Hatena::ブログ(Diary)

このマンガはすごい?

2010-03-08

【マンガ】LIAR GAME/甲斐谷忍

17:34

LIAR GAME/甲斐谷忍

既刊1〜10巻(以後続刊)

LIAR GAME 1 (ヤングジャンプコミックス)

LIAR GAME 1 (ヤングジャンプコミックス)


ドラマ化、映画化で有名になった作品のご紹介。



2巻まで出ている時(2006年だと思う)に本屋で「お試し立ち読み」が出来たので2巻を立ち読み。

内容の不気味さ(初期はゲーム、設定の突飛さが際立っていて怖かった)に「すごい!」と思ったもののの、絵柄も上手いけどなんか不気味だったので購入にいたらず。

その1年後くらいにやっぱり気になったので購入。

不気味だけど、見たこともないルールのゲーム内容が面白くて以後読み続けている。

その途中でドラマ化もされたのでちょっとだけ見たりしてた。

(松田弟が格好良く見えるマジック発生)



読んだ事ないから分からないけど…作中に登場するオリジナルのゲーム内容としては「アカギ」とかと方向性が一緒なんじゃないかなぁと思う。

どっちにしてもそういう新しい複雑なゲームが思いつくのってすごいなぁと関心する。「大学では工学部で、ゲームをたくさん作る研究をしていたために『LIAR GAME』に出てくるようなゲームを作るのは得意(『週刊ヤングジャンプ』2007年21・22合併号のインタビュー記事より)。」(wikiより)ということで、余計にすごいなぁと思う。


ただ、ゲーム内容があまりにも(私には)複雑過ぎるせいで新刊が出た時にはそれまでのゲーム展開を忘れてしまうので思い出すのに苦労する。

あと、登場人物に思い入れが出来なくて特に好きなキャラもいない、という私にしてはちょっと珍しいパターンで読んでいる。

(普通はどうやって読むのか分からないけど…やっぱり好きなキャラいた方が読んでて私は楽しい)

(でも絵は上手いと思う。ワンピースのキャラを漫画家が描くという企画のときに確かエースを描いてて上手かった。エース………)


ここまで話題になるのは意外だったけど、最近立て続けに乱発されるマンガ原作のドラマ化作品では珍しく成功してるからメディアミックスがとても上手くいった例なんだろうなぁと思う。

(あとはのだめくらい?)




あ。あと新刊出てても表紙の絵で判断出来ないのと、ローマ数字で巻数表記がされてるのでゲームに馴染みのない私には読めなくて買うのに苦労するという面でもちょっと変わってるマンガ(笑)

【マンガ】ホタルノヒカリ/ひうらさとる

16:33

ホタルノヒカリ/ひうらさとる

全15巻

ホタル ノ ヒカリ(15) <完> (KC KISS)

ホタル ノ ヒカリ(15) <完> (KC KISS)



最初読んでて10巻くらいで離脱したけど、どうも完結したみたいなので残りを読もうかなと思っているマンガのご紹介。

なんとなく結末は知ってるんだけど……後半の展開を知らないので感想もそれなりに。


実はこれは非常に私的に微妙なアレがあって…

「20代の人生を恋愛を半ば放棄してぐうたらに過ごす(作中では干物女と呼ばれている)主人公の恋愛を描く。」(wikiより)というお話で読み始めたときにあまりにも共感してしまい、まず絶望した(笑)

その後、主人公のほたるに年下のイケメン彼氏が出来るんだけど同じようなタイミングで私にも出来て、その後ほたるがその子と別れた辺りで私も別れたというね………

非常にオープンに言ってしまうとあまりにも途中までのおおまかな流れが似ていて笑えなくて好きだった。

その後は私は干物のまま、ほたるは部長と紆余曲折……と大きく道は違ってしまったんだけど。




作者が結構年上なので(それこそ私が中学生くらいの時から知ってる人なんで……)ベタといえばベタだし、大筋は少女マンガ!してるんだけど(あんなにモテモテな人がいっぱい居てたまるか!あんなにイケメン上司が居てたまるか!!)、ほたるの存在が非常にアラサーには痛くて可愛くて共感できるのだと思いますまる



とりあえず何巻まで買ったのか家捜しして、完結まで買うかな!

tetsuo0728tetsuo0728 2010/03/08 19:59 うんうん。らいあーげーむはドラマもおもしろいよね。そういや新しいのでてたね。かおっと。

Connection: close