Hatena::ブログ(Diary)

Skepticism is beautiful このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-15

医療ネグレクトと思われる例があるということで通報した

医療ネグレクトの事例

ビタミンKの問題でも話題になったホメオパシー・ジャパン系のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシーのページで、医療ネグレクトと思われる事例が公開されていた。母親の投稿内容を引用する。

現在、子供が健康相談にかかりお世話になっております。

主訴は腎臓です。2歳で発病し、2年ほど入院し、今は通院しています。10歳になりました。

病院では、免疫抑制剤がだされ、毎日飲まなくてはならず、とても疑問を感じていたところに、ホメオパシーに出会い、やってみたいと強く思い、相談会を申し込みました。3回めの相談を受けたところです。

今は病院の薬は飲ませていません。

(中略)

ただ、やはり毒だしのレメディ(抗生剤全身麻酔、胸腺の毒だし)をとると、すごい好転反応がでてしまいます。わかってはいますが、ちょっと続けられないくらい、顔、特に目がはれてパンパン、足もむくみ、蛋白尿がでて、みているのが辛くて断念してしまいます。

ホメオパシー 体験談紹介*1

母親は本当に困っている。そして、ホメオパシーを頼みのつなと思っているだろう。結果的には医療ネグレクトだが、私は親の子供に対する真剣さについて疑いをはさむつもりはない。


通報というか連絡

この事例は、はてなブックマーク経由で知ったのだが、感情が高ぶったので愛媛県中央児童相談所にメール及び電話をした。担当者の方には丁寧に対応していただいた。

インターネット上の話だし、母親が特定されているわけでもないので、愛媛県中央児童相談所にできることはないのかもしれない。客観的に考えれば、今回の連絡が単なる自己満足にしかならないだろうとも思ったのだが、論理よりも感情で動いた。


児童相談所はどう考えるのか

以前、地元の児童相談所に「親が代替医療を信じることで結果的に医療ネグレクトとなっている例があるが、児童相談所ではどうとらえるのか?」と話を聞いてみたことがある。担当者は「難しい事例だから、この返答は私個人の意見として聞いて欲しい」という前置きをして次のような説明をしてくれた。

  • 虐待としては扱えないかも
    • 前例を聞いたことがない
    • 親に悪意がない*2
  • 家庭が特定されていれば職員が調査に行くことは可能
  • 家族・親戚からの連絡であれば介入もできるだろう
  • 訴えの件数が増えれば状況は変わるかもしれない

正直な話として、個人的には不満だが、実務を行う人のことを考えると仕方ないようにも思える。


連絡先としてはどこが適切なのか

このような事例があった場合、最も適切な連絡先がどこなのか、知っている方は教えてください。

DocSeriDocSeri 2010/07/15 13:25 私も警視庁の児童相談窓口に通報しました。匿名での書き込み故、特定には警察の力が必要だろうと思いまして。

lets_skepticlets_skeptic 2010/07/15 13:38 > DocSeriさん
なるほど、Twitterに流されてた返答の内容を見る限り、児童相談窓口の方が実際の対応をしてくれる可能性が高そうですね。

naa_sannaa_san 2010/07/15 21:57 愛媛県警に通報しました。どうやら一刻を争う事態のようですから。
メールフォームから送信のうえ、電話しましたが、現在ホームページが見られない(?)ので、明日担当者が見て対応するとのことでした。
児相が動かないのなら、警察でしょう。実際、服薬中止・レメディ摂取後に症状悪化が起こっていると母親が発言しているのですから、傷害罪の疑いでサイト運営者に情報開示請求できると思います。匿名にして公開してありますが、入力フォームは住所・氏名が入力必須になっており、また母親はとらの子会会員とのことなので、警察なら特定はたやすいはずです。

きききき 2010/07/16 01:25 ちょっと気になるのは、こういうのを真似して
「やらせ」というか、「いたずら」というのが
今後、出てくる可能性はないのでしょうかね。
狂言「自殺予告」みたいな感じで

中川剛中川剛 2010/07/16 11:58 通報フォームおよび電話で通報しました。
警察では既にRAHの当該ページも確認しているとのことです。
しかし、児童が実在するのかどうかの確認も取れないとのことで
web通報を取り扱う部署から、少年課へ連絡
少年課は事実関係の確認及び児童相談所への連絡など行っているとのこと。
少年課の方には、
「2歳時から10歳の現在まで8年間免疫抑制剤の内服が必要な腎疾患ということであれば
医療機関からの情報で当該児童を特定出来るかも知れない」
と説明しました。
その後、小児科医・腎臓内科医・泌尿器科医などへ注意喚起をお願いすべく
愛媛県医師会にも電話しました。
こちらは電話で応対された方が医療ネグレクトという言葉もご存知ない方でしたので
具体的な話は出来ませんでしたが、折り返し電話をいただくことになっています。

lets_skepticlets_skeptic 2010/07/16 12:43 多方面からのアプローチがあるようで心強い限りです。
今回の件はたまたま公になりましたが、こうやって表に出てこない悲惨な例(もっと酷い例もきっとあるでしょう)も相当数あるだろうと思うと、ただただ心が痛みます。

naa_sannaa_san 2010/07/16 15:30 再度愛媛県警に電話しました。

・15:10現在まだ対応検討中。
・児童虐待として介入可能かどうか結論が出ていない。
・女児と母親の特定もできていない。
・医師からも含め問い合わせが相次ぎ、ネットで話題になっていることは把握している。

とのことでした。
命の危険があるとの医師の見解が出ていること、通常の情報開示の手続きを取っていては手遅れになるかもしれないことを伝え、進展があったら連絡してほしいとお願いしました。

lets_skepticlets_skeptic 2010/07/16 16:02 > 中川剛さん
> naa_sanさん
情報ありがとうございます。進展がありましたら教えて頂けると有難いです。

naa_sannaa_san 2010/07/16 16:22 愛媛県医師会に電話しました。
初め「警察が動いているのなら何もできない」とそっけなく言われましたが、女児の治療経過等から、医療機関の特定は難しくないのではと指摘しました。
「医療機関が特定できたとしても、情報を公開してくれるかどうか…」
「公開なんかしてくれなくていいんです!どこの誰かなんてわからなくていいんです!主治医の先生がお母さんを説得して治療を受けさせてくれて、女の子の命が助かれば!」
「…そう、ですね…」
警察が事態を甘く見ているなら女児の命を助けられるのは医師ルートしかないと食い下がり、「検討します」との回答を引き出しました。

かとうかとう 2010/07/16 16:35 なあさん、ありがとうございます。
一点、お願いします。
得られる情報から、児童の男女は特定できません。
女の子・女児等と言ってしまうと、本当は男の子だった場合、
探せなくて、「該当者無し」となってしまいます。

相談のページの頭にあるのは、相談者自身の性別です。

YY 2010/07/16 17:38 私もフォームから通報しました。
体験談からいって、子供は小児慢性腎疾患や膠原病による腎障害である可能性が高いので、愛媛県内の保健所で小児慢性特性疾患の手続きを行っているはずです。
毎年、更新の手続きの際に病状や経過を詳しく主治医が記載しなければならないので、2歳で発病、現在10歳、2年間の入院歴あり、という情報があれば医療機関をあらうより早く特定できると思います。
現在はホメオパシーに狂っているとしても、入院を2年間しているならば絶対に過去に申請してるはず。
不自然に更新がとまってたらなお怪しい。

そんなの知ってるよ、と言われてしまいそうでしたが、いてもたってもいられなく具合が悪くなってきたのでそう伝えてみました。

naa_sannaa_san 2010/07/16 17:41 …!!
本当だ…。
かとうさん、ご指摘ありがとうございました。
すっかり女児だと思い込んでいました。恥ずかしいです。
愛媛県警と愛媛県医師会に訂正入れた方がいいのかな…。
でもどっちも、掲示板直接見に行っているだろうし…。

かとうかとう 2010/07/16 18:21 Yさん、保健所とはあまり気がついている人はいないと思います。
どこにたどり着ける重要な情報があるかというのは、多ければ多い方が
いいと思います。
現に、今日の3時の時点で特定できていないので、どうアクセスすれば
いいのか、不明だと思います。

なあさん
おそらく、他の人からの連絡もあるでしょうから、大丈夫だとは思います。

気がかりなのは、これから三連休と云うことで、休みに入って動きが無くなって
しまうことです。
これはやむをえない。。
警察でも、緊急対応の為の当直以外は居なくなるし。。。
休みに入る前に、特定し、医師に診てもらいたかった。

naa_sannaa_san 2010/07/16 20:39 20:30愛媛県警から電話がありました。
お母さん、お子さん、主治医の先生の特定ができ、連絡を取ったところ、お子さんは無事だそうです。
お母さんが「少し大袈裟に書いたほうが『体験談』に取り上げてもらえるのではないか」と実際よりも大袈裟に書いてしまったのだそうです。
全国の人に心配をかけてしまって大変申し訳ない、と言っていたそうです。
火曜日には主治医の先生のところを受診予定とのことです。

lets_skepticlets_skeptic 2010/07/16 21:33 > naa_sanさん
情報ありがとうございます。ひとまず最悪の事態ではなかったようで、少々安心しました。

naa_sannaa_san 2010/07/16 21:45 21:30愛媛県警からメールが来ました。

---

通報者殿
 
 警察において、調査した結果、体験談投稿者と連絡が付き、投稿にあるような深刻な病状ではなく、
児童も無事であることが確認できました。

 通報ありがとうございました。

                      愛媛県警察本部 生活安全部 少年課

naa_sannaa_san 2010/07/18 11:39 昨日、愛媛県警にお礼のメールを出しました。

---

愛媛県警察本部 生活安全部 少年課御中

腎臓病の児童の件について通報させていただきました○○です。
ご回答ありがとうございました。
児童は無事であるとのこと、ほっとしました。
素早い対応をしていただき、どうもありがとうございました。

今回の件は、幸い、命に関わるような問題ではなかったようですが、薬の投与が必要とされている児童に対し、母親が服薬を中断させ、ホメオパシーのレメディを与え、結果、児童の病状が悪化した、ということそのものは、事実なのですよね。
命に別状がなくとも、その行為は虐待であると思います。
その母親に対しては、同じことを繰り返さないよう、医療機関、児童相談所、保健所、学校等、関係諸機関で連携しての働きかけや見守りが必要であると思います。
もし同じことを繰り返すようであれば、再度警察が介入して母子分離を行う必要があるかもしれません。

また、母親がそのような行動に至った原因であると思われるホメオパシーの指導をしている団体についても、違法性はないのか、社会的に危険な団体ではないのか等、司法による調査が必要ではないかと思います。

今回のことは、たまたま命に別状がなかったというだけで、決して空騒ぎなどではありません。
今も、別の場所で別の児童が、必要な医療を受けられずにいる可能性もあります。
どうか些細な問題と考えず、今後とも児童の安全を守っていただけますようお願いいたします。

そのはらそのはら 2010/07/18 13:02 単純に解決と考えていいものなのでしょうか。警察が確認した母親と児童はホメオパシー側が適当に用意したものかもしれません。

naa_sannaa_san 2010/07/18 13:49 警察がどのように母親や児童を特定したのかまでは聞いていませんので、推測になりますが、偽物である可能性は低いと思います。
もしホメオパシー団体が住所・氏名等の情報を警察に開示したのだとしても、警察は同時に掲示板への書き込み時のデータ(IPアドレス)も開示させているでしょうから、プロバイダ経由での特定(裏取り)も可能なはずです。
また、主治医も特定できたとのことでしたので、そちらにも確認を行っていると思います。
プロバイダの通信記録や偽物の主治医をでっちあげることは困難だと思います。
特定ルートが児童の病歴による医師会ルートだったとしたら、ホメオパシー団体が工作する余地はないでしょうし。

ただ、私は、この母親と児童の問題が解決したとはまったく考えていません。
とりあえず生命の危機ではなかったことがわかった、というだけです。
また同じことを繰り返す可能性もありますし、今後ともこの親子については注意が必要だと思います。
それをするのは、主治医や地域の児童相談所などの役目になるでしょう。

そのはらそのはら 2010/07/20 00:57 >警察は同時に掲示板への書き込み時のデータ(IPアドレス)も開示させている

そこは、私は分からない気がします。

>主治医も特定できた

母親と児童(肝臓関係に実際に問題があって通院している)を適当に見積もれば、主治医は自動的について来るので、そこはあまり関係ないでしょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証