モナドの方へ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2011 | 01 |
2012 | 08 |
2016 | 04 |

2008-05-20

[]ピナコテーカ・トレヴィル・シリーズ

不意にカルロ・クリヴェッリの画集がほしくなった。

以前、どこかの美術館の図書館で見たことはあったのだが、あの筆舌に尽くしがたい美しい描写をもう一度見たくて、たまらなくなったのである。

しかし入手困難なピナコテーカ・トレヴィル・シリーズのなかでもクリヴェッリは最も入手困難な一冊のため、Amazonユーズドなどの法外な値段設定を見てはため息をつくばかりだった。そんなおりふと目に入ったのが10冊セット75000円。まあバラで買えば安い巻もあることは知っていたんだけど、思わず買っちゃいました。もうどうにでもなれ。

そして本日無事到着。クリヴェッリの「マグダラのマリア」に、モンス・デジデリオの廃墟に、もだえまくりなのであります。


アサマシ頑張ってみたものの、Amazonユーズドの法外な値段で買う奴なんていないよな……

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/leibniz/20080520/1211305867
Connection: close