ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

無言の日記−It’s Nothing, Don’t Mention That このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 |
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2009 | 08 | 10 | 11 |
2010 | 04 | 08 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 |
2014 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2016 | 05 |
2017 | 01 |
少女漫画を研究していた岩瀬坪野の日記。ミュージカルも好き。
好きな漫画家は、萩尾望都、なるしまゆり、冨樫義博。
漫画ブックマーク/分家:五月の庭 A YARD IN MAY/Follow me on Twitter

17/01/15 (Sun) 私か感じたコパキソンの副作用

私が感じたコパキソンの副作用 14:08 私が感じたコパキソンの副作用を含むブックマーク

明けましておめでとうございます。岩瀬です。今年もよろしくお願いいたします。

さて、昨年12月よりコパキソン認可から1年たったことで2ヶ月処方してもらえるようになり、コパキソンに切り替えました。その際に、mixi (http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=287530&id=79363823 のこと)をはじめ、いろいろな方のブログ等も読んで参考にしてきました。よって私もコパキソンの感想を記したいと思います。

病名を知りたい方はこちら

https://note.mu/comeout

なお、私はしびれ、歩行困難、脱力、痒み、めまいは経験したことがありますが、易疲労やウートフ兆候はありません。


痛み

打ってから10分ほど、その部分を刺されたような痛みがあります。温冷パックをもらったので、温めると少し気にならなくなると感じましたが、うちの電子レンジが目盛りが曖昧なやつだったので、30秒以上温めてしまい1日で壊してしまいました。正直言って生理痛の方が痛いので、痛み自体は、温めなくてもわりとすぐ我慢できるようになりました。部位によって痛みの程度が全然違います。圧倒的に合わなかったのは膝上で、あまりの痛みに息がつまるほどでした。1時間以上は辛かったと思います。ロキソニンを飲んで寝ました。普段は10分くらいで治まります。


熱・腫れ・痒み

個人の感想ですが、今まで打ったところにもう一度打つと、熱・腫れが出やすいように思います。そのため新しい部位を試しています。症状は蚊に刺された時と同じような感じです。かいてしまい内出血することもあります。一度だけ使い始めた初期は、あまりの痒みで腕に湿布を貼って冷やしたこともあります。私の場合、当日や翌日よりも2〜3日後の方が腫れることが多いと感じます。また、皮膚内部では若干しこりのようになっています。今の所、1〜2週間でしこりが消えています。


注射の手技

オートインジェクター2を使っています。使用感に嫌悪感がある人もいるようですが、私は全く問題ありません。むしろ助かっています。好きです。

一度だけ、蓋を抜き忘れてスイッチを押してしまったことがあり、気づかず、赤い蓋を、スイッチ後に抜いたところ、押されて細い針からキラキラと糸のように液体が出されてしまったことがありました。それ以降はそのようなことがないように十分気をつけています。

なお、一度、血が結構でて内出血したことがありました(腕)。


打ち忘れ

打ち忘れは1回、蓋の取り忘れ1回、国内旅行のため1日すっとばしで計3回です。打ち忘れは翌朝に打ちました。その日の晩も打っています。理由として、「現在倍量のコパキソンを、週3回くらい打つものの治験が外国で行われており、結果が良好であるため、量を増やしても問題ないと考える」という医師への確認結果から、そのようにしています。


打つ時間とめまい

国内旅行のため、朝に1回打った時には特に問題なかったのですが、打ち忘れで朝に1回打った時には、4時間後くらいに酷いめまいがきたので、それ以降夜に打つようにしています。コパキソンでめまいを訴える人は国内のウェブではほとんど見つけられず、「Copaxone Diziness」「Copaxone Vertigo」などで検索したところ、(あくまでそのウェブサイトでは)2割程度の人に認められるとありました。http://www.ehealthme.com/ds/copaxone/vertigo/


のどのかゆみ、持続する息苦しさ(呼吸困難)、発疹やじんましん、けいれん、失神

一方で、日本のコパキソンのサイトや、治験にも記された上記ですが、私は息苦しさ等を感じたことはありません。3割程度の人が感じるとのことです。

唯一、太ももで鼠蹊部(足の付け根)よりかなり膝側(推奨は5cm以内なのに)に打ってしまった時、すぐにじんましんのように周囲が不均等に腫れていました。ただしその後は打つ場所を間違えなければ特に問題なしで、打った場所も今は治っています。


コパキソンと経口ステロイド

私は比較的病状が軽く、とはいえ昨年3回再発したため、右膝が少しつっかえるようになってしまいましたが(悲しい…)、経口ステロイドは3年ほど3mgを飲んでいるだけです。

コパキソンを始めても並行しています。これから減らしていくのでしょうか。


コパキソンとステロイドパルス

コパキソン導入時に右足がつっかえていたので、3日目からパルスを1クールやりました。パルスは累計10クールくらいやっていて、だんだん慣れてきて、夜も寝れるようになってきていたのですが、今回はあまり寝れず、睡眠薬が必要でした。

また、コパキソン・ステロイド双方の副作用であるホットフラッシュ(顔面紅潮)を翌朝に2回経験しました。ホットフラッシュはその後はありません。


不眠症

この記録を書くきっかけになった最大の原因は不眠症です。正直言って9割がたは良い方に捉えています。ステロイドパルス時には、朝5時くらいに起きてしまい、しかし元気いっぱいなので昼も眠くならず、夜も寝付けない…という状況になります。多くの人も経験すると思っていますが…。それによく似ているのですが、全体的に効果が薄めで、ありがたいことに「夜も寝付けない」という部分はまったくありません。むしろ、今まで1時半くらいまでは起きていられたのが、12時頃にはひどく眠くなるといった感じです。私はあまり疲労を感じないタイプで寝つきは悪いこともあったので、これは驚きでした。朝は爽やかに目覚めることができ、日中もあまり眠くなりません。休日昼寝するときも、ぼんやり起きている感じもありました。

しかし、二度ほど、朝の3時や1時に起きてしまい、その後は完全には眠れないことがありました。

ただ、パルスと同じで、だんだん体側の「慣れ」を感じており、不眠症早朝覚醒は、少しずつ減っている感じがします。便利だったんですが…。最近は普通に朝起きるのが辛く感じるようになってきました。

これも、CopaxoneとInsomnia, Sleeplessness, Sleeping Issuesなどで検索すると皆が盛んに議論していますが、日本語では言及している人が見つからなかったため、ブログに書こうと思いました。

http://www.ehealthme.com/ds/copaxone/insomnia/ によると、3割くらいの人が経験するようです。


胸の張り?もしくは生理サイクルの改善?

これはまだ検証中です。生理前の胸の張りがかなりあった気がします。ただ、生理周期が1ヶ月くらいだったのが28日くらいに短縮されたようなので(?)、意外な時期に来て違和感があっただけかもしれません。

英語で検索すると、言及している人もいますが、不眠症やめまいに比べて少ないです。


番外編:少量のステロイドの長期経口投与による皮膚粗しょう症

ステロイドを3年取り続けた冬、黒いTシャツの裏が真っ白になるくらい、皮膚が毛羽立って乾燥してしまいました(顔は割と平気)。ビタミンCや塗り薬で1ヶ月程度で普通に戻りました。

長期投与による明確な副作用を感じたので、なんだか考えこむことがありました。できれば一時期だけでもステロイドを止めてみたいものですが…。


まとめ

繰り返すと強くなると感じた副作用:注射部位反応(赤み、しこり、痒み)

繰り返すと弱くなると感じた副作用不眠症・早期覚醒

避けることで感じなくなった副作用:めまい、じんましん

※打った時の痛みは部位によって違いが大きい。私の場合、膝上だけは耐えられないほど痛い。

コパキソンは効くのは3割くらいの患者で、しかも6ヶ月くらいしないと効果がでないそうですね。みなさんのコパキソンライフが実り多いことを祈願しております。

16/05/07 (Sat) エルサがレズビアンであっても受け入れなくてはならない三つの理由 -

[]エルサがレズビアンであっても受け入れなくてはならない三つの理由 12:33 エルサがレズビアンであっても受け入れなくてはならない三つの理由を含むブックマーク

2年ぶりの更新がまたアナと雪の女王の話かよ!

こんにちは。岩瀬坪野です。アナと雪の女王記事4連チャン。アナと雪の女王は4ヶ国語で見てます。日本語版見たことないけど。

最近また日記を書きたいな〜と思っていて、いろいろ準備しているので、ウォームアップということで!

別にエルサがレズビアンでもいいじゃない!!!

何が悪いのさっ!

と思う理由を三つ書きます。

1、ミュージカルに、最後のどんでん返しと続編のアレさはつきもの

ミュージカルは多くの場合、マイノリティに焦点を当てており、そのことで観客の共感を呼び込んでいます。

逆に言えば、私たちも結局は、どこかでマイノリティだからこそ、共感をしてしまい、ミュージカルを愛してしまうのかもしれません。

エルサを同性愛者に、という人は、そのような業界で、すなわちブロードウェイにて育ったロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスをディズニーが買ったにもかかわらず、ディズニーが上澄みばかりを利用してはっきりと物言いをしない(させない)ことに苛立ちを感じているのかもしれません。

だってその2人の過去作品は、アナと雪の女王に勝るとも劣らない大傑作『アベニューQ』、『ブック・オブ・モルモン』ですからね。

そしてその両作品にて、言ってはいけないことを言うというスタイルを確立。インターネットポルノのため。モルモン教に入れば女子割礼しなくてOKだからあなたの○○○○○は無事。しかしアナと雪の女王では、「Fixer Upper(邦題:愛がすべて でしたっけ?)」でしか発揮する機会がなく、観客にそれぞれのキャラクターのFixer Upperな部分を探せというスタイル。Fixer Upperに描かれていたクリストフのダメなところと同じくらい、各キャラにもダメなところがあるんですよ。*1

であれば、エルサのそれが、彼女と対等に渡り合える、同等に強い伴侶だと読み解く人がいたとしても仕方がないわけです。

ちなみに、ロペス夫妻の過去作品には、最後にカムアウトするキャラクターもいますし、世界で一番ロングランしているミュージカル「オペラ座の怪人」は、続編「Love Never Dies」により前編に描写されなかった衝撃の事実があったことが明らかになっています。それにより無色透明な美しい思い出に、油絵の具がバッタバッタ塗られるような感覚があるのは事実ですが、そこから「Till I Hear You Sing」という名曲及びラミン・カリムルーというスターが生まれたことを考えれば、総じて得るものはあったと言ってよいでしょう。少なくとも、ディズニーの各続編よりはよくできています。

私は、結局のところアナと雪の女王を、とてもよくできたブロードウェイのチラシだと思っているので、少しでも若いマイノリティの人がブロードウェイに気づくきっかけになればいいと思っていますが、チラシ=ディズニー自体の力が強すぎて、ディズニーに、いい加減同性愛者のこと「いないもの扱い」すんのやめろや!と言いたくなるのはわかりますし、ありとあらゆる機会にそれを主張していくべきだと思います。それにエルサがふさわしいキャラクターなのかわよくわかりませんが、少なくともニュースになって私が日記を2年ぶりに書くくらいの効果はありますし、ましてや声優が、モーリンでエルファバなイディナ・メンゼルですしね。ブロードウェイを利用しているディズニーを利用して何が悪いのさ?

いずれディズニーが、かつて黒人プリンセスや、見た目の麗しくない人物を主人公に据えたように、いつかは同性愛者を、できれば主人公格で扱うことを、アライの一人として願います。



2、ジェンダーに縛られたアナと雪の女王批評はもうやめよう

『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!で何度も記したように、 『アナと雪の女王』は脱プリンス依存の物語ではなく、「一人で自由になりたい」と中盤にて自分の意思にて選択するところや、言うことをハイハイと聞いてくれるYesマンのハンスではなく、ちゃんとNoと言えて、意見がぶつかり合うクリストフのような男を選択するという対比(そうすると男はプリンセス化し、プリンセスは男化するのだが)というところが新しいと思っているので、エルサの選択自体は、アラジンの焼き直しという感じで、重きを置いていません。

エルサにもアラジンにも、がっつり感情移入できます。


3、結局お互い「アナと雪の女王に俺が言いたいことをいかに乗せるか」の言い合いでしかない

っていうかな、お前ら全員、前にも言ったけど、

アナと雪の女王が何を描いているか」ではなく、「アナと雪の女王に俺が言いたいことをいかに乗せるか」に集中しすぎなんですよっ!!

とはいえこういった議論は、私がNo⇔Noの関係といった、建設的なアナとクリストフの関係に似ておりますので、極めて肯定すべきことです。

それを解きほぐそうとした試みが、「『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!で、クリス・バック監督、ジェニファー・リー監督、シェーン・モリスは構造的にも素晴らしい脚本を書くため、おそらくエルサがレズビアンであった場合にも、大変納得いく形態に持ってこられることは間違いありません。

私の中では、「一人で自由になりたい」という部分が新しかったFrozenですので、前作の最後に「一人で」の部分がすでに美しく否定されてしまいました。しかし私は幸福です。ですから、仮にエルサにパートナーができたとしても、その人がまた同様に一人と自由を愛する人であり、自らの束縛欲や、周囲からの反対(相手の地位でも性別でもなんでもいいです)によって、自由の形を、自らの力の発露を、異端としてのあり方を変えられるような局面に立たされ、葛藤し、乗り越えてくれれば、その原因が何でも問題ありません。


この件に関しては、そのような事情から、エルサがレズビアンになると、私自身は、Love Never Diesで感じたような「美しい前作の思い出に色がついてしまった…」感を感じることは必至ですが、ヴォルテールのいう「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」の立場を貫きたいと思います。なぜならディズニーこそブロードウェイの利用者だから。そして私たちもアナと雪の女王を利用しているだけだから。何はともあれ、意見を表明するのに萎縮ダメ、絶対!


なおこの記事はひとりのアナ雪ファンが #GiveElsaAGirlFriend に反対する理由 - Tokyo Pin Trading Daysに触発して書かれましたが、「製作者の手の中にある内からそれを歪めるような圧力をかけないで欲しい」と言われましても、どうせ大した圧力にならないし、それで変えて作品が失敗したら製作者の力不足だと思いますし、歪めるとか言葉の使い方がやな感じですし、正直私の気に食わない意見を目に触れるところに掲出される形で主張しないで欲しいという風にしか読めませんでした。すいません。

この日記のはてなブックマーク数


このエントリーをはてなブックマークに追加

論者紹介:岩瀬

年に1度はウェストエンド・ブロードウェイに舞台を見に行く舞台好き。そのきっかけはディズニー。好きなミュージカルは、オペラ座の怪人、ビリー・エリオット、Avenue Q、RENT、Wicked、レ・ミゼラブル

Twitterやってます。 https://twitter.com/IwaseTsubono

*1:アナのノーコンなどは何度も描かれてます http://d.hatena.ne.jp/lepantoh/20140712#1405174377

14/07/12 (Sat) 祝!DVD発売『アナと雪の女王』脚本伏線完全解説(時系列順)

[][]祝!DVD発売『アナと雪の女王』脚本伏線完全解説(時系列順) 23:12 祝!DVD発売『アナと雪の女王』脚本伏線完全解説(時系列順)を含むブックマーク

こんにちは。たぶんアナと雪の女王をそろそろ100回くらい見たような気がします。数えてないけど。

すでに長文の解説「『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!」を寄せてはおりますが、改めましてアナと雪の女王の脚本(プロット)にある伏線を表にしてみました。はてな記法すばらしい!他にもあったら言ってね。

分類は、

  1. キャラクターの個性(エルサの恐怖、アナのノーコン、クリストフの人間嫌い、ハンスの他人に合わせるところ、など)
  2. 役割の反転(ハンスの行動をアナが繰り返しアナが王子化する、など)
  3. 関係性の反転(アナ⇔ハンスのYes⇔Yesで始まる関係から、アナ⇔クリストフのNo⇔Noから始まる関係、など)
  4. その他(単なる繰り返しなど)

となっております。

前にも書きましたが、2の関係性が反転した部分と、3の役割が反転した部分が混在しているため、見分け辛いです。


初出後出分類と解説
アナがエルサにThe sky is awakeというオラフがスヴェンにThe sky is awakeという4 単なる繰り返し?
エルサがアナにAre You Ready?と言って雪だるまを作るエルサが国民にAre You Ready?といってスケートリンクを作る3/4 エルサが他の人のためにも能力を使えるようになったことを示す
エルサの能力の記憶をアナから奪うアナはオラフに夏が来たら解けることを教えない2 アナのエルサ化
アナが階段から自転車で転げ落ちるFor the first time~でアナが階段を滑り降りるが、結局甲冑を壊す4 アナのノーコン、前方不注意、おっちょこちょい
母の遺影にブローチがあるエルサがLet It Goでブローチ付きマントを捨てる1,2エルサの女王の放棄
アナがジャンヌダルクの肖像にHang in thereというオラフがアナとクリストフにHang in thereという2, 4
クリストフがスヴェンにWhat do you want?と聞くクリストフがアナにWhat do you want?と聞く2 アナ=スヴェン
クリストフがスヴェンのリクエストに応えるクリストフがアナの頼みを断る3 当初のクリストフとアナはNo⇔Noの関係
クリストフがスヴェンにWhat's the magic word?と聞きPleaseを付け足すアナが断られた頼みにPleaseを付け足す1 クリストフの人間嫌い,2,3
スヴェンがニンジンを全部飲みこんでしまい、半分返すスヴェンがオラフの鼻を全部飲み込むが、全部返す3, 4 食いしん坊スヴェン。とりあえず雪で満足か
アナがNothing is in my wayと歌うアナがSuddenly I bump into youと歌う4 アナの心境の変化(何にもぶつからないことが良いわけではない)
アナがNothing is in my wayと歌うトロルがThrow a little love in their wayと歌う4 アナの心境の変化(Fixer Upperの受容)
アナがNothing is in my wayと歌うクリストフがポールにぶつかる2,4 アナのノーコン、前方不注意が、一緒に歩いて行くクリストフにも影響するが、愛があればFixer Upperが問題にならないことの暗示
ハンスがNothing is in my wayを歌うアナを邪魔するアナがニンジンを探すクリストフを邪魔する、その後スヴェンに歌うクリストフを邪魔する2 アナの王子化
アナがハンスの顔を見て、責める調子を緩めるクリストフは初登場時顔を隠している3, 4 “知らない人と婚約”の否定と同じ、旧ディズニーの否定
ハンスがアナに怪我をしたかと質問する(答えはNo)アナが北の山について質問する(答えはYes)2,3
アナがハンスに王女だと自己紹介するアナがクリストフの仕事に皮肉を言う3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
ハンスが王女だと聞いてかしこまるクリストフがアナを厩育ちかと尋ねる3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
ハンスが馬の所為で粗相をし、気まずい空気になるアナがスヴェンのニンジンを投げるのに失敗する2 アナの王子化
アナがAwkwardなのは状況であって貴方ではないと発言を取り繕うクリストフがMay I? We me?May we?と緊張で文法がめちゃめちゃになる2 クリストフの王女化
アナが発言を取り繕う時にWait, what?と言うクリストフが発言を取り繕う時にWait, what?という2 クリストフの王女化
ハンスの馬がハンスと全く同じ行動をするスヴェンがクリストフの歌に対して、「君を除けばその通りさ」と皮肉で返答する3 スヴェンはいつもクリストフの言うことをすっと聞く訳ではないのです
ハンスの前からアナが急いで立ち去るアナの前からクリストフが追い出され、アナが追うことに2 アナの王子化
エルサが踊れないといってアナを踊らせるアナがスケートが出来ないというがエルサが出来ると励ます2,3,4
アナが姉の言葉に寂しさを抑えきれず泣きそうなところ、ハンスが倒れたアナの手を掴むアナがソリから落ちたクリストフを助けるためオオカミに火藁を投げる、崖から落ちそうになるクリストフにピッケルを投げる2 アナの王子化
手を掴んでくれたハンスの名前を覚えているアナがクリストフの名前を間違える3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
ハンスは何もいわずアナと踊り始めるクリストフがアナの頼みを聞く耳を持たず断る3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
ハンスは話に夢中のアナに顔に手をぶつけられるアナはソリに夢中のクリストフに顔にツバをかけられる2 アナの王子化
ハンスがアナに肩をぶつけてくるアナが“知らない人”クリストフから離れる3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
ハンスが兄弟が無視をしている話をし、アナが同意するクリストフがLove Expertの友人について話し、アナが否定する3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
アナがcrazyな話をしたがり、ハンスが受け入れるアナがハンスの話をするが、クリストフが出会った男との婚約を否定する。アナが話そうとするが、クリストフが止める。アナがクリストフを助けようとするが、判断が信用できないと断られる3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
アナがcrazyな話をしたがり、ハンスが受け入れるアナがクリストフを助けようとするが、判断が信用できないと断られる3 ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
アナがハンスと歌いながらドアを開ける。クリストフは一人でスヴェンに歌っている。扉は閉まっており鍵だけが開いている。アナが扉を開ける。2, 3
アナがハンスのプロポーズを受け入れる(人生に関わること)アナがオラフに真実を告げるのを止める(オラフの生命に関わること)3ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
アナがハンスのプロポーズを受け入れる(人生に関わること)アナが氷の城にクリストフとオラフが同行するのを拒む(氷はクリストフのlifeなのに)3ハンス⇔アナとアナ⇔クリストフの関係性の反転
ハンスはアナのすることをずっと笑って受け入れてくれるアナのことを「その通り、完璧に普通の人間だ」と言ってしまう3, 4 ハンスの猫かぶりを唯一感じさせるシーン
ハンスはアナのすることをずっと笑って受け入れてくれるクリストフは当初、アナのことを信じていない3
アナがハンスにI'm coming with youと言われるアナがクリストフにI'll let you tag alongという2,3 アナの王子化 乗っているのもハンスの馬 国を守るハンスが王女化
クリストフがOf course I don't want to help her anymoreとスヴェンに語る壁を登るところでは助けてくれそうになる4 クリストフの心情変化
クリストフがThat's your plan? My ice business is riding on you talking your sister?と不信感を表すクリストフがDon't worry about my ice businessと答える4 クリストフの心情変化

まとめますと、

  • アナは王子化している
  • クリストフはディズニープリンセスっぽい(変な生物に育てられる孤児)し、ラストではアナ化している
  • ハンスの結婚で王座を得ようというのがディズニープリンセスっぽい
  • 脚本は以心伝心の関係に信頼を置いていない
  • 脚本は時に相反する関係性に価値を見いだしている
  • 脚本は時に諍いの原因となる人の欠点は、時として長所であり、またそうでなくても愛で受け入れることができるとしている

ということになります。

この表ではわからない部分としては、

-過去のディズニー作品で良くあった歌の種類を合体させた

というところがありますが、そのあたりは『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!の§1-2あたりを読んでください。

ちなみに、『以心伝心の関係に信頼を置かない』『時に相反する関係性に価値を見いだす』『時に諍いの原因となる人の欠点は、時として長所であり、またそうでなくても愛で受け入れることができるとしている』は、逆に過去のディズニー作品では殆どみられなかった描写です。というか、環境についてにそういう歌を歌ってました(思い通りにいかないところもあるけれど、ここでの暮らしは最高さ)。それを人に当てはめるのが作詞・作曲のロペス夫婦の得意技で、『アヴェニューQ』『ブック・オブ・モルモン』の匂いがプンプンする名曲が『Fixer Upper』です。

そのあたりは『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!の§8あたりを読んでください。


D


それでは!

まみまみ 2014/08/27 15:53 映画や語学に関して、いつも様々な角度から深く独特の視点で考察されていて、「そうそう」と共感したり、目からウロコでかつ面白い意見が楽しくブログに遊びに来ています:;(∩˙︶˙∩);:
私は本や映画を見てもあまり上手く文章や感想を伝えられないので、とても羨ましいです(>ω<)
これからもおすすめの映画など更新楽しみにしています☆

lepantohlepantoh 2014/12/20 09:06 コメントだいぶ遅れてすみません。ずっといただいた言葉を噛み締めていました。これからもマイペースに頑張ります。

14/06/22 (Sun) 『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!

[][]『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖! 19:35 『アナと雪の女王』ジェンダーだけじゃない!アナ雪革命を徹底解剖!を含むブックマーク

アナと雪の女王(以下Frozen)』、大ヒット!本当に嬉しいことです。私も子供の頃ディズニーが好きで、大人になった今もミュージカルが大好きです。13年11月、公開直前にアナハイムのディズニーリゾートを訪れましたが、まだ公開もされていないのにものすごい力の入れよう。イディナ・メンゼルの歌う『レット・イット・ゴー(Let It Go)』が公開される前から夜のショーWorld of Colorに大々的にフィーチャーされておりました。さらにアメリカの劇場で公開されながら、Disney Movie Everywhereの公開と共に米iTunesでいきなりリリース!即、家に帰ってダウンロードし、歓喜の涙に中盤までズブズブでした。早速「私が見たFrozen」のお品書きを。長いのでゆっくり読んでいってくださいね。

1. 『アナと雪の女王』は脱プリンス依存の物語ではない!

2. ”Let It Go”という革命

3. 萩上チキ氏のアナ雪評の“視点のズレ”

4. 「それでいいの 自分を好きになって」とか言わせちゃう奴出てこい

5. 『アナと雪の女王』の一番の改革は「異端」の描き方

6. 共感するための「異」ではない、受け入れるための「異」

7. Fixer UpperなLoveは、Yes/Noくらいがちょうどいいよね

8. アナと雪の女王だってFixer-Upper

9. 将来はディスニーの主人公もゲイに?

10. グッバイ、ピクサーセオリー

11.結局Wickedをやりたいディズニー

1. 『アナと雪の女王』は脱プリンス依存の物語ではない!


とにかく、ブログで良く見たのが、「エルサを助けたのが妹で、それが真実の愛で、ビックリした!」というものでした。自分は特にビックリしませんでした。というのも、ディズニーの作品の中では、「助けてくれる王子様(男性)」という設定をがんばって希薄化しようとしており、かの名作『アラジン』で殆どそれが達成されたように思われたため、今更特筆すべきことでもないような気がしたのです。(特筆すべき点は→§3。また驚かなかったもう一つの重大な理由は→§5)

ディスニーは、リトル・マーメイド以降の「第二次黄金期」以降、それぞれの作品で、既存の作品の枠を抜け出す新たな挑戦を続けてきました。

Title新たな挑戦
リトル・マーメイド主体的な女性の登場自ら王子に会いにいくため、姿を替え、自分からキスしようとする
美女と野獣醜い男性と本好きな女性の登場
アラジン男性主人公が路上生活者で泥棒
ライオン・キング動物ものへの回帰、アフリカ舞台
ポカホンタスヨーロッパ文化からの解脱
ムーランヨーロッパ文化からの解脱2
ノートルダムの鐘醜い男性、主人公と女性が結ばれない
塔の上のラプンツェル3Dアニメでのプリンセスもの

アラジン スペシャル・エディション [DVD]

その中で、Frozenを語るとなれば、最も重要になってくるのは『アラジン』だと考えています。

1、結ばれる男性が王子ではない

2、強大な魔法とそれによる秘密の存在

3、王室を飛び出して主題歌を歌う(自由に憧れるのではなく自由になってから歌う)

4、最後に自分を犠牲にして、相手役以外を幸せにしようとする

5、物語のテーマを一身に引き受ける魔法の生き物の存在

特に4が重要です。Frozenとアラジンは見せ方が全く違いますが、結局、アラジンジャスミンと結婚するのを諦め、ジーニーに自由を与えるシーンは、アナがクリストフと自分が助かることを諦め、魔人ならぬ魔女エルサを助けるシーンと構造的には全く同じです。違うのは、その行動にどのような意味付けをしたかというところで、Frozenでは「愛」であるという意味付けがされていますが、アラジンでは、アラジンが元々「清い心の持ち主」であることは分かりきったことであったので、ジーニー側の「自由は素晴らしい」という部分が強調されています。

しかし改めて見返すとアラジンと細かい所もそっくりで驚きます。アラジンでも、冒頭の細かい伏線を後半で回収しているところがいくつかありますし(溝鼠時代と偽王子時代に同じしぐさでジャスミンにリンゴを渡すなど)、またアラジンとアブーの関係はクリストフとスヴェンの関係に似ています。良く食べ物をシェアしていますしね。アブーはアラジンを取られそうで嫉妬していますが、クリストフはスヴェンを取られそうになってしまうと嫉妬するというところが違いますが!もちろん、囚われの身というテーマの権化がジーニー、また氷った心と自己犠牲というテーマの権化がオラフなところもそっくりです。クリス・バック監督、ジェニファー・リー監督、シェーン・モリスは相当アラジンを研究したのではないでしょうか。


問題はこれを読み解く側の感性の問題で、王子様じゃない路上生活者のアラジンがジーニーを助けても「アラジンは男性の生き辛さを表現している」「男女ではないところがスゴい」などと言う人はいないのに、つまりすんなり、アラジンは清い心のイイ奴でジーニーはジャスミンを捨ててでも助けるに値すると結論してしまう癖に、アナがエルサを助けると急に「脱王子様の物語だ」「男性が女性を助ける物語の終焉だ」「こんなのはディズニー初だ」とか言ってしまう人のあまりの多さに愕然としました。特に男性。しかもおっさん。お前ら22年前アラジン見なかったのかよ!なんでおっさんが「現代女性の行き辛さを投影している」とか言うんだよ!

かくして、frozen評壇は瞬く間に「アナと雪の女王が何を描いているか」ではなく、「アナと雪の女王に俺が言いたいことをいかに乗せるか」という匂いを、一部の例外を除いてプンプン漂わせるきな臭いものになってしまったのでした。このきな臭さ『鈴木先生』が「こんな時代」とか浜崎あゆみみたいなことばっか言ってたのにそっくりだわ……。様は「第三者が言いたいことを、作品側に勝手に投射している」だけに見えかねないのです。


アナと雪の女王は、ディズニー映画として初めて、いつも最後に持ってきていた「自由になりたい」を、今まで中盤にあった「隠遁生活は素晴らしい」のところに合体させたため、今までのディズニーのセオリーを覆してしまったのです。

そんな冒険の結果として、「異能」「異端」が最後まで生き残るというこれまた今までのディズニーにない終わりを見せます。

これが私の考える『アナ雪革命』の革命たる所以です。


自分はこの部分にあまりにビックリしてしまったので、その後男性に「女性が女性を助けて愛としたからビックリした」と言われるたびに、「何言ってんだろう?」と思ってばかりでした。自分は女性にも男性にも同様に感情移入するタイプで、表現形態が女性だからとか人間だから、自分の悩みをより体現してくれているとはあまり考えません。そうでなければ、24年組が男性を主人公に据えながらもこんなに女性に受け入れられるわけがないと思うのです。(感情移入→§6)

2. ”Let It Go”という革命

さて、今までの「隠遁生活は素晴らしい」=囚われの身である主人公の環境を賛美する歌のリストを、今更ながら挙げてみましょう。(環境を賛美するも、囚われの身ではない作品もあります。シンデレラピーター・パン不思議の国のアリスなど)

作品名隠遁生活礼賛ソング
白雪姫Heigh Ho!
眠れる森の美女妖精が部屋を掃除し、服の色で喧嘩するシーンなど
リトル・マーメイドUnder the Sea
美女と野獣特にBe Our Guest
アラジンFriends Like Me, ただし主題歌が自由を賛美するA Whole New World
ライオン・キングHakuna Matata
ポカホンタスIf I never knew you, 賛美とはほど遠く結局映画ではカットされた
ノートルダムの鐘Topsy Turveyがそれに相当すべきなのだろうが、むしろ隠遁を恥じている
塔の上のラプンツェルWhen Will My Life Begin?隠遁生活を歌う歌は、賛美ではなく自由を希求する歌に

さて、「黄金期」と呼ばれていたディズニー映画には、楽しい隠遁ソングがお決まりでしたが、そこをやめてしまってからディズニーの凋落が始まります。個人的にはポカホンタスのIf I Never Knew Youという歌は、その前の「君を知って明日死んだ方が、君を知らずに100年生きるより良い」という台詞と合わせて好きですが、そもそも映画版でカットされたので、知っている人は少ないかもしれません。ポカホンタスは後述しますが意欲的作品すぎて、その後ディズニーがヒットの法則を見失ってしまう元凶となってしまったのかもしれません。

逆に考えれば、これらは全てアイロニーで、最後に自由が期待されることから、ディズニーもアメリカ人のステレオタイプのご多分に漏れず、自由が大好きでたまらないのだな、という気もします。アイロニーを楽しく表現するのはミュージカルの常套的手法ですから、驚くには値しませんが、それにしても名曲が多すぎるような…。

リトル・マーメイド ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

また、「隠遁生活礼賛ソング」の対照をなし、ディズニーにお決まりの物といえば、「隠遁・囚われ身の自由希求ソング」です。

作品名自由希求ソング
白雪姫I’m Wishing
眠れる森の美女I Wonder
シンデレラDream is a Wish Your Heart Makes
リトル・マーメイドPart of Your World
美女と野獣特になし。Belleで王子に憧れる表現はある
アラジンA Whole New World
ライオン・キングI Just Can’t Wait To Be King
ポカホンタスJust Around the Riverbend(とくに隠遁・拘束されているわけではない)
ノートルダムの鐘Out There
塔の上のラプンツェルWhen Will My Life Begin?隠遁生活を歌う歌は、賛美ではなく自由を希求する歌に

このように振り返ってみると、ディズニーは、「異端⇔解放」「囚われ⇔自由」というのを形を変えて色々とやってきたんだなと思いますが、とりわけ「アラジン」「ポカホンタス」の印象は強烈ですね。アラジンはもちろん「Trapped=囚われの身」という境遇を、溝鼠と王女がそれぞれ共有しているという前提はありますが、それを最も表しているのがジーニーで、彼が囚われの身ソングを歌うところがヒネリになっています。

アラジンとfrozenの類似性については§1で解説したので、こんどは「ポカホンタス」について考えてみます。

ポカホンタス [Blu-ray]

今までのディズニー作品では、隠遁の生活を送り、その環境が素晴らしいことを周りの御付きの人が楽しく歌い上げてきました。「ポカホンタス」の異常性は、御付きの人ではなくポカホンタス自身がジョン・スミスに「Colors of the Wind」で環境の素晴らしさを歌ってしまうというところです。ここで漸くディズニーの主人公と人気の歌の主語・主体の一致が見られます。しかもポカホンタスはプリンセスなのですが、ジャスミンが婚約者を断ったのと同じ様に、ココアムとの結婚を嫌がりその環境に嫌気が差しています。とはいえなんだかんだでプリンセスなジャスミンに比べ、野生児ポカホンタスはプリンセスであること以上に大事にしている価値観がはっきりしています。ポカホンタスでは色々なことが裏返っていて、それがディズニーファンを面食らわせたのだと思いますが、私は未だにポカホンタスが好きです。彼女の自然の愛し方も、変化への期待の仕方も。ていうか今泣いてます。Colors of the Wind...名曲すぎるやろ…。

ポカホンタスとfrozenの共通点は以下の通りです。

1、主題歌が自ら、環境を誉め称える歌である(アラジンも同様、A Whole New World/Colors Of the Wind, Let It Go)

  ⇔Part Of Your World, Beauty and the Beast, Out There

2、受け入れてもらえない異人の存在

3、異人は主人公と別れる

さて、従来のディズニーでは、序盤〜中盤に囚われの身、終盤に自由という順番でした。ポカホンタスでは、それを若干入れ替え、序盤〜中盤に自然という自由を提示し、物語佳境で恋人を拘束させ、終盤には、自由云々というよりは、元いた環境へ留まるという選択を行います。このプロットは大変frozenに似ているのですが、唯一、「大事な人との別れを選ぶ」、つまりエルサが王国を去るところが物語の中盤に来ているという違いがあります。

さて、皆様そろそろお気づきかと思いますが、それが重要です。

Let It Go」は、「隠遁生活礼賛ソング」と「自由希求ソング」を一緒にやってしまいました。しかも、物語の中盤で。

そのため、「一人で生きる」というディズニー史上初めてとなるスゴすぎる決断をエルサが自らの意思で下す様が描かれます*1

その切なさ、高貴さ、やるせなさ、強さ、解放感に、私たちは虜になってしまったのです。

しかも、今までは自由になりたいというフラストレーションの歌だったのに、ついに自由になってしまったのです!!こんなの、A Whole New World以来の爽快感です。

駄目だよディズニー…その2つを混ぜちゃうと…もうもとには戻れないよ!!I can’t go back to where I used be!

まぁもっと混ぜると美味しい物があるんですけどね。それをディズニーは敢えてやりませんでした。そのあたりは→§11で。


3. 萩上チキ氏のアナ雪評の“視点のズレ” あるいはアナ=ハンス=馬論


さて、アナとエルサが同一人物であるという論もありますが、あながち外れてはいないと思います。雪の女王はFrozenでは悪役として設定されたそうですが、とはいえ姉妹にしてより一層、現代の女性が抱える問題を反映しやすくなっている面は否定できません。(→§)どちらかというとクリストフの方が分かりやすく分裂していると思いますけどね、スヴェンと。またオラフはエルサの分身でしょうね。

アナと雪の女王 (竹書房文庫)

しかし、敢えて、私は、アナはハンスである、という説を提示したいと思います。

なぜなら、私はこの物語を、Let It Goを契機に、それまであったプロットが鏡のように逆さ映りになってもう一度再生される、折り返し型の物語だ、と考えているからです。

Let It Goに置いて逆さまになったものを列記してみます。

1、ディスニーにおける「異端能力者が、能力を隠し、それを主役級と観客とだけ共有する」という秘密の崩壊(→§4,5)

2、ハンスの行動ををアナが繰り返す(役割の反転)

3、アナ⇔ハンスのYes⇔Yesで始まる関係から、アナ⇔クリストフのNo⇔Noから始まる関係(関係性の反転)

とりわけ重要なのは2、です。2、3に共通して言えることですが、Let It Go以降、アナとハンスの出会いを、アナとクリストフがなぞるように繰り返すこととなります(チキ氏も繰り返しについては言及しています。そんじゃーね)。しかしその際、△隆愀言が反転した部分と、の役割が反転した部分が混在しているため、見分け辛いのです。

Let It Goより前には、ハンスという鏡、仮面の王子が“完璧な王子役をこなしています”。もちろんそれは仮初めの姿であり、本来はそんな人間ではないのですが……しかし、エルサがいなくなり、アナはハンスの馬に乗ってエルサを探しにいってしまいます。しかし、アナが乗る馬はなぜハンスの馬でしょうか?もちろんハンスの策略かもしれません。また後述する、萩上チキ氏が指摘したハンスと馬の関係に関連があるのかもしれません。しかし、こういう考え方をすることも出来るのではないでしょうか。

アナが白馬の王子様になった……と。

その証拠に、アナが馬に乗ってから、アナはハンスと同じ行動を取り始めるのです。下記を参照ください。

Let It Go以前(主語はハンス。王子様役)Let It Go以後(主語はアナ。王子様役)
ハンスがNothing is in my wayを歌うアナを邪魔するアナがニンジンを探すクリストフを邪魔する、その後スヴェンに歌うクリストフを邪魔する
ハンスがアナに怪我をしたかと質問する(答えはNo)アナが北の山について質問する(答えはYes)
ハンスが馬の所為で粗相をし、気まずい空気になるアナがスヴェンのニンジンを投げるのに失敗する
ハンスの前からアナが急いで立ち去るアナの前からクリストフが追い出され、アナが追うことに
アナが姉の言葉に寂しさを抑えきれず泣きそうなところ、ハンスが倒れたアナの手を掴むアナがソリから落ちたクリストフを助けるためオオカミに火藁を投げる、崖から落ちそうになるクリストフにピッケルを投げる
ハンスは話に夢中のアナに顔に手をぶつけられるアナはソリに夢中のクリストフに顔にツバをかけられる

つまりこれは、暗にアナに今までの王子様的役割を果たさせていることになります。アナと雪の女王は、王子様を必要としない姉妹愛の物語なのではなくて、アナが王子と同じ様に、一人の自立した、自律する女性として成長する物語なのです。なお、アナは前方不注意かつノーコンというFixer Upperの持ち主ですが→§8、クリストフを助ける火藁とピッケルだけなぜか成功しています。ここでもアナの成長、およびプリンスという属性を一時的に纏っている姿を見て取ることができるでしょう。

ちなみに、ここでのハンスとクリストフはプリンセスです。きゃっ。ハンスは今までの王子と結婚しようとしていた主人公たちの悪い面を引き継いでいます。一応今までのディズニー平民主人公たちは、その意思がなくたまたま好きになったのが王家の一員だったということになっています(アリエル、ベル)。しかしハンスはそれを意図的にやろうとしているのです。そういった例は男性ではアラジン/ジャファーを除けば他になく、どちらかというと旧来のディズニー隠居/平民プリンセスのメンタリティを受け継いでいます。また、クリストフにもプリンセスな一面はあります。まず、もともと不遇で誰かの助けを待っていた状況だったこと。かつての隠居ヒロインよろしく不思議な生物に匿われて育ったこと。しかしそれ以上に、クリストフは、エンディングでキスをしてもいいか尋ねる時に、May I? We me?May we?と緊張で訳がわからなくなってWait, what?と自身に問いかけています。これはアナが最初にハンスにあった時に、You are gorgeous. Wait, what? と問いかけているのと同じなのです。詳しくは→§8.

私の見立てでは、ディズニーはあくまで、ジェンダーロールを入れ替えようとしたのではなく、だれがどっちをやったっていいじゃんと思わせようとしているのだと思います。実際、Do You Wanna~でアナがジャンヌ・ダルクの絵を見て「Hang in there Joan」というシーンがありますが、オラフがマシュマロウの攻撃を受け崖から落ちる時、アナとクリストフに「Hang in there, guys!」と言っています。2人まとめてジャンヌ・ダルクになぞらえる所などから、ジェンダーロールの解放を感じることができます。


同様にも重要です。Yes⇔Yesの関係とは、つまりツーツーのツーカーということなのですが、悪く言えば猿真似人形、傀儡、鏡写しということです。ハンスは鏡から発展したキャラクターですから、周りと同じシンクロした行動をとり続けています。アナがこうあってほしいという欲望そのままの人間で、アナの言うことに全て同意します。*2

萩上チキ氏のアナ雪評は「決定版」とも言われています。確かに、2回見ただけなのに目の付け所は素晴らしい!多いに参考にさせていただきました。しかし、ハンスと馬の関係については多いに疑義があります。さらに同様の関係はハンスと馬の間でも築かれています。荻上チキさんは、ハンスは馬を虐待していたかもしれないと言いますが、とんでもない。着眼点はいいですが、読み取り方が間違っています。馬はハンスと全く同じ行動を取っているのです。ハンスと馬の関係はYes-Yesの関係で、ハンスがやった事を馬が真似てしまうからいけないのです。ハンスがお辞儀をすればお辞儀をする。それで上手く行かないのは、ハンスと馬の仲が上手く行っていないということを示唆したいのではなくて、鏡写しのような、Yes⇔Yesの関係だと人間でも動物でも破綻するよ、ということを言いたいわけです。だからアナが運命の人を捜しているところにポッと現れてすぐ求婚してくれるなど、お互いがYes⇔Yesでハッピーになっている様に見えますが、アナがI'm completely ordinary.と本当はYesで返してはいけないところもThat's right, she isと言ってしまい齟齬が生じています。

一方で、エルサと父親の関係、および出会った頃のアナとクリストフの関係はNo⇔Noの関係です。クリストフとアナの経緯はハンスとアナのそれをなぞっていますから、きっちり対称になっています。

LIG以前はYes⇔Yesだったものが変化した部分を抜き出してみました。

Let It Go以前のYes⇔Yesの関係Let It Go以後逆転しNo⇔Noの関係に
ハンスがアナに怪我をしたかと質問する(答えはNo)アナが北の山について質問する(答えはYes)
ハンスの馬がハンスと全く同じ行動をするスヴェンがクリストフの歌に対して、「君を除けばその通りさ」と皮肉で返答する※これはYes/Noの関係です。オマケで入れました。
アナがハンスに王女だと自己紹介するアナがクリストフの仕事に皮肉を言う
ハンスが王女だと聞いてかしこまるクリストフがアナを厩育ちかと尋ねる
ハンスは何もいわずアナと踊り始めるクリストフがアナの頼みを聞く耳を持たず断る
手を掴んでくれたハンスの名前を覚えているアナがクリストフの名前を間違える
ハンスが兄弟が無視をしている話をし、アナが同意するクリストフがLove Expertの友人について話し、アナが否定する
アナがcrazyな話をしたがり、ハンスが受け入れるアナがハンスの話をするが、クリストフが出会った男との婚約を否定する。アナが話そうとするが、クリストフが止める。アナがクリストフを助けようとするが、判断が信用できないと断られる
アナがハンスと歌いながらドアを開ける。クリストフは一人でスヴェンに歌っている。扉は閉まっており鍵だけが開いている。アナが扉を開ける。
アナがハンスのプロポーズを受け入れる(人生に関わること)アナがオラフに真実を告げるのを止める(オラフの生命に関わること)、アナが氷の城にクリストフとオラフが同行するのを拒む(氷はクリストフのlifeなのに)

最初のうちは、これでもかというくらいお互いの意見や主張が噛み合ないアナとクリストフの関係性が浮かび上がってくると思います。クリストフはさすがに「His things with Reindeer」効果でスヴェンとは相性抜群ですが、ここにはハンスと馬のYes⇔Yesの同調関係には見られない不思議な関係が見られます。「トナカイの方が人間よりもいい」という極端な論に、スヴェンは「君以外その通り」、「人間の方がトナカイよりいい匂い」と歌うクリストフに、やはりスヴェンは「君以外その通り」と、部分肯定・部分否定を返しているわけです。

実はこれこそがこの映画で目指されているYes/Noという関係性だったりするのですが、そうすると愛してやまない名曲Fixer Upperやエンディングの方に飛んでしまうため、そちらは§7に譲るとして、いっぺんLet It Goに進みたいと思います。

なお、クリストフとアナの関係はオラフ登場でまたひっくり返り、そこでまた物語がパタッと折り返されます。アナが無理をして壁を登ろうとするあたりからアナの無鉄砲さ、恐れのなさ、姉思いなところ、ユーモア、クリストフへの無条件の信頼などを感じてアナに好意を持ち始めたようです。直前ではOf course I don’t want to help her anymoreと言っているのに、壁を登る時には助けようとしてくれます。アナも、クリストフの言うことに否定がちだったのを改め、氷の城を見て泣いちゃいそうな、言ってしまえばやや女々しいクリストフをGo ahead, I won’t judgeといって受け入れ始めます



4. 「それでいいの 自分を好きになって」とか言わせちゃう奴出てこい

さて、そのLet It Goですが、複数の意味を示唆する、非常に「あいまいな」語となっています。よって、翻訳版では、前半のLet It Goと後半のLet It Goに別の訳語を当てることで、その意味の多重性を浮かび上がらせようとする試みが見られます。例えば、ドイツ語版でも、最初はIch lass’ los, jetzt las’ los = I let go, now let goと歌っているのですが、氷の城を建ててからはIch bin frei, endlich frei = I’m free, finally freeと歌っています。とは言え、Let It Goの中でもI’m freeという歌詞が出てくること、またDo You Wanna Build a Snowman? RepriseではYes I’m alone but I’m alone and freeとエルサが歌うことから、重要な単語であることがわかります。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

で、問題は、「それでいいの 自分を好きになって」なのです。何が問題か、結論から言いますと、これも§1で問題提起している、「第三者が言いたいことを、作品側に勝手に投射している」だけにしか思えないのです。作品の中で、2度、3度と繰り返されるモチーフではなく、「自分を好きになって」などという頓珍漢な歌詞を当てる。訳者の、「どうせ現在女性は、自分のことが肯定できなくて、悩んじゃったりしてるんでしょ〜?」という嫌らしい考えが伝播してきそうでとても嫌です。だいきらいです。同じ様な自己否定感を題材とするなら、パビーから既に提示されている「恐れ」を使って、「もう怖がらないわ」、また、原詞(When I rise and break the dawn)に則り、今までの常夏のアレンデールを敢えて夜に例え、雪に閉ざされた孤独な王国を”夜明け”とまで称するエルサ様の誇り高き心情を少しでも汲んで(あ、あれ、俺…泣いてる?)、「夜はもう明けたわ」などと訳してくれないものでしょうか。

また、萩上チキさんが、物語の中で3回繰り返されることが重要と書かれていますが、私はこの物語を、ある時点を基点に折り返す反復の物語を読んでいるため、繰り返しの回数は2回でも重要な物はあると捉えています。もちろん、3回繰り返される物もあり、アナのノーコンのように、何度も繰り返される物のあります。

また、作曲家たちはキーワードをありとあらゆる場面に鏤めており、冒頭の「Cold Heart」から、Let It Go, Frozen Heartなど、重要な単語が歌詞に取り込まれています。

あまりに繰り返しが多いため、私はむしろ、「あまり繰り返されていない物こそ、そのオリジナリティから、重要なのではないか」と考える様になりました。それゆえ、Fixer Upperは大変重要なのですが、Let It Goにもわずかながら、他の歌(地の文ではなく歌詞)には含まれていない部分があります。

そこから、“一体何をLet It Goするのか”を改めて考えてみました。

1、力をLet It Goする

  • Let it go, let it go /Can't hold it back anymore
  • It's time to see what I can do / To test the limits and break through
  • My power flurries through the air into the ground
  • My soul is spiraling in frozen fractals all around
  • And one thought crystallizes like an icy blast

2、自分を縛っていたものをLet It Goする

  • No right, no wrong, no rules for me /I'm free
  • Let it go, let it go/ I am one with the wind and sky

3、弱い自分をLet It Goする

4、自分の中に渦巻いていた、両親を奪った恐れと拘束の象徴の嵐をLet It Goする

Here I stand and here I'll stay

Let the storm rage on

5、過去をLet It Goする

I'm never going back, the past is in the past

6、他人の言うことに縛られていた自分をLet It Goする

That perfect girl is gone

やっぱり、「自分を好きになって」という訳は嫌いですね。

D

5.「アナと雪の女王」の改革の結果変わったのは「異端」の描き方

もう1つ私が大変驚いたのは、最後にエルサの能力がそのまま残っていたことです。な、なんというLet it go!「塔の上のラプンツェル(Tangled)」で、集中治療室がどうのこうの、国際基督教大学がどうのこうのという意味不明な主題歌*3に魂を抜かれて、気がついたらラプンツェルの髪の毛を切られてしまった時の「ま、またかよ!」という、私が感じた、匙を投げてしまいたくなる憤りを、あっさりここで解決してしまうとは!

これこそディズニーがずっとなし得なかったことではないのでしょうか!

よくよく考えてみてください。今までずっと、ディズニーのキャラクターたちは、物語の終盤で彼らのCharacter=特徴を手放してきました。正確には手放す振りをしてきました。

塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

Title物語中盤での代償結末(と代償)
リトル・マーメイド声を失う人魚の足びれを失い人間の姿を得る
美女と野獣父と自分の自由を失う野獣が人間の姿を得る
アラジン自分が王子であると偽り、バレるジーニーが自由になる
ポカホンタス部族に嘘をつきジョン・スミスと逢瀬を重ねた結果、ココアムが事故死し、ジョン・スミスが拘束される帰国するジョン・スミスとの別離を選ぶ(続編で渡英)
塔の上のラプンツェルお尋ね者と一緒に城を目指す髪を切られる

多くのディズニー映画が最後には普通に戻るキャラクターを擁しているのに、パークに行って私たちが見るのは、大抵は人魚の姿のアリエル、野獣の姿の野獣、ランプの精のまんまのジーニー、髪が長いラプンツェルでした。一体何が、彼らを元の姿に押し戻してきたのでしょうか。私たちは一体、彼らの何に惹き付けられているのでしょうか。

私は、このように考えます。

1、私たちは、彼らの異端さを、少なくとも、虚構の世界では好意的に受け止める。

2、さらに、その異端さを『秘密にすること』を彼らと共有することで、仲間意識を抱く。

3、観客は、異端さや、さまざまなことを発端とした主人公たちの『悩み苦しみ』を通して、主人公たちに自分を投影している。(=感情移入している)

このが私が、『アナと雪の女王』を見て、§1に書いた通り、ジェンダーなど関係なく、今までディズニーキャラクターが広く人々に受け入れられてきた理由だと思っています。

やっぱりfrozenをジェンダーのみの視点から見ようとするのは視野狭窄、筋悪としか思えませんね。

6. 共感するための「異」ではない、受け入れるための「異」

上記にある通り、私たちは1&2何か突出したものをみてそれに憧れる心と、3苦境にある姿を見て自分と同じだと共感する心、という相反する様態を種々の芸術作品に抱きます。初期のディズニー作品は、3の苦境というのは彼女たちを取り囲む環境であり、所与のものでした。リンゴ、針、灰かぶり…あるべき場所におれない、追い払われた状態の環境こそが問題でした。よって、私たちはシンデレラオーロラ白雪姫と同じ目線に立って、煌びやかな王宮と王子に憧れていたのです。つまり、23が大きな部分を占め、1の重要度は少なかった。

第二黄金期になって、それは環境ではなく、個人の属性へ移行しました。人魚姫、野獣と読書好き、泥ねずみ、原住民…別に彼らが元々住んでいた場所に何かしらの大きな問題があったわけではありません。ディズニーは、かつて王女たちが追いやられていた小屋や自然を美しく描いたように、泥ネズミが盗みを働く街の通りすら魅力的に描きました(One Jump Ahead)。彼らが環境を変えたいと思うのは、追いやられている不当さからではなく、彼らが生まれついた属性が、より輝ける場所を希求しているという自発的な欲求へと変わりました。初期のディズニー作品で理想的に描かれていた環境的な「隠遁の生活」は、個人の属性上における「隠遁の生活」に姿を変え、彼らは自らの“居場所”ではなく、“正体”を隠すことにしたのです。環境の隠遁が消えた結果として、王宮、魔法の絨毯、色のついた風の中、と、彼らの活動の場は一気にその多様性を増しました。第二黄金期のディズニーでは、主人公たちが物語中盤で手に入れる環境は、まさに夢のよう、誰もが訪れたい「理想の環境」と思う場所になりました。

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

塔の上のラプンツェル』では久々に初期のディズニー作品のような、『隠遁の王妃』が生まれました。しかし、『隠遁の生活』を早々と抜け出し、ちょっとした芝生に感動してしまうような、彼女に取っての「理想の環境」に移行する、というハイブリッドな展開になっています。ただし、私は『塔の上のラプンツェル』は失敗作だと思っています。個人的には、1のように、ラプンツェルの置かれた環境/持つ能力に憧れたかというとそうでもないし、2&3塔の上にいるという苦境に対して同情したかというと、これまたそうでもない。本当の苦難は親元から誘拐されていることなのですが、そのことがあまり強調されなかったため、ますます彼女に感情移入するトリガーが少なくなっています。

一方で『アナと雪の女王』もハイブリッド作品です。しかし特筆すべきは「みずから隠居してしまう」これでしょう→§2。その理由は、(その時点での、ではありますが)彼女にとっての「理想の環境」を求めた結果であり、今まで確固としてあった「隠居はしないべき」「理想の環境を観客に提供すべき」というディズニー・ルールが逆手に取られています。結局エルサは隠居はしないんだけど、みんなあの歌の時は、もうそこまで言うなら隠居していいよね、と思ったはずです。「理想の環境」の持つ2面性を、美しくも冷たい雪・氷を使うことでここまで上手く表現したのもまた革命的でした。過去のディズニー作品を揺るがしかねないほどの、大きな変化がたくさん作品の中で見られました。

そのため、「アナと雪の女王」では、観客から主要人物に向けられる眼差しは「1憧れ」も、「2&3共感」もずば抜けて大きく効果的なものになりました。

そして、何より重要なことに、“Let It Go”という曲が、異端に私たちが向ける〜∨召鉢I酳里里泙覆兇靴魄豕い法肇┘襯気量簑蠅魎儺匱身が共有する”ほど肉薄させてしまったのです。そしてそれを最後に放棄させなかった。雪の能力がなくなれば、もう悩むことはありません。でも能力が残れば、これからきっとまた軋轢が残ります。例えば…クリストフは折角公式アイスマスターに任命されましたが、別にエルサが氷を作れるなら北の山から氷を運ぶ必要がないため、仕事を失ってしまいます。

こういった語られなかった後日譚を想像するに、ディズニーはストーリー上、異端に対してリスクのある、しかし価値のある舵を切ったなという感がします。

それは、異端を受容する時代への舵です。

これはマレフィセントの作成にも通じていますね。このあたりは→§11。



7. Fixer UpperなLoveは、Yes/Noくらいがちょうど良いよね。*4

それでもしちゃうもんね!だってわかんないもん、Love will thow, of course!と言われても、オフコースという割に、すごく細かく描写してくれているので、そこを書き出してみるよ。

最近ジャンプに復活したHUNTER×HUNTERの新章についてヤマカムさんが同じ様に「愛だろう」という分析をしていますが、愛ブームなんでしょうか。まあもし自分が死ぬまで1作品しか続きを見れないと言われたら、「Sherlock」と悩みまくった挙げ句HUNTER×HUNTERを選ぶでしょうね。

さて、この物語は、愛とは「他人の為に自分のニーズを脇に置いておくこと」としていますが、身も蓋もない言い方をすると自己犠牲ってことですね。これまたディズニーでは繰り返し書かれてきたテーマではありますが、今までのディズニー作品では愛=自己犠牲ではありませんでした。リトル・マーメイドではアリエルは声を一時的に犠牲にするも愛はキスでしたし、アラジンはジーニーのために王子になる夢をあきらめました。愛はアラジンの持つ心の清らかさと、自由を求めるジャスミンとの相性が決め手でした。美女と野獣においても、確かに野獣は愛のために戦いますが、決め手となる愛の持ち主はベルであり、特に自己犠牲を払った訳ではありませんでした。あくまでこの物語限定の愛というもので、若干ご都合主義な面も感じられるかもしれません。今後ディズニー作品でどのように扱われるのかが気になります。

ディズニー アナと雪の女王 オラフ ぬいぐるみSS 這い

とは言え自己犠牲の精神は物語内では何度か登場しています。

クリストフの職業について、最初アナは「今やるには大変な職業でしょうね」と皮肉を言っています。クリストフがアナに「俺の氷売りは君とお姉さんが会話することに掛かってるってわけ?」と疑問を呈するシーンもありますが、アナに好意を持ってからは「僕の氷売りのことは気にしなくていい」と意見を変えています。

この自己犠牲の権化ともいうべき存在がオラフであり、自らの希望、そして周りの希望である常夏を叶えれば死んでしまうにもかかわらず、全くその事を気にせず夏に憧れる様が描かれています。ほかに何度もアナやクリストフを先に逃がそうとしています。


しかし、物語内では、もう一つの愛の定義があります。それが→§ で解説している「Fixer Upper(要修理部分)をFixするもの」です。そこでLoveはa force that is powerful and strangeとも言われていますね。Fixといっても完全に直すことを期待されている訳ではありません。もしかしたら予定をfixっていう固定の意味が使われちゃうかも?ま、愛せる欠点だったらそのまんまでも良いですよね。

さらに言えば、§3で解説しているように、この物語はYes⇔Yesという関係だと上手くいかないよ、もちろんNo⇔Noでも上手くいかないよ、片方がYesといっても、時折相手がNoと言えるくらいの関係が健全だよ、ということを繰り返し訴えています。これも一つの愛の形なのだと思われます。

よって、「アナと雪の女王」での愛とはこのようなものになります。

愛=強くて不思議な力

 1、他人の為に自分のニーズを脇にやる自己犠牲の精神

 2、Fixer Upper(要修理部分)を直す/気にならないようにするもの

 3、意見の対立(Yes/No)が許容され、自立した個人がお互いを高め合う関係性

さて、このYes/Noですが、アナとクリストフの間にある関連性については→§3にて解説していますが、最後まで脚本はその姿勢を崩そうとしません。クリストフはアナに「公式アイスマスター&配達人」を言い渡されると「What? That’s not a thing」と返答します。これを「そんなものない」と訳すか、「たいしたことじゃない」と訳すかむずかしいところですが、とりあえず全てを受け入れているわけではないというのがよくわかります。

また、エルサは序盤でダンスを断り妹にさせますが、終盤では妹にスケートをさせようとして、アナが「私スケートしないのよ」「できるわよ」と立場が真逆になるシーンがあります。また、ここでも姉の申し出をアナが断るというYes/Noの関係が見て取れます。

探せばもっともっとあると思います。


8. アナと雪の女王だってFixer Upper


さて、アナと雪の女王のとっても素敵な所は、『Fixer Upper』というロペス夫妻丸出しの素敵な不完全アンセムが挿入されていることです。私はこの歌が異様に好きで、For the First Time in ForeverやLove Is an Open Doorなどを殆ど聞かないまま、Fixer Upperだけを完コピしてSing Alongの英語版会場である六本木ヒルズに乗り込みました。隣に座っている眼鏡の男性(女性と連れ立って来場)は音程も正確にプリンセスソングを歌い上げ、レリゴーでは思わず城を造る手が動き、さらにはのびのびとIn Summerを披露、「おお、こんな男性もいるのか…」と感心していたところ、Fixer Upperは全然歌っていませんでした。なんで!?Fixer Upperいいやん最高やん!!クリストフの間の手まで完コピしたいやん!!Oh…のところで顔を手で覆いたいや〜ん!!しかもカラオケでは最後まで英語版が入りませんでした。Cold HeartやIn Summerよりも遅かったんです。日本語版に英語で渋々歌う日々でしたが、昨日漸く入っているのをかくにん!よかった。

さて、本来はトロールのような異種族が歌ううたは、Under the Sea, Friends Like Me, Be Our Guestなどのように隠遁生活礼賛ソングや多かったのですが、隠遁生活をもう一人の異能、エルサたんが引き受けてくれたため、トロールたちは別の物を礼賛することになりました。それこそが

人間の不完全さ

です。なんというミュージカル・アンセム…これをディズニーでやったロペス夫婦に敬礼!!


この辺りはディズニーの歴史というよりはあまりにロペス夫婦しているため、私ははっきり言って初見で号泣でした。これはまさに、ロペス夫婦のAvenue Qの”Internet is for Porn(インターネットポルノのため)”とか、Book of Mormonの”I believe”の子供に聞かせれる版ですよ!!いやぁ、かつての自分がディズニーからメンケン、シュワルツ、ジマー好きになったことを考えると、ロペス夫妻を小中学生がインターネットで検索しているかもしれないと思うだけで胸熱ですね!小学校の時はアラジンのパンフレット見て作曲家ブロードウェイの舞台出身と知って、「舞台なんて映画にくらべたら低位」と思っていましたけど、まさにfrozenはブロードウェイ・ミュージカルの豊穣さが生み出したロペス夫妻にその成功を負う所が大きいわけであり、幼い頃の私の勘違いっぷりを痛感するわけであります。

まぁとりあえず、ワンピースとか遊戯王とかマンキンとか日本のアニメを吹き替えまくった挙げ句ブック・オブ・モルモンでトニー賞にノミネートされ、その後あのgleeのライアン・マーフィーがあたらしいドラマThe New Normalを作るっていうんでやめてロスに飛んだらその番組があっさり打ち切りになり、そのことを1年後のトニー賞ニール・パトリック・ハリスに馬鹿にされたという経歴を持つアンドリュー・ラネルズのI Believeくらいなら、子供が聞いてもいいかもしれません。ちなみアンドリューとダブル主演を張ってたジョシュ・ギャッドがオラフ役の声優ですね。私はアンドリュー派だったため、生で見たくせにあんま印象に残ってないのですが。

D


え、どうしてもInternet is for Pornが見たいって?仕方ないなぁ。子供は見ちゃだめですよ!

D


さて、他の歌が歌詞的に色々とつながっているのに対し、Fixer Upperは殆ど歌詞の上では他の曲と共通する部分がありません。しかし、Fixer Upperを補完するストーリー上の展開は非常に多く散りばめられています。しかも、Fixer Upperの歌詞にある通り、愛があればFixできるとされています。と、同時に、”We all know we can’t change him caz people don’t really change, we all know that love is a force that’s powerful and strange”と歌われており、別にFixer Upperな箇所が全部治る訳ではないとされています。

まずは歌になっているクリストフとスヴェンから行きますか。

#【クリストフのFixer Upper】
1スヴェンに「What’s the magic word? Please. Uh-oh. Share!」と冒頭で言うくせに、自分はPleaseが言えない。人間嫌いで、人の頼みは断る。エンディングシーンでも、Pleaseどころか、キスのお願いが出来ず、文法がしどろもどろに。(むしろアナが最初にであった時にクリストフに出会った時にPleaseという。またアナがクリストフの文法を正す。二人は補完関係。最後までクリストフの変なところは治らないが、それでよしとされている。)
2Reindeer is Better than Peopleで歌われている通り、トナカイよりも体が臭い。Fixer Upperでも指摘されている。
3スヴェンに対して異常な愛情があり、アナやオラフがスヴェンに近づくことを嫌がる。終盤でアナを得て、これから良くなるかな、という感じで終わる.
#【スヴェンのFixer Upper】
1食いしん坊。特に大好きなニンジンは、いつも分けるのがルールなのに、クリストフに貰った分も我慢できず全部飲み込んでしまう。厩ではきちんと分けることができるようになるが、氷の階段を舐めて舌がくっついてしまう。さらにオラフがニンジンを鼻につけているため、何度も食べようと試みている。最後にはついにオラフのニンジンがくしゃみで飛んできて食べることに成功したように見えるが、ニンジンよりもオラフを大事に思うスヴェンはニンジンをオラフに返す。

この2人はとてもわかりやすいですね。またエルサもわかりやすいです。

#【エルサのFixer Upper】
1能力の発動を恐れるあまり、恐怖に囚われている。
2人との交流を閉ざしている。閉められたドアがそれを暗示。
3ダンスなどを自分では踊らず、妹にさせる。笑 → 最後にできないと断るアナにスケートをさせることでFixが明示されています。

一方で問題は、アナのFixer Upperが大変分かり辛いことにあると思います。敢えて言うなら、アナの他人の都合を考慮しない自分勝手さが、幼少期の事故を招いたと言えます。しかし、アナのそういったずけずけとした容赦のなさは一方でエルサ救出に大変役立っており、クリストフを惹き付けたものでもあります。

少し話は逸れますが、ドイツ語版のアナと雪の女王の副題はV〓llig unverfroren(完全に開き直って)というものだったりします。英語にするとFully Unapoligeticとなります。verfrorenがとても寒いという意味なのですが、それにunを付けると、ずうずうしい、開き直ったなとど言う意味になるために使用しているようです。そこで開き直ったのはだれなのか、もちろんLet It Goを歌うエルサであることは疑いがないのですが、これはアナを表すにも良い単語だと言う風に感じています。また、ディズニーのオフィシャルの紹介ではアナはFearlessとなっています。

#【エルサと対比をなすアナの特性】Fixer Upper…なのか?
1恐れに囚われるエルサ⇔恐れを知らないアナ
2人との壁を作るエルサ⇔人を信じすぎるアナ
3自分を隠すエルサ  ⇔思ったことは口に出すタイプのアナ

アナと雪の女王で失敗しているなと思うのは、まさにこのアナの特性のところが、スッキリしないからです。クリストフのあたりはそこが整理されているのに、アナは、人を信じすぎる所が少し変わったかも、くらいで終わってしまう。1、2、3どれもがエルサの救出に大きな意味を持っており、2ですら、ハンスには裏切られましたが、根拠なくエルサが氷を溶かせると信じ、実際に溶かさせてみせてしまったのですから、Fixer Upperとは言えません。とはいえ、ではアナが完全無欠の目指すべき様な人間かというと、意外とそうでもないため、そのあたりにモヤモヤした、未解決感が残ります。

一応、アナにもFixer Upperな部分が提示され、今まで何度か触れてきたのですが、皆さん気付きましたでしょうか?

#【アナのFixer Upper=この映画のFixer Upper.▲覆良措未薄い】
1前方・周囲不注意
2ノーコン
3先走るタイプ。人の意見を聞かない。

以上です。ちっさ。このちっささがこの映画のFixer Upperです。もう少しちゃんとアナの駄目なところを描いてほしかった。一応上記はありとあらゆる所に散りばめられていますがね。

そうじゃない時もあります。エルサを助ける時には1と3が解決されています。クリストフを助けるときは2を解決しています。

しかし1については、最後にまたクリストフをポールに当てるなど、この映画特有の「Fixer Upperは愛があれば(直さなくてもいいよね)」が表現されています。1について、アナはFor the First Time In Foreverで「Nothing is in my way(道を遮る物は何もない)」と歌っていますが、その後ハンスには「Suddenly I bump into you」と歌い、最後にトロールに「Throw a little love their way, and you’ll bring out their best」と諭されます。その結果としてのポールにぶつかる描写なわけですね。「道に何か邪魔するものがあっても、愛があれば乗り越えられる」ということです。

また、ハンスの描写も薄いです。

#【ハンスのFixer Upper=この映画のFixer Upper▲魯鵐垢良措未薄い】
1家族の不仲を原動力とした邪な自己実現欲求。
2本性を隠す
3他人取り入るため、他人に合わせる

これは、結局解決されることなく、むしろ疑似家族と良好な関係を気付いたクリストフに、王室の座も恋人も持っていかれて終わります。この場合、問題点は2つあると思っていて、

A. ハンスやウェーゼルトン公爵にだけFixer Upperが適用されない。

B. ハンスやウェーゼルトン公爵の使い方が下手、わかりにくい。

Yes⇔Yesの関係性をハンスが表現したがために、ハンスは完璧な王子に見え、そのまま終了してしまった感があると思います。アナがクリストフに会いにいくと言った時、乗り換えが早くて違和感がしてしまうのです。もっとハンスの家族との不和などを使い、Yes⇔Yesを壊さない程度に、エルサ追跡に反対するなども出来たと思います(例えば、「僕は兄弟に酷い目に遭わされ続けてきた、だから本当にエルサを信じられるか疑ってしまう」と発言するなど)。そういうところでハンスと家族に愛されるクリストフの違いを出していけば、アナが尻軽に見えてしまう今の現状を少し変えられたと思います。

#【王室の不在=この映画のFixer Upperパンがないならブリオッシュ】
1戴冠するまで誰が政治を行っていたのかわからない。
2皿の枚数も知らないアナ
3クリストフを現物で買収。しかも最後にもソリをプレゼント。一体誰の金なのだ。あんたら99%じゃなかったのかアメリカ人。

また、ウェーゼルトン公爵に関してはハンスの悪意を隠すための隠れ蓑すぎて、全然恐怖心が湧かないのが実情です。ジャファーの様に王宮の政治に口出しするポジションなどでも良かったかもしれません。

それにしても、エルサが戴冠するまで一体誰が政治をしていたんですかね?その人がいるとハンスに頼るのがおかしくなるからやめたんでしょうけど。「Who knew we own 8,000 salad plates?」など、全く自分の境遇に疑問を持たないアナの描写もそうですが、今までのなかで最も「王族」を享受しすぎていて、シンデレラすらビビるレベルだと思います。

でも、I can fix this fixer upper with a lot of love. たいした問題じゃないとも見て取れます。


9. 将来はディスニーの主人公もゲイに?

ディスニーの得意技。それは、「マイノリティを、主題歌→主役級の声優→本当のアニメーション主人公、と格上げしていく」という技です。これをここで、仮に「マイノリティリフト(持ち上げる)」と命名してみます。

たとえば、ブロードウェイでは、ライオン・キングの面々は黒人の役です。しかしムファサ役のダースベイダージェームズ・アール・ジョーンズは黒人系ですが、シンバは白人のマシュー・ブロデリックでした。リトル・マーメイドのセバスチャン、アラジンのジーニーなども黒人が舞台で演じる役ですが、ジーニーの声優アカデミー賞受賞のロビン・ウィリアムズでした。

ィズニーの場合、白人の役を黒人がやることは(たぶんまったく)ないのに、黒人の役を白人がやることは多々あるという矛盾を抱えています。

しかし、アラジンではアラジンの歌・声とジャスミンの声は白人ですが、ジャスミンの歌声にフィリピン系ブロードウェイ女優のリア・サロンガを起用し、その後本当にディズニーがアジアの映画ムーランを作成した時には、ムーランの声には中国系女優、歌声には再度リア・サロンガを起用しています。更に言えば、Beauty and the Beastのエンディング版はセリーヌ・ディオンと黒人歌手ピーボ・ブライソンが歌っており、A Whole New Worldのエンディング版ではピーボ・ブライソンレジーナ・ベルという黒人歌手のデュエットが実現しています。また、ポカホンタス声優にもアラスカのイヌイット系であるアイリーン・ベダードが起用されました。さらに、プリンセスと魔法のキスでついにティアナという黒人プリンセスが誕生します。ディズニーの法則として、まず1、エンディングの歌手でマイノリティを起用し→2、声優でマイノリティを起用し→その後3、マイノリティが主人公になっていく、という経緯が見てとれるわけです。

さて、frozenですが…ここでも「マイノリティの声優」がいます…いやぁようやくこの話に到達したわ…満を持して!我らがメルキオールことクリストフ役のジョナサン・グロフ様をご紹介させていただきましょう!!

D

な、なんというビッチ…おぶりびんぐ…。(真ん中で最後まで勉強しているひとがJグロフ=メルキです。)

まぁあれですね、どちらかというとgleeのジェシー役で知ってる人が多いかもしれませんが、私はたまたまリアとジョナサンの時の「Spring Awakening」をNYで見ていたため、思い入れはハンパないです。さて、そんなLの発音がエロいことで有名なジョン・グロフですが、ブロードウェイにいる頃からオープンリー・ゲイと知られており、今は自身が主役のゲイコミュニティを描いたドラマLookingに主演しています。

D

みよ、このLet's goの舌の動きを!

今までの流れからいくと、ここで公開当初frozenと検索するとgoogleが間違えて元カレのザカリー・クイントの写真を提示してきたジョン・グロフを起用したことは、将来のディズニー作品へのゲイの関与を予想させるものです。まずは脇役くらいから登場するかもしれませんね。

また→§6で解説した、受け入れるための異、および§8で指摘したクリストフ疑似家族をハンスの不和な家族より良く描く点についても、ゲイの結婚がOKとなれば次にくる養子というあたらしい家族観を想起させるものです。

ちなみに、エルサの声優イディナ・メンゼルブロードウェイ・デビューしたのがバイセクシャルのRENTモーリーン役でしたし(実際はRENTに出演していた黒人俳優テイ・ディグスと結婚し子供をもうけるも今年3月に離婚、好きなカップルだったのにな〜)、エンディングロールで主題歌をカバーするデミ・ロヴァートもバイなんじゃないかという噂があります。gleeでもサンタナの相手をするレズビアン役。少なくとも強力なLGBTアライであり、レリゴーをひっさげて今年はLAとNY両方のプライド・パレードに参加するとか。



10. グッバイ、ピクサーの『脚本の書き方』!

私はピクサーの映画がは全然好きじゃありませんでした。ひとつはピクサーが流行った所為で、ディズニーは長らくミュージカル映画から遠ざかってしまいました。そんでもって脚本の書き方がぜーんぜん好きじゃありません。ピクサーの脚本というのは、どうも流れが決まっているらしいです。引用させていただきましたがこれを訳すとアクセス数が稼げるってHagexさんも言ってました。

1. 主人公の紹介。および主人公に目的を与える。主人公の好きな物、特徴づけるものを明らかにする。

まず、主人公の

・状況設定

・大切なもの

・弱点

を決める。

「大切なもの」とは、例えば:

・ウッディ(トイ・ストーリー)……アンディ(ウッディの持ち主)

・マーリン(ファインディング・ニモ):家族(妻と子供)

「弱点」とは「大切なものを愛し過ぎ、執着しすぎるとそれが弱みとなる」ということ。

・ウッディ:アンディの「お気に入り」の地位

・マーリン:良い父親であること

主人公の「大切なもの」「弱点」が決まったら…

2.「嵐雲」を起こす。あくまで嵐の兆しであり、災難そのものではない。

・ウッディ:アンディの誕生日(自分たちを脅かす、新しいオモチャがやってくる)

・マーリン:イソギンチャクの外に出ると危険だらけ

3.「大切なもの」を失う。

・ウッディ:アンディのお気に入りの座をバズ・ライトイヤーに奪われる

・マーリン:ニモ(子供)をダイバーにさらわれる

4. 主人公に「屈辱」を与え、世界は不公平だと感じさせる出来事を起こす。

・ウッディ:みんなの前で空を飛ぶバズ。旧式のウッディは恥をかく

・マーリン:(そもそも自然界は不公平な場所だから、屈辱は不要)

5. 主人公を「岐路」に立たせ、2幕へ進む。

となっていますが、これが自分には決定的に合わなかった。ファインディング・ニモのお母さんと兄弟になる筈の卵が全部食べられてしまったりして、マーリンにとってニモは最後の1つの卵だということになったりするんですが、プロットのためだけに、冒頭にいつもこういう重大な事件をバサッと挟み込んで後処理をしない。それが合わなくて、映画中ずっと食べられたお母さんと卵の事を考えていました。しかも冒頭の喪失とか屈辱のところが、結構フラストレーションたまって、面白いって感じはしないんですよね。

嫌なことに、アナと雪の女王でも若干同じような展開があるため、とっても憂鬱です。早くグッバイしたいです。私が§ で提示した通り、このプロットというのはディズニーにも大体共通点があります。そちらを改変していっていただくことで、ぜひピクサーセオリーとはグッバイしたい。

ぼくのかんがえたでぃずにーのセオリー。こんな感じです。

1. まず主人公について

・理想とのギャップ

・邪魔をしているものは何か

・主人公特有の良いところ     を提示する。

2. 主人公が理想とのギャップを埋める努力をする。

 そのために秘密を背負うか代償を支払う。

 一時的に障害が解消される。(ここで歌う!)

3. その努力が失敗する。秘密は暴露される。

4. 失敗の前後のタイミングで、今まで邪魔だと思っていた物も

 素敵な一面があることを学ぶ。(ここでも歌う!!)

5. 主人公が持ち前の一面を発揮して、障害を解消する。


これの変形をやるたけでも、十分にまだまだ面白いものが見れると思うんですけどもね。ただ、同時に学習することも大事で、例えばこのプロットをなぞっていても、やっぱりラプンツェルのI See the Lightなどは大して印象に残らない歌でした。私にとってはね。今見るとラプの顔も変だし、肩幅くらいある大きな顔も嫌いです。そういった細かい所も、frozenでは修正されているなと思います。またプロットから外れていても素晴らしい歌はあります。例えばアラジンのOne Jump Ahead。決して路上生活を賛美しているわけではないのですが、極めて魅力的に見えてしまうのが事実です。やはり歌の中や前後にギャップがあることが大事で、I See the Lightはそのままですからなんの感傷も抱かない。ミュージカルとは今までの固定観念を逆から見ることを提案するものだと思っていますので、それに沿った曲は名曲になりやすいと思います。

I See the Lightであれば、たとえば継母がハンスみたいにいい人で、本当に家に帰りたいのに、ライトと自由に惹かれてしまうとか、もしくは何か条件や人質を取られていて家に帰らなくてはならない状況でライトが実は逃避の時間の終わりを意味する、などとすれば良かった訳ですね。

11. 結局Wickedをやりたいディズニー

さて、最後に§2で予告した、「混ぜると美味しい主題歌の作り方」についてです。

Let It Goは「1、隠遁環境礼讃ソング」 と「2、自由への希求ソング」が合体したものだというふうに書きました。そして、ここにさらに付け加えることができるものがあると。

それこそ、「3、悪役ソング」です。スカーの歌うBe Prepared、アースラの歌うPoor Unfortunate Soul、ジャファーの唄うPrince Ali repriseのような曲のことですね。今回はそれが消え、「4、ラブソング」と混ぜてLove is an Open Doorになったわけですが、12と混ぜた時の効果をディズニーが知らないわけありません。なぜって、Let It Goを歌っているのが、アディーム・マンジールイディナ・メンゼルなのですから!

イディナ・メンゼルは、123を合体させた、ミュージカル史上に残る屈指の名曲を歌いトニー賞に輝きました。その曲が「Defying Gravity」です。

D

この曲は同じくトニー賞に輝く、Wickedというミュージカルに含まれていのですが、Let It Goと同じように、友達や家族を捨て、孤独な道を選ぶ.またそれによって得られる自由を礼賛している曲です。と同時に、人々から忌み嫌われる緑色の顔をした西の悪い魔女になることを選択すると言う、主人公エルファバの決意をより重くする要素が含まれています。

結果としてとにかく、アドレナリンでまくりの強烈ソングに仕上がっており、歌っているのがイディナというだけではなく、物語の中盤で披露される点、プロットツイストの起点になる点も共通しています。

Wicked


そして、§4にも描きましたが、ディズニーは「マレフィセント」をやりたいわけです。なぜなら、やっぱり「Wicked」をやりたいからです。

今日紹介したミュージカルの中でも、Wickedは比較的見ることが簡単(汐留で上演中)ですから、ぜひ見に行ってみることをオススメします。ポカホンタスの作詞家が書いてます。

とりあえず、おわり!

さて、こんなに長くても、まだまだ書ききれません。全然ミュージカル映画が好きじゃない日本人、アナと雪の女王に「現代」を見てしまう私たち、現代ミュージカルと『アナと雪の女王』のイケない関係、ここが不思議だよ『アナと雪の女王』など、タイトルだけ考えて書けていない物があります。これは後日に回すとして、「アナと雪の女王」を切っ掛けに、多くの子供と大人が、他人を受容することの大切さと、ミュージカルの魅力に気付いてくれればうれしいですね!まだまだ完成までほど遠い論で、かつ見ていないディズニー映画や、嫌いなピクサー、さらには様々な舞台、読み取れない事象など多くあるかと思いますが、なにぶんそこはFixer Upperの精神で御願い致します!!Fare thee well!

論者紹介:岩瀬

年に1度はウェストエンド・ブロードウェイに舞台を見に行く舞台好き。そのきっかけはディズニー。好きなミュージカルは、オペラ座の怪人、ビリー・エリオット、Avenue Q、RENT、Wicked、レ・ミゼラブル

アナと雪の女王は、英語とドイツ語版で50回は軽く超えるほど視聴。ちなみにドイツ語版には、May Jポジションがありません。EDはデミです。

Twitterやってます。 https://twitter.com/IwaseTsubono

*1:Demi Lovato版のLet It GoにはわざわざStanding frozen in the life I’ve chosenという歌詞まで挿入されています

*2:これ、クリストフ役のジョナサン・グロフがgleeで演じていたジェシー・セント・ジェームスがレイチェルにやっていたことと全く同じなんですけどね。

*3ICU~

*4:glee season 3のYes/Noからタイトル拝借。またちょうど良いよね、はNext To Normalの台詞から。

14/06/14 (Sat)

[][]『アナと雪の女王』で帰納的ドイツ語学習ができるか実験してみる 01:01 『アナと雪の女王』で帰納的ドイツ語学習ができるか実験してみるを含むブックマーク


できるだけ努力しない努力します。


私がApple製品を使う最大の理由が、「iTunes Storeが便利だから」です。今はAndroidGoogle Playでのデジタルコンテンツ環境も充実しているのかもしれませんが、Android OSが出来る前から、秋葉原などで米国iTunes Cardを買って日本公開されない海外の映画・ドラマ・本を見ることが出来ました。今はさらに世界中のiTunes Cardがネットで販売されているため、外国語の学習にはもってこいです。

日本での『アナと雪の女王』の公開が遅過ぎて、アメリカiTunesでの発売の方が早かったので、私は公開前に『frozen』を購入して多分50回以上見ています。いい感じで台詞も頭に入っているし、元々英語学習初期には『オペラ座の怪人』のCDを暗記していました。歌だと覚えやすいですからね。

そこで思ったのです。「これ、他の国の言葉で見れば、その国の言葉ができるようになるんじゃね?」


ドイツ語を選んでみたものの、覚えることの多さにびっくり

とりあえず、手っ取り早く、大学の第二外国語でその癖ほとんど身に付いていないドイツ語から始めることにしました。本当はロシア語が出来ると良いなと、また英語『最強のふたり』が好きなのでフランス語にも興味があるのですが……その癖ドイツ語は好きな音楽や映画も本もないし、行ってもつまんなかったんですけど、なんか好きなんですよね。ドイツも、言葉も。

とは言え改めて学習すると、名詞の性による冠詞・形容詞の変化、格による人称の変化あたりは既知のものとして納得できますが、複数形にあまり規則性がなくsがついたりesがついたりウムラウトになったりし、かつ格変化しやがるため、基本全暗記しなくてはいけないというのが驚愕、こんなの覚えられる人いるんですかね?こんなところで心が折れるのもばかばかしいので、勝手に覚えるのを待つことにします。

学習時覚えていた単語は50以下だと思います。

f:id:lepantoh:20140615005446j:image

画像に映っているのはアドレス帳(300円)で、これを単語帳代わりにしています。フラッシュカードよりも薄くて便利ですよ。


やる気がない前提の学習計画=帰納的学習法

そもそも海外在住経験ゼロでTOEIC965点を達成しているので、外国語がどのように取得できるのかは分かっているつもりでした。問題は、続かない。なので、もう続けないことにしました。嫌になったら、やめます。今の所、アナ雪ドイツ語版『Die Eiskönigin – Völlig unverfroren』を30回くらい見てるか聞いてますが、まったく苦にならないのは幸いです。

1日目〜3日目は、単語単語しか覚えられませんでしたが(the door!がdas Tor!だとか)、2日目〜7日目ごろにはだんだんとサビが歌えるようになってきて、2週目ともなると、「意味はわからないけど、このstärkerという単語は何回か出て来るな、しかも英語でstrongerというところで…」といったことも分かるようになってきます。

英語版をほぼ暗記しているので、『あれ、こういう単語なんだ』と興味が湧き、そこから逆引きして文法書や辞書を紐解いています。こういう学習法は帰納法と呼ばれているようですね。


f:id:lepantoh:20140615005447j:image

moleskineに左はドイツ語、右はその英語訳(英語詩ママではない)、下に知らなかった単語を書いています。


【興味ないのでしないこと】無理な暗記、多すぎる活用形との格闘系統立てた文法学習

【興味があること】基本的な冠詞・動詞の暗記、気になった文法学習、語順の学習、歌詞と台詞の暗記、「学習法」の研究

一応成果測定で独検受けようと思います。とりあえず目指せ4級。また報告します!

14/06/13 (Fri)

[]「コリオレイナス」はつまらないが、同席した人の吐く息が面白い件 00:37 「コリオレイナス」はつまらないが、同席した人の吐く息が面白い件を含むブックマーク


映画館での舞台ライブビューイングで舞台文化はどうなる

今をときめくトム・ヒドルストンがドンマーで演じた『コリオレイナス』が、『フランケンシュタイン』に続き日本の映画館で上映された。とは言え実際は海外ではリアルタイム上映されていたので、ずいぶん遅い公開と見ることもできる。

Coriolanus (Modern Plays)


実際にオペラバレエの世界で行われるライブビューイングも時差や字幕の関係で、日本では遅れることが多いようだ(それにしてもコリオレイナスの字幕は酷かった)。世界的なこの潮流の切っ掛けはNYメトロポリタンオペラの総裁ピーター・ゲルブに負う所が多い。 ピーター・ゲルブはMETのオペラを電子複製し、より安い価格で、わざわざNYまで足を運ばなくても見れる環境を提供した。その賭けによってMETのリアル観客数は......増加した。このことは生の舞台芸術について、いくつかのことを示唆している。


1:リアルの演劇には複製にはない価値があることを認め、より多くのお金を払う観客層が存在する。

2:リアルの演劇により高額な金額を払う層を増加させるために、入り口としての安価な複製は有効である。

3:増加数が十分であれば、新規にリアルを求める観客層は、安価な複製に流れる既存の顧客数を上回るため、収益が向上し、またファン層も増えるため、芸術にプラスの利益をもたらす。

Puccini: Tosca (The Metropolitan Opera HD Live) [DVD] [Import]


さて、今年のイギリス演劇の公開はこれとは逆のプロセスが実現したと言えるだろう。


イギリス俳優ブームとライブビューイングの幸福な帰結


アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

イギリスには元来豊かな劇場文化があり、アメリカの俳優が基本的には舞台/ドラマ/映画を行き来しないのにくらべ、イギリスは日本と同じようにこの3つを頻繁に行き来する。しかし、イギリス人の俳優は英語の力で元々世界的なスターも多く、映画で世界的な知名度を誇るスター俳優が小さい舞台に立つとなると、日本人の私ですらビックリすることも多い。その極端な例が『コリオレイナス』であり、世界興行収入3位の『アベンジャーズ』で悪役ロキを演じたトム・ヒドルストンのみならず、『シャーロック』でマイクロフトを演じたマーク・ゲイティスまで出演し、客席数はたったの250席、元はバナナ倉庫のドンマーでの上映。『フランケンシュタイン』に加え『コリオレイナス』もこういった条件が重なったことから、日本の映画館での上映に結びついたことは容易に想像できる。


やはりマイナー作はいくらシェイクスピアとはいえつまらない


ところが結局のところ、『コリオレイナス』があまり面白くないのである。蜷川さんが2012年、ロンドンオリンピックに合わせて開催されたシェイクスピア・フェスティバルに更に上映回数の少ない『シンベリン』を持っていったが、不人気作にはそれなりの理由があると改めて感じさせる作品だった。つまらないと感じたのは、感情を置いてきぼりにする場面が、感情を揺さぶられ引っ張られるシーンよりも多く見られたから、これにつきる。具体的には、3回のプロットツイスト。これがすべて不自然極まりないと言える。

SHERLOCK/シャーロック シーズン3 Blu-ray BOX


その3回とは、

1、コリオレイナスの追放

2、コリオレイナスの母の説得への屈伏

3、仇敵オーフィディアスのコリオレイナスの唐突な受容(これが一番酷い)

の3つである。


1と3はまだ、議論の余地がある。そこに至るまでの道筋の演技、演出で印象が大きく左右されるからだ。

彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA × SHAKESPEARE DVD BOX X (「シンベリン」/「トロイラスとクレシダ」)


1、コリオレイナスの追放 については、その前のコリオレイナスの執政官になるための選挙活動に民衆が不信感を持つことに端を発する。ここでのコリオレイナスと民衆の心情の解釈はとても難しい。私が見た限り、トム・ヒドルストンはとても上手く演じていた。 笑いが起きるような、ユーモアに溢れたコリオレイナス。その裏側には、執政官になりたいという思いはあまり感じられず、トム・ヒドルストンが演じたことで、生真面目さ、国への彼なりの忠誠心のようなものが裏にあるのではないかと感じさせた。 一方で民衆側の心理の変化が解りやすかったのは映画版コリオレイナスこと邦題『英雄の証明』である。一体いつからーー舞台版の話だけをしていると錯覚していた? 映画版では選挙運動でコリオレイナスが愛嬌のない嫌なやつなので、民衆が誤解して当然という気がした。


2、コリオレイナスの母への屈伏、これには議論の余地はない。母へ屈伏することは構わない。問題はコリオレイナスが身体に国のための傷を負うことに誇りを感じていたのが母親その人であり、それがコリオレイナスの戦いに身を投じたがる気性に大きく影響していると考えられるのに、母自身には大きな変化が見られず、それに見合った罰も与えられているように思われないことである。結果として、正しかろうが間違っていようが母は強し、といった印象しか抱くことが出来ず、消化不良の感を強くする。凡庸な評だが、カタルシスがない。

英雄の証明 [Blu-ray]

2、オーフィディアスのコリオレイナス受容 も、何も最高の妻と結婚した時よりも胸が高鳴る、まで言わなくても良いと思う。急激な転向に腰抜けで、一体今までの確執はなんだったのかと自分の目と耳を疑う。しかしまあ、舞台版ではオーフィディアスとコリオレイナスが口づけをするなど、それに見合った演出がなされていたのは良かった。 映画版でのレイフ・ファインズジェラルド・バトラーにはそんな雰囲気はなし。ジェラルド・バトラーはなかなか良かったと思うのだけど、発間と臭くでもあるレイフ・ファインズはスキンヘッドでコリオレイナスを演じていてずっと仏頂面で、私は魅力を感じなかった。 トム・ヒドルストンは線が細い印象があるので、ロキ役も完全なハマり役とも言えないのだけど、彼自身の落ち着いた知的な雰囲気が、悪役に陰を与えたり、何かしらの説得力を持たせるのに十分だと感じる。


悪いのは誰だ?


とは言え、役者に全てを求めるのは酷でもある。結局のところ、冒頭で述べたとおり、複製芸術よりもライブの舞台の方が何倍も高くても、「高くても良いから生観劇」という人は多いのだ。自分もその一人。その理由の一つを、ライブビューイングという形式が教えてくれた気がする。私はこう考えている。 アル演劇の面白さは、役者の質、演出の巧みさもさることながら、隣の席にいる観客の存在なのではないかと。彼らは受容体(アクセプター)として、演じられたものの意図に関わらず、様々な反応を示す。そこで最も顕著なのが笑いである。 映画版『英雄の証明』はピクリとも笑えない。一方でライブビューイングの舞台版『コリオレイナス』は、銀幕の中の劇場も、そしてその反射をみている私たちも、笑ってしまうようなシーンが所々にあった。なお、この点でマーク・ゲイティスはやっぱり巧かったことを付け加えておこう。 もちろん私は、観客の顔をまじまじと見続けて観劇したわけではない。あくまで、彼ら・彼女らが醸し出した空気に、気持ちよく乗っかることが出来た、というだけの話だ。しかしこれこそ観劇の醍醐味ではないか。



これが役者の力量によるものではないと考える理由は、トム・ヒドルストンが主演したBBC制作『ヘンリー5世』にある。私は今まで見たことがあるシェイクスピア劇の中では『ヘンリー5世』が一番好きなのだが、それはHenry Vが清涼感のある英雄譚として上質なだけでなく、随所に笑いがふんだんに含まれているからである。そして、舞台版コリオレイナスではユーモアを感じさせたトム・ヒドルストンの演じたBBC版『ヘンリー5世』は、これまたやっぱりピクリとも笑えないのである。ついでにローレンス・オリヴィエの映画もいまいち。シャーロックは笑えるけど、やっぱ映像は弱い、弱いんです、私への訴求力が。 ヘンリー5世 [DVD]

私が『ヘンリー5世』を観劇したのは2012年グローブ座のジェイミー・パーカーと、2014年ノエル・カワードジュード・ロウどちらも観客席は爆笑に包まれる。特に最後のキャサリンへの求婚のシーン。あのジュードですら最高に滑稽に見えて、大満足です。

実は、同じ作品を舞台と映画館で見る経験もした。デイヴィッド・テナントの『リチャード2世』である。しかし、リアル/ライブビューイングの落差よりも、舞台作品/映像作品の落差の方が、著しく大きいというのが、『コリオレイナス』『ヘンリー5世』を見た私の印象である。

ガタカ [Blu-ray]


『コリオレイナス』は、シェイクスピア劇の中で優れているとは言いづらいが、現代に通じる点があり、一見の価値はあるとは感じる。今回の上映では、自分のもう一つの興味、劇の内容よりもそれがどうバラまかれ、どう受容するか、について考えるよいテストとなった。

舞台生観劇>>舞台の映像化を映画館で鑑賞>>上質な映画作品を映画館で鑑賞、ということをすごく感じた。あと私は「映画は映画館で見ないと」みたいなことを言う人はあんまり好きじゃない。frozenも最初は自宅で見ましたがそれはそれで良いもんですよ。

Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014

14/05/25 (Sun) 退院して働いています このエントリーを含むブックマーク

発病後の人生はプロとコントラ

  • 軽い症状で良かったと思う心と、重い症状になっても折れないよう、それを受け入れる心
  • 勉強して何もかもを理解したいと思う心と、気にせず自分らしく生きようと思う心
  • 今まで通り働きたいと思う心と、薬がどんどん変わっていくので微細な変化についてこれず戸惑う身体
  • 発症して人生が変わって、一瞬一瞬を大事に生きられるようになった感謝と、それに気付かない幸せな人々への不思議な感情

一日の中で、心も身体も揺らぐ。

退院まで

入院15日目。

早ければ2週間で退院となっていたため、既に診断結果は出そろっている。保険関係の手続きとかも色々あるので、この時点で診断書を出してもらえる方が有り難く、主治医から診断結果を聞く日となった。

この日は体調が極めて悪く、久々の目眩を昼食時に経験した。

診断結果は予想通り。家族はショックを受け泣いていたが自分は一つ一つ細かい点を確認し、色々な事が解るたびに目の前が晴れて行く思いだった。なぜか視神経に症状はないのに、視神経の伝導の検査がほんの少し良くなかったらしい。またオリゴクローナルバンドが陰性だという。主治医と私の意見が治療方針について合わないが、この時には即時治療を始めたいという思いが、出たばかりの新薬を待ちたいという気持ちと鬩ぎ合っていたため気にならない。家族は私が2度説明するのが大変だろうと来てくれたらしいが、どうも病識が自分とずれ始めたのを感じる。

資料を貰い、保健所に申請に行き、そのまま外泊。

入院16日目。外泊の続き。資料をプリントアウトしたりと忙しい。目眩やしびれがスパッとよくならなくて嫌になる。

入院17日目。パルス3クール目開始。終了時から現在まで、目眩は発生していない。さらに、足の痺れもほとんど消えたと言ってよいと思う。ステロイド副作用で寝付きが浅いため、朝早く起きすぎて、10時頃ウトウトしていたら回診があり、いきなり治療方針の説明をされて戸惑うが、昨日と同じように新薬の話をして、急がない事を伝える。その時はたまたま病気の勉強をしていなかったのだが、回診の御付きの人たちは、机の上に山積みになった資料をみて何やらひそひそ言っている。

入院18日目。パルス残り2日。この日は友人が来てくれたので、バビンスキー反射の左右差などを見せていたが、これが後々いい結果となる。退院するまでに質問をしなくてはならないと思い、詰め込みで色々と勉強をする。退院までに主治医に一度話させてくれとナースさんに伝言を依頼する。

入院19日目。退院日。朝早速主治医が面会の機会を作ってくれる。私は医学書で学んだ結果、症状から逆算して、MRIに映っていない部分に病変があるのではないか、MRICTより有能なだけで、万能ではないのではないかと質問をした。主治医の返答は、「仰るとおり」で、「MRIは万能ではな」く、責任病巣の特定は「症状優先」とのことだった。わたしは大脳の病巣がMRIで見つかったので入院したのだが、前のエントリにも書いたとおり何故かIQ130という結果が出て大脳には症状は出ていなかった(大きくて使用してない部分が多いので症状が出にくい)。結局のところ責任病巣は、MRIが混んでいて入院1.5週後に撮影した某箇所、そしてMRIに写りもしないもう一箇所であった。握力を左右3度測ったが、入院前と同じ、全く問題なし。ただし結局腱反射は左右ともに亢進したまんまだということだった。主治医は自分の膝を叩いてみせた。私以上に反応している。「首悪いひとは皆亢進するんですよ」って何か、あなたも何かしらの病気だったんですか。じゃなきゃこんなマイナーな科で医師になろうとは思わないでしょうね。まるで中島らも『今夜、すべてのバーで』みたいな展開。結局私と意見が合わない所は、むしろセカンドオピニオン的な意味を持ち極めて有り難かったし、どんな質問にも答えてくれ、こちらの言い分を理解してくれる良い医者であった。

昨日友人が帰ったあとに点滴のルートを取った部分が内出血していた。そこで本当であれば凝結防止剤を入れてみて、ふくらみなどがあれば刺し直しとなるのだろうが、内出血があるのにいきなりステロイド投入。「いたたたた!」瞬間的ではあるがルンバールより痛かった。2秒くらいか。すぐにステロイドは止められたが、黄色いアザはその後2週間ほど消えないのであった。血管をどこかで通り抜けてしまっていたらしく、別の部位に刺し直しとなる。自分は注射や点滴にはとっくに慣れてしまっていたので、むしろ早く刺し直してほしかった。この日を境にバビンスキー反射の左足の異常もなくなる。現在も足に違和感を感じたら真っ先にするテストで、幸い異常は出ていない。

その後病院一階に会計に行き、10万ちょっとを搾り取られた後、荷物持ちの家族と帰宅。とはいえ4回も外泊していたので特に感慨はなし。そして翌日からしれっと静地療養と称して国内旅行に出る懲りない私なのであった。

退院+23日目。

いい加減Frozenについてブログを書きたくなり、その前に入院記を終わらせる事とする。