガレッガが4050円にまで

値下がりしてたんでこれは買っとかないと・・・と思い即断即決した次第。


遊ぶ時間が作れていないし今現在、ちと立て込んだ事情がございまして

余裕が出た頃にダウンロード版で購入しようとパッケージ版は見送っていたのですが

この値段なら買わずにはいられまい。なんと言っても豪華特典つきでございますからな。


・・・まあ今もあんまりテンション無いんで極めて普通の顔してますが

これでも喜んでいるんでございますよ!


f:id:legasysware:20170121212324j:image


昨年発売されたセガ3D復刻アーカイブス3とアーカイブスMANIAXも揃え、

これで今冬のM2関連アイテムは制覇です。


アーカイブスMANIAXはゲームニュースサイト『GAME WATCH』に掲載された

恒例となっていた開発者インタビュー記事を1冊の本にまとめた物で、

まあなんと言うか夢の1冊ですね。そうそう、こんなのが欲しかった。


で、肝心のゲーム(アーカイブス3)の方はあんまり遊べていないのが

大変心苦しいのですが・・・ターボアウトランの3D表示との相性が抜群。

それだけは言っておこうと思う。あとサンダーフォース3もあるから皆買え。


今回は以上。仕事疲れた。休息を取るためまた自分の制作に戻る。