lessorの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-10-01

マクドナルドさん、メニュー表を無くさないでください 00:07 マクドナルドさん、メニュー表を無くさないでくださいを含むブックマーク マクドナルドさん、メニュー表を無くさないでくださいのブックマークコメント

 かなりの数の関連ツイートがあるようなので、togetterでまとめられたらよかったのだけれど、はじめてで扱い方がよくわからなかったのであきらめて自分の言葉で書く。

McDonalds_infor

【本日から】レジの所のメニュー表がなくなります.入口においてあるメニュー表や,レジ上部にあるメニューをご覧になり,ご注文をお決めになってから,カウンターにお進み頂ければと思います.最初は戸惑う事もあるとは思いますが,どうぞご協力よろしくお願い致します.

2012.10.01 07:01 twitter

https://twitter.com/McDonalds_infor/status/252528620839505920

 公式アカウントからのツイートではないようだ。しかし、どうやら関係者からの発信ではあるようだし、既に「今日マクドナルドに行ったら、確かに無かった」という声がたくさん聞かれるので本当なのだろう。

 ツイッター上では「レジ横のメニューがなくなると注文しづらい」という反応であふれている。今日、マクドナルドの店舗を見に行ったわけではないが、もし単純にレジのメニュー表を無くしただけなのであれば、顧客はメニューの大部分を確認できないのではないだろうか。レジ上部には特定のメニューしか書かれていなかったはずだし、「入口にあるメニュー表(たぶん立て看板みたいなやつのこと)」も目立たない店が多い(だから、レジ前ではじめてメニューを見て、即座に注文しなければいけないため、コミュニケーションや決断力に自信がない人たちにとっては、「けっこうマクドナルドって注文難しい」という印象もあったと思う。それもそれであまり親切とは思えなかった)。

 「手元のメニューで考えさせない」というのは、おそらく経営的にメリットがあるという判断なのだろうが、障害児支援をやっている者にとってみれば、もう「来るな」と言われているのに等しい。視覚障害言語障害がある方にとっての困難さは容易に想像される。見えないものは選べないし、指差せないものは伝えようがない。外国人の方も困るだろう。

 自分が主に支援しているのは知的障害や発達障害をもつ子どもたちである。言葉を話せない子どもも多い。多くの子どもはメニューの「写真」を指す。セットメニューを頼むときだって、個別の商品をひとつずつ写真を指す。もちろん支援者がついているし、店員に伝わりやすいようにそれを言葉でフォローしたりもするのだが、子どもにとっては「自分が食べたいものを主張した」と信じられる貴重な手段である。たとえ本人が好きなものを保護者がよくわかっており、注文するようにヘルパーが頼まれていたとしても、何の選択もさせずにヘルパーが勝手に口頭で注文したら、子どもは何を頼まれたのかわからず、商品が出てくるまで不安になるだろう。入口にあるメニュー表でいっしょに選べたとしたって、選んだものを入口からレジまでの間で忘れないとも限らない子どもたちである。

 まさかマクドナルド関係者が知らないはずはないと思うが、いちおう書いておく。知的障害や発達障害の子どもたちはマクドナルドの「超お得意さま」である。調査したわけではないが「外食と言えばかなりの割合でマクドナルド」という自閉症児はかなり多い。うちのヘルパーは1週間に何度もマクドナルドに行くし、数日にわたって通う羽目になることもよくある。全国的にも同じ傾向があるのではないだろうか。特にマクドナルドの店舗が多い地域ならば。

 これは「子どもはみんなマクドナルドが好き」の延長ではなく、特性ゆえに「マクドナルドぐらいしか食べられない」という事情による。広範囲に渡って出店されていて外出先でも見つけやすく、あのシンボリックな「M」のマークが子どもにもわかりやすく、どこに行っても同じ味のものが食べられる、というのは、味覚的に食べられるものが限られる子どもたち、食べたことがないものへの不安が人一倍大きい子どもたちからの絶大な支持へとつながる(昼食にもおやつにも活用しやすい、というのも大きい)。

 それゆえ、知的障害や発達障害をもつ子どもたちにとってマクドナルドは「自分で食べたいものを注文して、購入して、食べる」という貴重な経験を積む場所ともなりやすい。

 レジ前で並んで動き回らずに順番を待つこと、レジ前に来たら食べたいものを店員に伝えること、財布を出して足りるだけのお金を払っておつりを受け取ること、横にずれて商品を待つこと、番号札と商品が交換になる場合もあると知ること、食べ終えたらゴミだけを捨てて(ときには分別もして)トレイは返却すること…。これらの手順もさらに細かい行動に分かれていくから、簡単にはマスターできない。何度も何度も繰り返すうちに、少しずつやり方を覚えていく(ちなみに自分が最近苦戦していたのは、「お腹いっぱいのときはフライドポテトを無理して食べきらなくてもいい」ということを子どもにわかってもらうことだった)。多くの親や支援者は、子どもがマクドナルドばかり行くことに様々な思いを抱きつつも、通い詰める中で得られるかもしれない自信とスキルに期待もかけている(もちろん単純にマクドナルド食べてうまい、だけでも全くよい)。

 たくさんの文字と写真が並ぶメニューでは的確に情報を選び取れない子だっているし、カード状にした写真を使ってコミュニケーションをとれる子もいるから、これまでだって自前でメニューを用意していた支援者や親はたくさんいるだろう。それでも、店の側で少しでも使い勝手のよいものを準備するのが、日本中に店舗を展開する企業の姿勢であってほしいと思うし、バリアフリーに例えれば「平らだったところにわざわざ段差を作る」ようなもので、これまでできていたことをわざわざ後退させる必要はないと思うのだが、どうでしょうか、マクドナルドさん。

 回転率を上げたいだけなら、レジ以外の場所にもしっかりとメニューを確認できるところを併せて作りさえすれば、多くのお客さんは並んでいる間に考えて注文すると思うのだけれど。なぜ「両方」できないのかが不明。

推測ですが推測ですが 2012/10/02 14:30 メニュー表なくす→知的障害や発達障害の子どもが店内から減る→大多数の一般客が行きやすくなる→売上げ上がる…ってことで
マクドナルドwin、一般客win、知的障害や発達障害関係者loseとなり マクドナルド大勝利なのでは?

マック側から……マック側から…… 2012/10/02 15:41 マクドナルドの意図としては、お客様の視線を上に向けて、店員とお客様とのアイコンタクトを増やして接客の印象を良くしたい ということのようです

また、手元にメニュー表が必要な方にはB5サイズのものを各レジに用意してありますし(文字はすこし小さいですが)、ハッピーセット(子供向けのおもちゃ付きセット)だけはまた別にメニュー表があって子供が直接選べるようになっています

それから、経費削減ではないかという声もありましたが
備品の数は増えたのでそれは無いかと思います

ひどいコメントひどいコメント 2012/10/02 18:06 「推測ですが」というコメントのひどさに言葉もありません。

efemeralefemeral 2012/10/02 21:10 メニューのサイズが変わるということは、場所で品物を覚えている人はまたはじめから覚え直すこととなる。
覚え直すことがとても得意ではない人にはそれがハードルとなる。
楽しく通えていたマクドナルドに苦しい印象がつく。
一から積み上げ直し、組み立て直さないとならない。
回転をあげるということは客のゆとりをなくすということ。
一般客は我慢をしいられ、障害を持つ人など、速さという割り切りに切り捨てられる人達にしわ寄せが行く。
誰も勝ちはしない。
ただものを考えなくなるだけの話。

飛躍し過ぎな気も…飛躍し過ぎな気も… 2012/10/02 21:27 世の中、そう健常者以外や、視覚的に困難な人向けに何もかも用意されてる訳でもない気がします
今回のマックの件よりも、もっと不親切なものはたくさんあると思います
それに、写真を指差して注文するしかできない人の場合などは、メニューを見せるのではないでしょうか?
障害を持った人にとってどうこうという風に結びつけるのは、少し過剰な反応のような気もします
確かに、セットメニューの名称を言うのも億劫だったり、気恥ずかしいって人もいると思うんですけどね
メニュー表が一切なくなったのではないのですから、特にそこに結びつけるのもどうかなと思いました

alpinixalpinix 2012/10/02 23:38 >「推測ですが」というコメントのひどさに言葉もありません。
もともともっと酷いコメントが入っていました。ブログ主の良心が非表示にしたのだと思っています。
 
かなり推測交じりですが、マクドナルドの本音は「利益率の低い単品のみオーダーの客の排除」≒客単価の増大だと思っています。
この記事を読む前に偶然久々にマックに入りました。理由は子供が「ポテト食べたい」といいだしたからですが、列に並んでレジについて初めて、いつもカウンターにあったメニューが無いことに気づきました。
「・・・メニューは?」と恐る恐る聞くと頭上のセットメニューメインが表示された看板を指示され、B5版(?)とやらの手元メニューが出されることはありませんでした。
ポテトだけが欲しかったので諦めて「ポテト下さい」とお願いしたところ「SMLサイズは?」と聞かれたので(それぞれの大きさと値段は?)という質問をぐっとこらえて注文しました。
健常者でしたが、不安げな未就学児が横にいて結構な苦痛を感じました。
 
営利企業であるマクドナルドが利益率の低い「単品のみ購入者」を「セットメニュー購入者」に引き上げたいのは分かりますし理解はできます。でもやり方が「キャッチセールス」と同じなので同情しかねます。
 
「単品のみ購入者はこちら」という専用列を作り、そちらの対応窓口を絞ることで、セットメニューの顧客の方が有利(早く注文できる)というのなら理解できます。
 
もともと100円マックや単品注文を目当てにやってきた消費者を、意に沿わぬやり方でセットメニューに誘導するやり方は、指導が入るレベルではないかと個人的には感じました。
 
で、ここまでなら、別にコメントするほどのことでもなかったのですが、そういう流れの中に「障害者の方が巻き添えになっている」ことに不条理を感じたので書き込みしました。
 
全ての店舗には無理にしてもフラッグシップ店などには「障害者専用レーン」なんかを設けるくらいの意気込みが欲しいですね。

のののの 2012/10/02 23:54 障害者には障害者専用のメニューとか列とか、共生に消極的な態度だと思います。いままでのレジにあるメニューで、障害者もコミュニケーションに自信のない人も、心理的に不安を感じずにふつうにマクドナルドを利用できていた。なら、それでよかったと思うのです。マクドナルドが客がもっと喜びそうなセットメニューを考えて利益をあげようとしたのではなく、単に客から金を巻き上げるために安易にこのような手段をとったのだとしたらとても残念に思います。

みみみみ 2012/10/03 13:21 子供用のメニューがあるというのを、このコメントで知りました。

蛇足ですが、子どもたちとマクドナルドでハッピーセットを買うとき、おもちゃを事前に選ばせるために、サンプル展示のおもちゃで選んだら、注文したらなかった!子どもが傷ついた!という事はありませんか?
昔はサンプルに「品切れ」シールが貼ってあったのですが。貼ると不都合があるのでしょうね。
そこらへんもマクドナルドの商業主義によって、消費者の利便が削られているなぁ。と感じます。

   2012/10/03 14:49 バリアフリーを「共生に消極的な態度」とは言わない。

ルールー 2012/10/06 02:08 「推測ですが」のコメントは、「マクドナルドはこういうつもりだったのではないかと、意地の悪い見方もできる」程度のものではないですか?
推測であって、このコメントの投稿者さん自身が、これで(障害を持つ人が行きにくくなることで)良いと思ってるわけではないと思います。


私が行くマックでは、ハッピーセットのおもちゃが品切れになった場合、サンプルコーナーから品切れのものは撤去されてますね。
お店によるのかもしれないです。

通りすがり通りすがり 2012/10/24 13:00 こんな事するなら食券で買わせれば超効率だと思うんだけどなw
効率化とか抜かしてますけど何処の店舗もフルでレジ稼働させてないですよね
たとえ凄い並んでる状況なのにレジ一台とか空いてる店舗を良く見ますのにそれで効率化とか()ですよねww

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lessor/20121001/1349104025
なかのひと