Hatena::ブログ(Diary)

Lattice in the Lettuce

2018-11-07

Pixel3では民泊系でテザリングが出来ない

最初に結論を書いておくが、どうもNexus 6P/5X同様にSIMフリー端末でもTethering Entitlementが有効化されているらしく、MVNO含め回線自体でテザリングが可になっていないと弾かれてしまうという、iOSモドキ状態になっている模様。恐らくrootしないと駄目。

ということで返品決定。死ねGoogleとハゲ。
以下、経緯。

Pixel3をGoogleStoreで買ってみた。

現在常用しているスマホはiPhone8とAQUOS R Compactの2台。iPhoneXSは重いのとデカいので無視した。SE2なら20万円でも買うが、2台持ちする都合上150gを超えるスマホは持ちたくない。しかしiPhone8はともかくR Compactはあまりにも安っぽい。SoCはSD660でまぁ良しとしても、カメラは2万円くらいの中華スマホにすら劣る。

そこに登場したPixel3。iPhone8と同じ148gで幅68mm、これは持ちやすい。しかもカメラはiPhoneXS以上か以下か、とにかくそれくらいのハイエンドだ。SD845なので反応はキビキビしているはずだし、4x4MIMO対応もバッチリ。サイフと防水も付いているということで10月10日の予約開始と同時に注文入れて待つこと3週間。やっと今週始めに手に入れたはいいが。

元々、iPhoneApple Watchの関係でキャリア(docomo)を使っているが、AndroidではApple Pay非対応の電子マネーとテザリングがメインの使い途だったため、音声SIMは使わず民泊系(Fuji WiFiやiVideoやWith WiFi)のSIMを入れていた。今回のPixel3も民泊SIMで使う気満々だった。

ここで少々説明すると、民泊SIMというのは、SBM営業部がハゲ本体に吸収される前に展開していた業販事業のうち、民泊業者向けにWiFiルータで使う事を前提として売っていた商品を、民泊業者が別会社作って再販しているという、かなりグレーゾーンなブツ。

物としてはハゲ本体が売っている業販のマルチUSIMとまったく同じ物。これの一番のメリットはとにかく速くて安い事。そこらのMVNOのようにAXGPが使えないなんてこともなく、ハゲキャリア回線とまったく同じ速度が出て、100GBで月3000円、200GBで4500円くらい。ウルギガモンと比べても遥かに安いのがよく分かるだろう。
他のメリットとしては、Androidの個人向け契約のようにIMEIロックが存在しない事(FUJIのルータ契約だと付いてるようだが)。
逆にデメリットというかクソな点としては、音声回線がない事やキャリアサービスが一切使えない事など。アプリ使って残量確認〜なんてのも当然出来ない。あとiPhone向けのテザリングオプションも当然ない。

さて届いたPixel3に意気揚々と民泊SIMを挿してみて、テザリングオンにしようとして愕然。手持ちの他のSIM、docomo、LINEモバ、UQモバ、など挿してみたら出来るので、さらに唖然。
最初Pieのバグかとも思ったが(海外フォーラムで先月騒いでるやつが居たので)、それなら他のSIMでは出来る理由が思いつかない。
思いつくたった一つの理由は、システムアプリのTethering Entitlementだ。root取らないと切れないので、これは諦めるしかなさそう。

ということで、民泊SIMをPixel3で使うのは無理。ハゲで販売のない初代PixelやPixel2は問題なく使えるらしい。ようはハゲで販売されてるので、GoogleがハゲIMEI向けにTethering Entitlementを有効化してしまった事が原因のようだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lettuce_chan/20181107/1541595290