Hatena::ブログ(Diary)

Skepticism is beautiful このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-10 ホメオパシーFAQ

ホメオパシーFAQ

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070501/p1

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070502/p1

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070507/p1

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070508/p1

ホメオパシーFAQ No.1 〜 No.11 の続きです。


根拠の無い代替医療の議論では必ず出てくる話だと思います。なるべくリアルなFAQを目指しているので、ホメオパシーに限定した話ではないのですが、外せないところです。


12. たとえインチキだとしても、自己責任でやっているんだから個人の自由でいいでしょう?

既に書いたようにあなたに被害が及ぶ危険性はあるわけですが、それを理解した上で自己責任として使うのはそんなに問題ないかもしれません。

せっかくですので、ここでもうちょっとだけ広い視点に立ってみましょう。

その自己責任の範囲はどのぐらいになるのでしょうか?例えば、自分の妻や夫にレメディを飲ませるのは自己責任の範囲でしょうか?まだ、リスクベネフィットについて理解できない自分の子供へ与えるのは?*1

飼っている犬に狂犬病予防接種を受けさせず、狂犬病にかかった飼い犬が近所の人を噛んだ場合はどうでしょう?*2

さらに、視点を広げてみましょう。もしインチキだとしたら、インチキで金儲けをするのは悪徳商法だと言えます。悪徳商法を生きながらえさせることに組した社会的責任はどうでしょうか?いいえ、社会的問題に留まらないでしょう。生き残った悪徳商法は、あなたの最愛の人を騙すかもしれません。

ひとつひとつのちょっとした行動まで、その社会的責任を考えるなど不可能かもしれません。そんな堅苦しい考え方は必要ないかもしれません。しかし、本当に「たとえインチキだとしても」構わないのでしょうか?


13. インチキだと主張したいだけで、本当のところ何を言っても認めるつもりはないのでしょう?

いいえ、そんなことはありません。

複数の独立した機関でおこなわれた厳密な試験で肯定的な結論が出れば、自然に認められることになるでしょう。

ただ、既に何度もそのような試験はされており、何度も否定的な結論が導かれています。そのため今から世の中に認められるためには、かなり多くのきちんとした研究結果が肯定的な結論を出す事が必要でしょう。

私個人としては、現在の新薬に行われる程度の試験を通過すれば、その効果を肯定します。


14. 使ってもいないのに、効果がないと主張しているなんておかしいですね。まずは自分で使って効果を体感してみてはいかがですか?

私が使って「効果があった!」と思ったとしても、「効果なんか全然無い」と思ったとしても、それはホメオパシーが効くかどうかを判断する基準にはなりません。素人のみならず専門家でも「治った」「治らない」を客観的に判断するためには、きちんとした実験を行う必要があります。

個人的体験だけで「効いた」と判断してしまう間違いは、とても犯しやすい間違えなので「3た論法(使った、治った、つまり効いた)」という名前がついて戒められています。

私が使ってみてどう感じたかは、効果があるか無いかという客観的事実には関係ありません。


15. なんでそんなにホメオパシーを親の仇のように嫌うのですか?

好きや嫌いといった感覚とはちょっと違います。

私がホメオパシーを支持しないのは、体験談のような逸話的根拠以外には根拠が示されていない*3にも関わらず、よく効くものだとして世の中に広まっているからです。また、それは時に危険なことだからです*4

*1:光合掘菌「真光元」騒動を覚えているでしょうか。親の責任で起こった悲劇の例です。

*2ホメオパシーはペットに対してまで広まっています。そしてホメオパシーを信じて狂犬病予防接種を避ける例があるようです。

*3:つまりまともな根拠はない

*4:FAQ7,8,12辺りを参照してください

2007-05-08 ホメオパシーFAQ

ホメオパシーFAQ

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070501/p1

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070502/p1

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070507/p1

ホメオパシーFAQ No.1 〜 No.9 の続きです。


10. ホメオパシーって予防接種と同じようなものでしょ?

ホメオパシーのレメディには、予防接種のように免疫記憶の元となる物質*1が含まれていません。

ハーネマン派の場合は、そもそもレメディの薬効の元となるはずの物質すら含まれていないと言ってもよいでしょう。ホメオパシーのレメディは「その対象となる症状と同じ症状を起こす物質」を含むというのが基本です。しかし、同じ症状を起こすからといって原因が同じはずはなく、根拠は不明確です。

また、ホメオパシーのレメディにはあきらかに連想ゲームで思いついたとしか思えないようなものもあります。*2

病原体への抵抗力を強めるために先に病原体の情報を免疫に教えておく予防接種と、ホメオパシーは全く違うものです*3


11. ホメオパシーは自然治癒力や免疫力を高めるんだから、今の科学の方法じゃプラシーボ効果って判断されるんじゃないの?効果がないんじゃなくて、プラシーボ効果を高めるから分からないってこと。

ホメオパシーの説明として、「レメディには直接的な薬効はないが、レメディがきっかけになって自然治癒力を高める」といった類のものがあります。FAQ 2では、プラシーボ効果に自然治癒が含まれると書きましたので、レメディには効果があるのにプラシーボ効果に分類されてしまうような誤解を生むかもしれません。

しかし、FAQ 3で説明した「二重盲検」の方法を用いれば、上記のような仕組みでレメディが効くとしても、そのレメディの効果を確かめられます。

なぜなら、自然治癒力を高めるきっかけを与える(と主張されている)ものと、全く効果はないはずのものを比べるからです。レメディの効果がどのような仕組みであるにせよ、何らかの効果があるのならば、レメディを飲んだグループと偽薬を飲んだグループの結果には差が出るはずです。FAQ 3で書いたように、現代の科学の方法は「なぜだか分からないが確かに効くのだ」ということでも確かめられるのです。

また、もし「現代の科学の方法で」確かめられないのならば、どのようにしてレメディにそのような効果があると確かめられたのかという問題があります*4

ただ、「自己治癒力」や「免疫力」といった一見医学用語のようで、そうではない用語がいたずらに混乱を招く原因の一端となっているのではないかと思います。健康情報の中で用いられるそのような用語は、医学とは全く関係のない比喩だと考えていた方が無難です。

もしレメディの効果が「自然治癒力を高める。免疫を高める。結果として病気に効く」といったような間接的な効果であっても、本当に効果があるのならば今の科学の方法でその効果を確かめることができます。


この記事は次に続きます

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070510/

*1:抵抗力を作るために利用する病原体の情報。弱毒化した病原体など=ワクチン

*2:「義務感が強い」ために問題が起きている人には荘厳なイメージの黄金のレメディがいいとか、「はけ口を求めている」人にはヘビのレメディがいいとか、まるで占いのようですね。

*3:同じ理由から減感作療法とも全く異なるものです

*4:はっきり言えば、そのような効果は確かめられていません

2007-05-07 ホメオパシーFAQ

ホメオパシーFAQ

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070501/p1

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070502/p1

ホメオパシーFAQ No.1 〜 No.6 の続きです。内容が被るものも多くなり全く体系的な知識にはなりませんが、リアルなFAQとして書きたいのでお許しください。


7. 確かに言われているほどの効果はないかもしれないけど、もしかしたら効くかもしれないし…。あなたの言うように副作用がないなら心配ないよね?

他に取り得る治療法がないのならば、効かない前提で試してみるのは悪くないかもしれません。もちろん、医者でも治療方法があるのならば、それをやめてまでホメオパシーに賭けるのは、悪い選択なので絶対にしないでください。

また、ホメオパシー自体の問題ではないともいえるのですが、注意して欲しいことがあります。以前、市販のレメディーに副腎皮質ホルモンステロイド)が入っていたという例があります*1

これは、明確な薬事法違反であるだけでなく、明らかなリスクにさらされることとなります*2

また、ベルギーでやせるためのレメディの処方で、少なくとも70人が腎臓移植や腎臓透析を受けることになった例もあります*3

ホメオパシーの効果があるという可能性は非常に低いのに対し、ホメオパシー周りではリスクが付きまとうというのが現実です*4


8. 実害なんか聞いたことないし、効果があると感じているんだから、構わないでくれる?

実害を聞いたことがないといっても、実害が起こっていないわけではありません。ホメオパシー創始者のサミュエル・ハーネマンが、自身のマラリア経験をきっかけにホメオパシーを始めたことが影響しているのか、マラリアにはホメオパシーが有効だと考える人が多くいます。

マラリアを患った際にホメオパシーでの治療を試みたため、症状が悪化し多臓器不全までになった悲惨な例もあります*5マラリアでの死亡者は沢山存在しますが、その理由は適切な予防接種を受けないことです。そして、予防接種を受けない理由としてホメオパシーの影響も指摘されています*6

肺炎の治療にレメディを用い、症状が悪化し緊急手術を受けた例もあるようです。

またインドではHIVにホメオパシー薬を用いたものの、(当然)効果はなく、症状が悪化したケースなどもあります。

つまり、正等な医療を受けない、または効果のある治療を遅らせることによって、重篤な症状になってしまっている例があります。

このように確かに間接的ではあるものの実害は存在するのです。また「効果があると感じている」のは事実かもしれませんが、前述したとおりそれは間違いの可能性が高いと言えます。


9. 効かない効かないって…効かないものが残るはずないでしょ?

確かに、よく効くものは残りやすいという面はあるでしょう。しかし、効かないからといって残らないわけでもありません。ホメオパシー自体がそれを証明しています。

また、漢方の生薬はホメオパシーより歴史が古いのですが、効果は確認されていないのに副作用だけはしっかり確認されたものまであります。それでも現代まで残っていたわけです。長く残っているからといって、効くというわけではないことを理解頂けたでしょうか。

誤解してほしくないのは「治ったと感じた」ことは、厳然たる事実であることです。これは否定していないのです。治ったと感じるのは自然なのです。ただ、それが誤解である可能性が十分あるというだけのことです。

治ったと誤解してしまう要素は沢山あります。それは人間の性質といってもいいようなものなのでしょうがないのです。これはホメオパシーに限らず全ての医療に関することです*7

そのような誤解を避けるために、二重盲検のような方法を用いるわけです。道具を使う事で人間の性質の弱点を補い、間違いを最小化しようとしているわけです。

効かないものでも、効くと思われることはありますし、長い年月残ることもあります。効く効かないと、残るか残らないかは独立しています。


この記事は次に続きます

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070508/

*1:これはホメオパシー用に極度に希釈されたものではなく、検出可能な濃度でということです

*2:外用のステロイドはあまり怖くないが、医師の指導なしに内服するのはよくない

*3:詳細がわからないのですが、濃いレメディを用いるグループだったのかもしれません。詳しい情報があれば教えてください。

*4:改めて強調しますが、ホメオパシー本来のリスクではありません。しかし、現実的にはホメオパシーを用いる際のリスクが存在しているということです

*5マラリアには有効な薬が存在するそうです

*6ホメオパスがMMRワクチン接種に反対してホメオパシー予防法を薦めるなどの問題になっています

*7専門家である医師ですら、感覚で判断していては間違うのです

2007-05-02 ホメオパシーFAQ

ホメオパシーFAQ

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070501/p1

ホメオパシーFAQ No.1 〜 No.3 の続きです。


4. プラシーボ効果かもしれないが、それでもいいのでは?

どういう意味で「いい」のかが分からなければ答えられません。プラシーボ効果しかないものを、薬として「効くのだ」と売ることは許されるでしょうか?治療院を作ることは許されるでしょうか?

効かないのにホメオパスという資格を認定する、または勉強をする学校を作り、営業する事は許されるでしょうか?

ホメオパシーには様々な派閥があるようですが、多くの派閥西洋医学での治療を「ホメオパシーが効かなくなるから」と避ける傾向にあります。また、予防接種の否定などもしています。

つまり、結果的に効果の無いものを売って、効果の有る予防や治療を拒否するようにアドバイスしているわけです。

本当にみんながプラシーボ効果しかないと考え、その前提でホメオパシーを用いるのならば、このようなアドバイスに流される事はないでしょう。そうならば、問題は少ないかもしれません。そうでないのならば、明らかに問題があるのですから「いい」とは言えません。

子供に対するお母さんの「痛いの痛いの飛んでいけー」と同じだと考えるのならば「それでもいい」のですが、なんらかの効果効能を期待しているのならば、「いいとは言えない」といえます。


5. でも実際に治った例があるんだけど。「事実」の方が大事ですよね?

事実はもちろん大事です。だからこそ、事実はなんであるのか?を見定める必要があります。「二重盲検」は、間違いを排除して、本当に効くのかどうかを調べる方法です。現在のところ事実を重視するのならば、ホメオパシーは効かないとしかいえません。

まだ人間の判断の間違いを見つける手段がなかった時代には、正当な医者も何が効いて治ったのか?ということについて、大いに間違ってきました。専門家でも間違いを排除するためには、きちんとコントロールされた実験をするしかないくらい、難しい問題なのです。

素人が「これを使ったから治った」という印象を持っても、それが正しいとは限りません。

治ったというのが嘘の証言でないのならば、治った例があるのは事実でしょう。しかし、何が原因で治ったのかまでは、わからないはずです。ホメオパシーの効果だと主張するのならば、二重盲検をクリアすることからスタートです。

ホメオパシーが治った原因だという結論に固執してしまうと、本当に効果的な対策が隠れているかもしれないのに、見逃してしまわないでしょうか。

ホメオパシーが効いて”治ったというのは事実ではなく推測なのです。そして、今までの研究を見る限り、その推測は間違いの可能性が高いということです。


6. 現代の科学では分からないというだけでは?

確かに現代の科学でわからないことは多いと言えます。意外かもしれませんが、現在認可されている薬でもどのような仕組みで効くのかが分かっていない薬もあります。では、なぜそのような薬が現代科学の権化とも見られている西洋医学で用いられているのでしょうか?

これは「3. 別に科学的根拠がなくても治ればいいのでは?」で説明したように、仕組みがわからなくても、効くか効かないかの“事実”を確かめることができるからです。よく読んでいただければ、現代の科学で仕組みがわからなくても、よく効く薬は「現代科学で認められた」薬になることは理解できるでしょう。

つまり、現代科学で認められない薬というのは、試験をしていないか、副作用が大きいか、検出するのが難しいほど小さい効き目しかないか、全く効かないかということです。

ホメオパシーは二重盲検などのきちんとした試験をして、副作用は確認されていませんから、検出するのが難しいほど小さい効き目しかないか、全く効かないかということになります。

現代科学で分からないかもしれないのは、効く仕組みであって、効くか効かないかではありません。


この記事は次に続きます

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070507/

2007-05-01 ホメオパシーFAQ

ホメオパシーFAQ

最近なにかと問題だと思っているホメオパシー(同種療法)について、実際にあった支持者との議論からFAQになりそうなものを抜き出して、気ままに更新していこうと思います。間違いなどがありましたらご指摘ください。

懐疑論者には以下のページがお勧めです。参考にさせて頂いてます。

Skeptic's Wikiの「ホメオパシー」の項目

http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A5%DB%A5%E1%A5%AA%A5%D1%A5%B7%A1%BC


1. 海外では保険の対象になっているというし、国がホメオパシーの効果を認めているのでは?

確かにホメオパシーはイギリスで保険の対象となっており、ポピュラーな代替療法です。しかし、その保険適用となるイギリスでも、国民医療保健サービス(NHS)の見解はホメオパシーの効果に否定的です*1

また、ドイツでも保険適用対象となっていましたが、効果を認めていたわけではないようです。2004年には健康保険の適用外となりました。スイスでは、義務制の健康保険があり、ホメオパシーは適用対象となっていましたが、効果に疑問符がつくため2005年に適用外となっています。

ホメオパシーが盛んなアメリカでも、公的機関からは効果を疑問視されており、健康食品の扱いと同等です。但し、NPO団体の活発なロビー活動によって予算を獲得する事には成功しています。

このように、ホメオパシーの効果は海外でも認められているわけではありません。


2. 動物にも、物心ついていない子供にも効くことがあるからプラシーボ効果なんかじゃないよ。

プラシーボ効果は、「暗示効果」のことだけを指すものではありません。難しい言い方ですが、具体的には二重盲検でプラシーボ群に確認された効果のことです。

暗示効果もあると考えられていますが、その影響は、痛み低減等の主観的な効果以外*2については、そんなに大きくないとも言われています。

プラシーボ効果として現れる効果には、生活リズムの変化*3や食事の変化*4といった影響が考えられます。

もっと注意しなければいけないのは、プラシーボ効果に自然治癒も含まれていることです。本来なら何もしなくても良くなったものもプラシーボ効果に含まれてしまうわけです。

自然治癒は自然治癒であるがゆえに、その効果を客観的に判断する方法がありません。しかし、例えば殆どの場合、風邪は1週間もすれば何もしなくても自然治癒します。しかし、この自然治癒の“効果”を客観的に判断しようと思っても比較対照が存在しないために、非常に難しいのです。

「風邪薬は症状を抑える薬であって、風邪を治す薬ではない」という話を聞いたことがある人も多いかと思いますが、つまりは風邪は薬を飲もうとも飲まなくとも自然治癒で治っているわけです*5

自然治癒が無視できないことはこの例でもわかっていただけると思います。

つまり、動物に効いたとしても、物心付かない幼児に効いたとしても、そのことによって「プラシーボ効果ではない」とは言えないということです。


3. 別に科学的根拠がなくても治ればいいのでは?

「治ればいい」というのは、ある程度正しい見方だと思います。しかし「科学的根拠」について誤解があるものと思われます。

科学的に効くか効かないかの判断をする場合には、その治療方法が“どのように作用して”効くのかが判明していないといけないと考えられている方が多いような気がします。

しかし、どのように作用して*6というのが分かっていなくても、「効く」「効かない」の判断ができます*7

効くか効かないかを判断するためには、どのような方法をとったらいいでしょうか?それを考えてみましょう。

まず、多くの人をふたつの組に分けます。そして、片方にはホメオパシーのレメディを、もう片方には偽物のレメディ(見た目は同じだが全く効果のないもの)を使ってもらいます。そして、どちらが効果的だったかを医者が診断します。

このような方法をとれば、ホメオパシーのレメディが効いているのかが分かると思いませんか?これが「盲検」という方法です。

実は、上の方法では最後の診断の時点で、医者が「本物のレメディを飲んだ人だ」とか「偽物のレメディを飲んだ人だ」と知っていると、診断に影響が出る事がわかっています。どうしても先入観が診断に影響を与えてしてしまうからです。

そこでさらに対策を入れます。診断をする医者にはどちらに本物のレメディを飲んでもらったのかを内緒にします。レメディを渡すのは他の人が担当するわけです。

この試験で効果があると判断されれば効果がありそうですし、効果が無いと判断されるようだったら、まず効果はなさそうだということは理解していただけるでしょうか?これが医療において「科学的根拠」と言われる「二重盲検」という方法です。

方法を見ればわかるように、「なぜだか分からないが確かに効くのだ」という治療法であっても、この試験はパスできるのです。つまり「科学的根拠が無い」というのは、二重盲検をしていないか、二重盲検で効かないと判断されたかのどちらかです。

ホメオパシーは、何度も二重盲検をしていますが、効かないと判断されています。だからこそ、効果がないと言われているわけです。

つまり、「治ればいいのでは?」という問いに対する答えは「治らないようです」ということになります。


この記事は次に続きます

http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070502/

*1ホメオパシーへの批判運動は強くなっているようで、国民保険でホメオパシー治療を行っている病院への出資中止などが行われている

*2:客観的に測れる効果

*3:体調が悪いから睡眠時間を増やすとか、体をあまり激しく動かさないとか…

*4:体調が悪いから消化のいいものを食べるとか、脂っこいものを避けるとか、量の問題とか…

*5:但し、症状を抑えることで体力を温存する効果などがあるので無意味ではありません。

*6:つまり、効く仕組み

*7:もちろん、どのように作用するかは、分かっているに越したことはないですが