Hatena::ブログ(Diary)

lejb622の日記

2018-11-21 本と講演会の紹介

[]フィルカル 11:45

こちらも出ていました。
『フィルカル』vol.3, No.2



もうひとつです。
松永伸司『ビデオゲームの美学』慶応義塾大学出版会

ビデオゲームの美学

ビデオゲームの美学



今頃ですみません。

[]12月1日加藤晴明先生(中京大学講演会(再掲) 09:40

中京大学現代社会学
加藤晴明先生の講演会を、次の要領で開催いたします。

日時 2018年12月1日(土)13時30分−15時
会場 名古屋大学博物館講義室
タイトル「ハイブリッドカルチャーとしてのよさこい体験的よさこい文化論」
http://www.num.nagoya-u.ac.jp/information/access.html

加藤晴明教授のご紹介
中京大学現代社会学部教授
ご著書に『自己メディアの社会学』(リベルタ出版、2012年)、『奄美文化の近代現代史ー生成・発展の地域メディア学』(寺岡伸悟氏との共著、南方出版、2017年)など。メディア研究とメディア実践の両面でご活躍を続けておられます。また中京大学よさこいチーム「晴地舞」顧問として、長い間よさこいにも関わっておられます。http://katoharu.seesaa.net

ぜひお越しください!

[]平野啓一郎さんの新刊が二冊出ています。 09:36

ひとつは、『ある男』(文藝春秋
もうひとつは、『考える葦』(キノブックス)です。

ある男

ある男


考える葦

考える葦



身体についての研究書が出ています。

2018-10-22

[]加藤晴明教授講演会のお知らせ 18:17

中京大学現代社会学
加藤晴明先生の講演会を、次の要領で開催いたします。

日時 2018年12月1日(土)13時30分−15時
会場 名古屋大学博物館講義室
タイトル「ハイブリッドカルチャーとしてのよさこい体験的よさこい文化論」
http://www.num.nagoya-u.ac.jp/information/access.html

加藤晴明教授のご紹介
中京大学現代社会学部教授
ご著書に『自己メディアの社会学』(リベルタ出版、2012年)、『奄美文化の近代現代史ー生成・発展の地域メディア学』(寺岡伸悟氏との共著、南方出版、2017年)など。メディア研究とメディア実践の両面でご活躍を続けておられます。また中京大学よさこいチーム「晴地舞」顧問として、長い間よさこいにも関わっておられます。http://katoharu.seesaa.net

ぜひお越しください!

2018-09-11

[]展覧会 15:15

波止場vol.15
水谷ソーマ展(名古屋/新栄 パルル+波止場)
http://hatobashinsakae.tumblr.com
開場日にご注意ください。

2018-04-24

日本記号学会第38回大会「食の記号論」(於:名古屋大学)のご案内 11:44

次のサイトをごらんください。

http://www.jassweb.jp/?p=757

ところで、申し訳ありませんが、
大学周辺には宿泊施設がほとんどありません。
JR名古屋駅、地下鉄栄駅近辺の施設などをご利用ください。

また、大学周辺には食事をとるところもそれほど多くはありません。

コンビニファミマ)は構内にあります。

名古屋駅から名古屋大学までは、
地下鉄東山線「名古屋駅」乗車、「本山駅」で名城線に乗り換え、「名古屋大学駅」まで。
ただし、本山駅での乗り換えに多少時間がかかりますので、ご注意ください。
(名城線はだいたい10分に1本の間隔です。)

また、名古屋大学駅から「1番出口」から、会場の情報学部棟、情報学研究科棟までは、
徒歩で10分少しくらいかかります。駅と会場は直結しておりません。
雨天時は、駅からカサなしで歩くと普通にずぶ濡れになってしまいますので、ご注意ください。

2018-04-18

食(メシ)の記号論、『食べることの哲学19:02

2018年5月19日(土)20日(日)の2日間、
日本記号学会第38回大会「食(メシ)の記号論」を開催いたします。
会場は名古屋大学東山キャンパス情報学部棟/情報学研究科棟です。
詳細は、のちほど掲載いたします。

関連して、次の本をご紹介いたします。

食べることの哲学 (教養みらい選書)

食べることの哲学 (教養みらい選書)